昨日の日照不足記事を裏付けるように、本日はゲリラ豪雨や雷雨がたびたび起こり、食べに行った鮎やなでも根尾川は増水してるわ、濃い川霧はかかってるわで凄い状態でした(写真はありません)。

そんななかで今月の電気料がわかりました。先月の契約変更でメーター検針だけでは正確な料金がわからなかったからです(カード利用明細の速報サイトで請求金額を調べました)。



2ヶ月ほど続いた節減効果の減少が止まりました。と言っても比較対照とする年の使用量が多かったから改善度合いが大きくなっただけでしょう。そこでLEAF車計簿を参照してみましょう。



やはり、走行距離が多くなるほど節減効果が高くなります。単純にガソリンと電気料との差額ですね。

それに昨日の日照不足記事のようにデイタイムの電気料使用が多くなります。それでも単価が少しでも安くなりますので大きいです。

 人気ブログランキングへ

[2014/08/17 00:00] 太陽光発電 | TB(0) | CM(0)

昨日の太陽光発電とLEAF記事。
私んちは太陽光発電とエコキュートですから中部電力でいうEライフプランで契約していました。

ヘイキン

でわかるようにホームタイムの使用電力量が平均90kwhをオーバーしているからです。
ところがLEAF to HOMEを入れるとデイタイムとホームタイムを合計しても90kwhより遙かに下です。
すると同じ中電でもタイムプラン(時間帯別電灯)の方がお得になります。

6月分を試しにシミュレーションしました。
Eライフプラン(4kwhx35.61)+(31kwhx25.43)=930円
タイムプラン(4kwh+31kwh)x24.16=845円
85円アドバンテージです。

しかし、今月来月は女房の仕事の関係でLEAFがちょいちょい朝から出ていきます。
天気が良ければ太陽光発電でまかないますが悪いと・・・怖いです。

ということで昨日連絡し、今日、契約変更。メーターの取り替えにみえました。



Eライフプランからタイムプランに変更しても見た目、メーターは全く変わりません。



しかし中電さんにしてはえらく仕事が早いです。風当たりが強いのか暇なのか?どうなのでしょう。

 人気ブログランキングへ

[2014/07/24 13:34] 太陽光発電 | TB(0) | CM(0)

さて、本日のお題
「壊古給湯」
なんと読むでしょう?

もちろん当て字です。発音に似た漢字を使ってます。
漢字の意味からも合ってるように苦心しました。

最初の2文字「壊古」。
「こわれる」「ふるい」ですけど、違う読み方では「えこ」になります
「壊死」の「え」、「古代」の「古」。
ですから「古くて壊れた」ですね。

次の「給湯」はそのまま「きゅうとう」
「給湯設備」の「給湯」です。意味もそれ以外なく、お湯を出すとか提供するですね。

このふたつの読みを組み合わせると・・・
「えこきゅうとう」

もうおわかりですね。
「エコキュート」
でも1年前に既に「回向給湯」を書いてました(^^ゞ
昨年よりは秀逸な当て字だと思います。
そうです。また故障しました (,_'☆\ バキ

今回はお風呂の自動運転(湯張り、湯温・湯量維持)ができなくなりました。スイッチを入れても水しか出てきません。
お風呂のデイスプレイには「H56」が点滅していました。



台所のリモコンも同じく「H56」の文字が点滅してます。
ただ昨年と違うのは湯沸かしは生きてるみたいでシャワーも使えます。
浴槽の湯張り関係だけダメでした。暖かい季節なので1晩はシャワーで済ませました。



メーカーサポートに電話して、エラーコードを告げると
「バルブ関係ですね」
2・3、言われるままに試験しても治らないので出張修理になりました。

今回は湯と水とを混合して浴槽に回す「混合弁」が逝かれたとのことです。
そこで部品交換だけで終わりました。

昨年は沸き上げた湯をタンクに送る三方弁と基盤の故障でした。
今回の費用は27,000円でした。
さすがに10年を越えると電化製品もあちこち故障するのは仕方ないそうです。
まさに「壊古給湯」です。

