以前ネコが草をく食べる記事をアップしたことがあります。

毛づくろいで舐めたときに飲み込んでしまった毛を排出するために食べるそうです。
またアフリカのライオンも時々草を食べるそうです。
獲物の毛などが胃腸に溜まるのを草を食べて排出しているとのことです。

だからネコ科の動物が草を食べる習性があることは知ってました。



でもトラが草を食べたのにはビックリしましたねえ。
ここ浜松市動物園にトラがいたことも驚きですが・・・

 人気ブログランキングへ

[2018/05/05 21:54] ネコ | TB(0) | CM(0)

浜松のフラワーパークのあと、隣接した浜松市動物園に行きました。

わが岐阜市にも40年前には岐阜公園に動物園がありました。
ライオンやペンギン、熊、孔雀などや水族館もあってそれなりに楽しみだった記憶です。
ですから浜松や豊橋に動物園があるのは驚きです。

なにはともあれ、ここって凄いです。
サルなどは言うに及ばず、ライオン・トラ・ゾウ・キリンなど第一級の動物がいます。
それにミーアキャット、レッサーパンダ、カピバラなど話題性抜群の動物も・・・



そのうちキリンは夫婦と雄の子供がいました。
母子のキリンは左の柵の中、父キリンは右側の広場にいてダチョウが何羽か走っていました。
説明板には子キリンは母親が大好きと書かれてありました。当然ですね。



でも見てると動画のように父キリンと子キリンもなかなかのものです。
どこまで世話をしてるかわかりませんが結構なイクメンぶりでした。



その間、母キリンは首を伸ばして手前にあるツツジの葉っぱを食べてました。
確か野生では高木のアカシアの葉を食べてたと思います。
トゲがあって食べにくいけれど分厚い舌でからめとるように食べるのですよね。

 人気ブログランキングへ

[2018/05/04 23:01] 自然 | TB(0) | CM(0)

光源氏といえば紫式部の名作「源氏物語」の主人公です。
またローラースケートを履いたジャニタレのグループ名に「光GENJI」がありました。

その名前が園芸店にあったときは驚きました。
しかも私が大好きなツバキの品種名でしたから速攻で買いました。
こんな花です。八重ツバキですね。



ところでこの花は浜松のフラワーパークにあったものです。
むかし花博に行って以来ですけど、まったく覚えてませんでした。
色んな花々がありましたが、温室にあるこんなものに目が止まってしまいました。



斑入りでも味はバナナなんですかねえ?
ネーミングの「アエアエ」ってなんですか? 寛平ちゃんのように悶絶するんですか?

冗談はさておき、温室の下にある斜面に、
浜松のゆるキャラ「直虎ちゃん」と「家康くん」をかたどった植え込みがありました。
いうまでもなく昨年の大河ドラマ「女城主 直虎」にあやかったものですね。



ゆるキャラの原画らしきものは出入口に止まっていた遠鉄タクシーにラッピングされてました。
タクシーの車種はNV-200でやんの。私のキャンちゃんと一緒やあ\(^o^)/



この植え込みの下には噴水池がありました。
時間になるとこんなふうに吹き出ます。



けっこう楽しませてもらいました。


 人気ブログランキングへ

[2018/04/29 22:31] 園芸 | TB(0) | CM(2)

「空から日本を見てみよう プラス」
は私が大好きな番組のひとつです。

「くもじい&くもみ」 のキャラクターが最近 「くもじゅんいち&くもみーヌ + くも神様」 に
変わったものの、声の「伊武雅刀&柳原可奈子」コンビは変わらずです。

最近の放送では浜名湖を取り上げてました。
そこで出てきたのが「うなぎパイ」の春華堂。恒例の工場潜入でした。
なかなか面白い。おまけにその工場見学は常時やっているとのこと。
その名も「うなぎパイ ファクトリーツァー」。お土産ももらえるそうです。

そこで早速先日行ってきました。

工場見学

製造工程や選別・包装などの流れ作業が一望のもと、そしてお土産も貰い、当然のごとく買い物もしました。
帰りがけ、工場の外回りを通るとセンサーでCMソングが流れました。



「うなぎうなぎうなぎ~♪」
と歌う声は小椋佳

そういえば第一勧銀浜松支店の支店長さんだったっけ。
取引先だった関係だね~

ほかにも放送のなかで「おおっ」と驚いたのが長さ50cmもあるロールケーキ。
春華堂の別店舗ニコエにある「ニコエロール」です。

ニコエロール

見ためが美味しそうで限定品とのことなのでファクトリーから予約しておいて行きました。
うなぎみたいに見えます(^^)



最後の仕上げは目の前でやってくれました。
お味はこんなもんかな~でしたがね。

 人気ブログランキングへ

[2018/04/17 00:06] たべあるき | TB(0) | CM(2)

先回の「やっとかめ」記事から、もう10日も経ってしまいました。

今回は1月の話です。
12月に2度峠漁りをしたあと遠出をしていませんでした。
   ↓
大馬渡峠
 (岐阜県・恵那山中・大馬渡峠)

そして年末・年始と大雪になり、今シーズンはスキー三昧ができると楽しみにしていました。
降りすぎて何度か行きそびれているうち夜勤明けに行くことにしました。

夜勤明け体調最悪のなか午前の最後ごろに転びました。
雪にエッジがとられました。
ビンディングの後ろは解放されず、前だけが縦に90度回転して外れてました。

そういう無理な倒れ方をしたため倒れる前にふくらはぎが肉離れするのはわかりました。
問題は倒れた時に肩を強打したことです。外れた板が止まらず、
片側の壁?まで滑って行くほどのアイスバーンに倒れたからです。

手をついて起き上がるのがつらいほど肩が痛みました。
これは医者にみせるべきと即刻スキーをやめて帰ることに・・・

シートベルトが肩に痛いし、ハンドルまで腕を上げるのもつらく、ほとんど片手運転で帰りました。
そして患部をみると異様に肩の骨が盛り上がっていました。

かかりつけの整形に駆け込み、診てもらうと亜脱臼とのこと。
元に戻すのに肩を固定しておくため初三角巾をされました。

2週間ほど湿布治療。
三角巾がとれてから塗薬を併用したところ、皮膚のかぶれを発症。

皮膚科を優先し1ヶ月以上肩は自然治癒任せ・・・
肉離れは1ヶ月半ほどで平癒しました。

そして
肩の痛みや盛り上がりも徐々に軽減してきたものの、本調子には程遠く、まだ自転車に乗らずにいます。

 人気ブログランキングへ

[2018/04/15 14:05] スキー | TB(0) | CM(10)


[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>