本日NHKの朝ドラ
「ひよっこ」
からの話題です。

先週から始まった奥茨城の話、第一週は東京オリンピックの工事に出稼ぎに行ってる父(沢村一樹)が稲刈りのために帰省。また東京へ戻っていきました。

そして第二週の今週、その父が突然失踪してしまいました。それに気が付いた妻(木村佳乃)が東京へ出かけます。手がかりがつかめないまま東京の警察に届けを出します。

受付の警官は
「見つからないかもしれないよ。出稼ぎ労働者はいっぱいいるからね。」
うんざりしている感満載の対応です。そして決まり事にのっとって住所氏名を聞きます。
いばらぎけん、おく・・・の」

ここで、それまでずっと下を向いていた妻が突然言い返します。
「『いばらき』です。いばらきけん、おくいばらきむら・・・」

田舎と小バカにした警察官に対する怒りと、しっかり探してくれとの想いを込めた必死のセリフでした。

私もハッとしました。
赤城山が「あかぎやま」なので茨城県も「いばらぎけん」と読んじゃってました。

城はふつう「しろ」とか「じょう」と読みます。これを「き」と読むケースは、西南戦争のとき熊本城を守った指揮官・谷干城(たにたてき)です。また我が岐阜市の北部に城田寺(きだいじ)という地名があります。

ちなみに大阪にある茨木市。こちらも実は「いばらき」です。あらためて調べなおして確かめました。

ほんと汗顔の至りです(-_-;)

 人気ブログランキングへ.

[2017/04/14 13:25] 旅行 | TB(0) | CM(2)

4月5日に川原町を歩いていたらこんなものを発見しました。
以前から修理工事をしていた町屋です。

場所は川原町の案内看板が出ている駐車場入り口の家です。
なんと「十六銀行」の立て看板が出ています。
玄関口を見ると「十六銀行ATM」です。



2階が漆喰、1階が格子戸。
典型的な商家の造りで川原町の景観に配慮したお洒落なお店です。

5日後にまた通ってみましたら、カバーが外され、オープン間近という体裁でした。



そして昨日4月11日にオープンしたと新聞報道がありました。

下はお店の壁にかけてある案内板です。



いままで道の反対側にある桑原善吉氏のお家や蔵、事務所が当時の店舗だと思ってました。
しかしこの写真や地図を見ると、駐車場の向こう側にある町屋がそうらしいです。
ほんの2ヶ月前に岐阜市から「景観重要文化財」に指定されたそうです。



現在の写真と見較べても手前から3軒が当時と同じ風情です。
3軒目の玄関燈は安藤人形店川原町屋の経営者)の工場のものです。
あれこれ歴史を感じさせてくれました。

 人気ブログランキングへ.

[2017/04/12 12:00] 歴史 | TB(0) | CM(0)

今月始めで太陽光発電とエコキュートの投下資金がほぼ回収できました。2003年8月に設置してから13年半かかりました。早いのか遅いのかよくわかりません。

当時から一般的には3kwh以上の設備でないとペイしにくいと言われてました。

うちは家は大きいのに2階の大屋根が寄棟(よせむね)のため南向きの屋根面が小さく、1.75kwhの太陽光パネルしか設置してもらえませんでした。



一般的な切妻屋根なら3kwhは乗ったかもしれません。それでも毎月12千円以上の光熱費節減を目標に頑張ってきました。

東日本大震災以来、太陽光発電の買い取り単価倍額措置などで投下資金回収は15年と試算されていたのが13年で回収できました。

あとはすべて増収ということになりますから万々歳です。


 人気ブログランキングへ.

[2017/04/10 09:48] 太陽光発電 | TB(0) | CM(0)

春は卒業・入学・就職・異動・退職など人の入れ替わりが多いシーズンです。

人の入れ替わりが多いと慣れるまでが大変です。それまでの育ちや環境の違いをお互いに同調させていかなければならないからです。そんななかでストレスやトラブルが発生したりもします。今週はそんな一週間でした。

季節的にもスギ花粉や黄砂・PMなんとやらに果てはミサイルまで飛んでくると心身ともに不安定になります。私ゃ、木の芽時(これからが本番)が小学校のときから苦手で、目がショボショボしてました。成人してからはさほどでもないですけど、不調になることが多いです。

そんななか、家族にトラブル発生。娘と女房が相次いでダウンしちゃいました。詳細は明かせないものの、そのリカバリーで今日は雨の中レインウェアに身を包み、自転車に乗ってきました。

無事帰宅してゴア靴を脱ごうとしたら「あらら?」です。



夜叉が池に登山したときに起きたのと同じ症状です。
たしか・・・
「加水分解」
と言っていたような。
現象はこの写真のように靴底がバカッと割れます。



これはゴアテックスの山靴です。高価なので痛いです。
耐水性と空気透過性を兼ね備えたスグレモノなるがゆえに水分と触れ合う機会が非常に多く、加水分解するリスクも多いわけです。

同じように水分と触れ合っているスキー靴が30年経っても全く大丈夫だったのに何で山靴などはこうなるのか不思議です。

 人気ブログランキングへ.

[2017/04/08 22:05] 自転車 | TB(0) | CM(2)

ツバキのなかで特異なのが肥後ツバキです。

文字通り熊本原産のツバキでして特徴は
一重咲き、平開咲き、梅芯(数種に輪芯がある)です。

以前取り上げたピンクツバキの時に取り上げたもので肥後椿系と紹介したものがそうですね。



そのとき品種名を忘れていましたが、何かの拍子にヒットしました。
秋の月というそうです。

あまりにも普遍的なネーミングのせいでツバキとしてはなかなかヒットしません。

かろうじて日本のツバキ品種リストには輪芯として載ってました。

肥後椿としても出てこないし、一般的な品種ではないようです。

 人気ブログランキングへ.

[2017/03/29 00:00] 園芸 | TB(0) | CM(0)


[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>