このエラーコード。今までは「H」でしたが、
「C」が出たらセンサー関係なのですぐ呼んでくれとのことです。

センサーなら「S」やろう!
と思うのですが、それぞれのメーカーでの約束事ですから、こればかりはわかりません。

 人気ブログランキングへ

[2014/06/18 00:00] 太陽光発電 | TB(0) | CM(0)

私んちのお風呂は太陽光発電とセットで設置したエコキュートです。毎日深夜電力でお湯を沸かし、温度設定どおりのお風呂に入れるのでとてもグッドなお風呂です。

ところがそのエコキュートが一昨日は「故障しました」と宣言して止まってしまいました。写真のような「H54」の文字が点滅していました。



風呂場の端末?のオンオフをすると5分程度は動きますが、また止まってしまいます。仕方ないのでメーカーサポートを頼みました。



翌日、サービスさんが到着。湯タンクの外蓋をはずして点検しました。お湯が沸き上がると、湯をタンクに上げるようコック(バルブ)が自動で動く(開く)そうですが、それが動かなくなったのが原因だそうです。

そのコックを動かそうと機械が何度もトライしているうちに基盤まで逝ってしまったとのこと。ここまでがお昼の話で女房が立ち会いました。



ほかのところは修理したのですが、基盤の手持ちがないので会社と往復。基盤交換したのが私が帰宅後の18時頃でした。そのあとは機嫌良く湯沸かし、無事お風呂に入れました。



出張および修理部品代などで33,000円かかりました(ToT)

当初の設置が2003年8月でしたから10年保ちませんでした。でもこれで寿命が延びたと思います。光熱費の軽減実績から見ると修理費は3ヶ月で元はとれます。ですから仕方ないなあと思っています。

 人気ブログランキングへ 
     ↑
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

[2013/05/25 00:00] 太陽光発電 | TB(0) | CM(2)

昔ネット記事で風力発電のシステムを何の気なしに見ていたら、
そのデザインと可愛さに惚れ込んでしまったものがあります。それがこれ。
風流鯨(かぜながすくじら)です。

その洒落れたネーミングといい、可愛い形状に感動さえ覚えました。でも風力発電はよほど風が吹いてないとペイしないと言いますし、当時見たお値段がバカ高かかったような記憶がありましたので、そのまま忘れておりました。

先週、熊野古道に行ったときに偶然設置してあるのを見つけてしまいました。



それも鯨の博物館がある和歌山県太地町の交差点脇です。
これ以上ないというロケーションです(^^;)

これは何kwhのシステムかわからないですが、
ちゃんと鯨の紺色とプランクトンをこしとる大きな口のストライプがカラリングしてあります。
そこで思わず動画を撮っちゃいました。



信号交差点脇で健気に回ってましたよ(^^;)

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです


[2012/12/15 01:28] 太陽光発電 | TB(0) | CM(2)

お読みくださる前にランキング・アップにご協力くださると嬉しいです
blogram投票ボタンblogramランキング参加中!

昨日の東京電力・福島第一原子力発電所1号機の炉心溶融および建家爆発は
原子炉圧力容器への海水注入作業で沈静中らしいが、
3号機も注水機能が停止し、燃料棒の上部が水面上に露出したらしく、
圧力容器の安全弁を開き圧力を逃がし、真水とホウ酸の注入などで炉の圧力が低下したそうだ。

NHKニュースより
枝野官房長官は、福島第一原子力発電所3号機について「注水機能が停止し、その結果、炉のいちばん内側にある圧力容器内の水の水位が低下して、燃料棒の上部が水面上に露出したと想定される。このため、午前9時5分に圧力容器の安全弁を開き、8分には真水の注入を開始した。さらにホウ酸を混入して、一層の安全性を高める手段を取り、炉の圧力は低下した。同時に外側の格納容器の安全弁を開き、その結果、格納容器の冷却が始まったとみられる」と述べ、原子炉内の圧力を低下させる作業を進めていることを明らかにしました。

1号機の放射能排出によっても半径20km以内の人々の避難指示が出たし、
その過程で22名ほどが放射性物質が付着したそうで、
昨夜から今日の午前中の報道を聞いていても、いつ最悪のシナリオになるか
わからないようなシチュエーションに思えた。

これも相手が原子力だから感ずることで結局最悪のシナリオが問題なわけ。
放射能汚染の結果や残留など我々は太平洋戦争後に経験済みである。
それを生かせてないのは絶対安全の言葉で本質が覆われてしまっているからだろう。

日本は自然豊かで多様性に富んだ所である。
でもその分自然の猛威にさらされた土地柄なわけで、
それが日本人の八百万の神とか水に流すとか仕方ないなどの
死生観・無常観などになったのである。

被災された人にはお気の毒だけど地震も日本列島に特有の事象なのである。
でもそれに輪をかける原子力事故は論外で引き金が地震であっても
これは人災と言わざるを得ない。

願わくはドイツのように原発廃止方針に転換してほしいものである。

「原発廃止に賛成」と思われる方はクリックしてくださいね~

[2011/03/13 14:09] 太陽光発電 | トラックバック(-) | CM(6)

お読みくださる前にランキング・アップにご協力くださると嬉しいです

昨日にひきつづき2月のガス代検針が来た。
昨年よりは使っているけれど、大したことはない。

それよりも昨日は気が付かなかったが、レポート用の記録表を作ってみたら
太陽光発電の発電量・売電量ともに1月に続いて過去最低を更新してしまった。
バンクーバーのフィギュアスケートとは正反対である(--;)



それでも節減効果が業者の試算以上の数字を叩き出しているのは
ひとえに太陽光発電倍額買い取り制度のおかげである。

そして電気の検針と一緒にこの太陽光発電倍額買い取り制度の付けを
全家庭に負担してもらうむねの通知も一緒に来ていた。
来年度あたりから多くても月100円程度の電気料金値上げになるようである。

皆さん、すみません。

エコにも金がかかると思った人はクリックしてくださいね~♪
"> 人気blogランキング




[2010/03/04 22:29] 太陽光発電 | トラックバック(-) | CM(0)

お読みくださる前にランキング・アップにご協力くださると嬉しいです

2月の電気料の検針が来た。
太陽光発電を含めた実績表はガス代の検針が来たら
アップするけれど、どうも今冬は天候不順である。

太平洋側の場合、1月からは晴天が続くため5月にかけて発電量が増えていく。
梅雨どきや台風シーズンは発電量が減り、
秋から冬にかけて日が短くなって発電量も減っていくパターンである。
下の実績グラフを見てもらうとよくわかる。


年によって4・5月や7・8月に雨が多い時もあった。
それでも総じて1・2月は秋より発電量が多かったのに、
今年のように秋の水準を下回るケースは珍しい。

とにかく今年は雪が多かった。2月に入ると雨も多くなった。
そして3月に入っても雨ばかり。
寒い寒いと思っていたらメチャンコ暖かくなるし、いい加減にして貰いたい。

晴れたら遊びに行きたいよ~と思ってる人はクリックしてくださいね~♪
"> 人気blogランキング




[2010/03/03 21:42] 太陽光発電 | トラックバック(-) | CM(0)

お読みくださる前にランキング・アップにご協力くださると嬉しいです
人気blogランキング

ここんとこ、当日誌でも騒いでいた太陽光発電倍額買い取り結果がとうとう出た。

先月が78kwhで1843円で単価が23.7円で、
今月が52kwhで2496円であるから単価はキッチリ48円
間違いなく倍になった\(^o^)/

おかげで太陽光発電等による節減効果も11月の過去最高を叩き出した。
発電量・買電量とも平年並みにも関わらずである。

これで15年と予想していた初期投資の回収も少し早まると思われ、とても楽しみである。
まだまだ太陽光発電などのエコ機器の価格が高いからおいそれとは手が出ないだろうけど、
補助金とか大量生産によるコストダウンなどで安く手に入るようになるといいなあと思う。

発電機器がもっと安くなるといいのにと思う方はクリックしてくださいね~
人気blogランキング



[2009/12/03 11:17] 太陽光発電 | トラックバック(-) | CM(0)

お読みくださる前にランキング・アップにご協力くださると嬉しいです
人気blogランキング


人間、どんなにことでも自分の都合の良いように思うものだ。

月初めのある日、電気料の検針票が入っていた。
太陽光発電、10年間倍額で売れる
のとおり11月から倍額やぁ\(^o^)/と期待して検針票を見たら、

ガーン!
おんなじやん(゚o゚)
おかしいなあ?間違いちゃう?問い合わせてみよか?

首を傾げる私に女房いわく
「11月中の数字に対して倍額やろ、だから来月からやわ。」
そりゃそうだ。あんたはえらい。

というわけで喜びはひとつきお預けとなった(ー_ー)
思いこみが激しいのはいかんね。

人の失敗、蜜の味という方はクリックしてくださいね~~
人気blogランキング


[2009/11/07 06:47] 太陽光発電 | トラックバック(-) | CM(0)

お読みくださる前にランキング・アップにご協力くださると嬉しいです
人気blogランキング

民主党の菅さんが太陽光発電などの全量買い取りを検討しているという。
先月「太陽光発電、10年間倍額で売れる」ことがわかって喜んでいた矢先の記事だったから、少し様子見をしていたけれど、うちの掲示板に先制攻撃をかけてきた人がいたのでネタにさせてもらうことにする。そう、寝た子を起こしたわけだわさ。

太陽光発電、全量買い取りへ 来年度、菅副総理が方針(asahi.comより
菅直人副総理兼国家戦略相は31日、家庭の太陽光発電で生じた電力を電力会社がすべて買い取る「全量固定価格買い取り制度」を来年度から導入する考えを示した。太陽光発電については、今月1日から余剰電力を電力会社が現在の2倍の価格で買い取る新制度が始まるが、これを全量に広げる構想だ。

太陽光発電の一層の普及を図り、地球温暖化対策を進めるのが狙い。ただ、電力会社は現在、1年間の買い取り費用を翌年度の電気料金に上乗せして回収している。余剰電力買い取りで、経済産業省は11年度、標準家庭で月平均30円程度負担が増えると試算したが、全量買い取りになればさらに上乗せ額が増え、太陽光パネルを設置していない国民の負担は大きくなる。

菅氏は31日、東京都内での講演で、「来年度からやろうと思っている。(国が)1円も金をかけないで太陽光パネルがばっと増えるやり方がある。全量固定価格買い取り制を決めればいい。(パネルを設置した家庭が)1キロワットあたり50円で(電力会社に)売り、キロワット当たり20円で(電力会社から)買ってくれば30円得する」と語った。


太陽光発電に補助金」で全量固定価格買い取り制をやってほしいと書いたとおりになりそうで、私も先見の明があるというか、やることが早すぎるというか困ったもんである。

掲示板に「勉強してください」と書き込んできた御仁は何様だろう?
電力関係者か自民党寄りの人か?
電力関係者は10年間倍額で買い取りだけでも反対だろうし、
自民党寄りの人は言わずもがなである。

なにより今まで内需拡大政策といったらダムとか道路といった土木工事ばかり
国土的な政策なら森林事業でしょう(明日書きます)。

サブプライムローンに端を発する不況前までの好景気も米国バブルと中国などの
新興国に引っ張ってもらった、いわば外需頼みの好況だった。
そしてこれからも企業の伸びしろは新興国での生産しかないようで、
現状は日本の空洞化が進むだけという方向性なのである。

これらを打破するには本当の内需を作らなければならない。
それが前政権のエコカー減税とかエコポイントだったわけである。
CO2削減政策からいっても対策はエコ産業しかありえない。
そこに補助金やら国民から電気代金上乗せという浄財で
集中投資するわけである。

これから私んちのように発電所を作りたいという皆さんがドンドン増えれば
環境産業関連が潤うだろうし、土地利用にも弾みがつく。

「勉強してください」の御仁が言われる廃棄物処理産業も
太陽光発電が大規模になって産業的にペイするようになれば
処理技術や参入業者も出てくるだろう。
やる前からゴチャゴチャ言ってる人は現状に安穏としていたい人である。

いま日本は沈みかかっている泥船である。
いくら舷側に泥を塗りたくっても際限がない。
いまこそ木や金属で内側を作り直すような
本当の構造改革をすべきなのである。

既得権にしがみついている人は退場!と思う方はクリックしてくださいね~
人気blogランキング


[2009/11/03 10:51] 太陽光発電 | トラックバック(-) | CM(0)

昨日こんな郵便物が届いた。
中を見ると、太陽光発電の余剰電力買取価格を今までの2倍である48円/kwhにし、
それを10年間続けるというお知らせだった\(^o^)/



私ゃ2003年から太陽光発電をやってるけれど、国の補助があまりにも貧弱なので、ドイツのような固定価格買い取り制度をやってくれと書いてきた。今回の話は平成21年7月1日に国会で成立した「エネルギー供給構造高度化法」によるもので、二階経済産業大臣時代の産物であるから民主党の発案ではない(--;)



そんなことはどうでもいいけど、7月に成立したときには富士山麓に遠征していてノーチェックバーナーで、いまごろわかるとは迂闊だった。まあいい。2月に構想を発表したときから期待してると成立しなかったときにガッカリするけど、こうして突然知らされると、ビックリ・シャックリ・大喜びになるというものである。

ではこうやって倍額にした上乗せ分はどうするかというと、皆さん一般ユーザーさんから月数十円~百円程度のご負担をいただくのだそうである。これから10年以上ね。

また、貰える方にしても48円になるのは今年度の話である。
来年度以降は普及状況を勘案して決めるとのことであるから40円?になっちゃうかもしれない。

当然だよね。それだけ一般ユーザーさんの負担が増えていくわけで、
減る?かもしれないのは10年後なんだもん。

で、この制度、今年の11月1日からスタートする。
平成22年3月末までに買取りの申し込みをして
平成22年6月末までに電力受給を開始した場合に適用される。
だから導入する人や新築する人は急いでねということである。

ちなみに私の場合、7月初めに太陽光発電の設置申し込みをして、設置されたのが8月初め、そして実際に電力受給を開始したのは8月末だった(関連ページ)から、2ヶ月くらい余裕をみておかねばならない。だから来年の3月までに申し込めば良いわけである。うちのシステムあと7年で投資した元がとれる計算だったけど、4年くらいに短縮できるかもしれない\(^o^)/


太陽光発電は得だと思った人はクリックしてくださいね~♪
人気blogランキング



[2009/10/07 09:40] 太陽光発電 | トラックバック(-) | CM(3)

三菱自動車が前々から宣伝していた電気自動車(EV)「i-MiEV(アイミーブ)」を7月下旬から発売すると発表した。大人4人が乗れて長距離走行ができる実用性の高い電気自動車の量販は世界初。2009年度に1400台の販売を目指すという(毎日新聞)。


アイミーブは軽自動車「i(アイ)」をベースに大容量のリチウムイオン電池を搭載。1回の充電で160キロ走れる。電圧100Vの家庭用コンセントなら14時間でフル充電が可能。ガソリンスタンドなどに設置される専用の急速充電器なら約30分で80%まで補給できる。最高速度は130キロで高速道路も走れる。

 トヨタ自動車の「プリウス」などハイブリッド車(HV)がエンジンと電気モーターを組み合わせて走るのに対し、EVの動力は電気だけ。走行中、二酸化炭素(CO2)など排ガスを一切出さない。燃費はガソリンに比べて3分の1程度で、割安な深夜電力を使って充電すれば、1キロ当たり1円で走れる計算だ。価格は438万円(税抜き)だが、国の購入補助金を加味すると約320万円となる。


この1kmあたり1円という数字はどこから出てきたのか?
アイミーブの主要諸元から計算したものと思われる。
http://ev-life.com/spec/pdf/i-miev_spec.pdf
アイミーブの元となったガソリン駆動の軽自動車アイの主要諸元
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/i/spec/spe_01.html
と較べた数値が面白い。リッターあたりとkwhあたりという違いはあっても
電気モーターのトルクが大きいのが見てとれる。
これはディーゼルエンジンに似たところがあって、
低回転でも力が出る使いやすいモーターということだ。
しかも変速なしなので究極のAT車である。

いまところ、その値段がネックであろう。
国の購入補助金を加味した約320万円。ガソリン車の中心価格が約120万円。その差200万円。ランニングコストの差はガソリン車が1kmあたり6円で走るわけだから、1km走れば5円得する勘定である。そうすると40万km走らないと元がとれないわけである。

私ゃ、乗ってきた車がシグマ・シャリオ・デリカ(キャンピングカー)というように三菱ファンである。
おまけに太陽光発電などで夜間電力も安く使っている。量産効果で値段がいまの半分以下になったら本気で考えるかもしれない(^^;)

それに充電30分で航続距離160kmはきついなあ。せめて10分にしてほしい。
また昔の零戦ほどの航続距離は要らないけれど、いまの倍は欲しいなあ。

今日もクリックよろしくね♪
人気blogランキング



[2009/06/06 07:53] 太陽光発電 | トラックバック(-) | CM(2)

夏までの原油高や省エネブームで、ちまたでは電気給湯システム「エコキュート」販売に力が入っているようだ。しかし適切に設定しなければ、十分な省エネ効果が得られないことが検査機関の分析で分かったという。

エコキュート、設定にご注意 省エネ効果少ない場合も(asahi.com)
電力各社や電器メーカー各社が販売に力を入れている最新型の電気給湯システム「エコキュート」。省エネ効果が大きく、低コストというのがセールスポイントだ。しかし、適切に設定しなければ、十分な省エネ効果が得られないことが検査機関の分析で分かった。100万円を超える商品もあり、トラブルも増えている。

エコキュートは空気をポンプで圧縮すると生じる熱で湯を沸かすシステム。電気はポンプを動かすために使われる。コロナ(新潟県)やパナソニック電工(大阪府)など12社が製造。10月末の累計出荷台数は150万台を超え、電力会社などによると、普及率は5%近いという。

各社のホームページやパンフレットでは、少ない電気エネルギーで大きな給湯熱量を得られるなど従来型の電気やガス温水器よりも省エネ性能が高いことを強調。深夜の安い電力を使える「コストの低さ」も売りにしている。

国土交通省所管の公益法人「建築環境・省エネルギー機構」が、複数社の製品で実験した結果、工場出荷時の設定のままでは、宣伝ほどの省エネ効果が得られず、ガス湯沸かし器と大差ない機種もあることが判明した。

各社によって多少異なるが、設定は(1)大量使用時(2)標準(3)省エネ、の3種類程度切り替えられる。省エネ設定だと、ため置きする湯量が少なく、急にお湯が必要なときに足らなくなる可能性があるため、出荷時に標準設定にしているメーカーが多かった。

同機構は今年5月、メーカーに対し、初期設定のままでは省エネ効果が十分でないことがあることを購入者に十分説明するよう要請。これを受け、各社はこれ以降の販売分については、標準ではなく省エネ設定で出荷するとともに、ホームページや取り扱い説明書で切り替え方法を知らせるようになったという。省エネ設定の呼び方は統一のものはなく、メーカーによって異なるため確認が必要だ。


うちは太陽光発電とエコキュートを2003年からやっている。そんな私にしてみたらこんなことはわかりきったことだと思っていた。うちのはダイキン製だが、ちゃんと取り説に書いてある。まずはよく読めよと言いたい。

うちの場合5人で給湯も含めて使うと省エネモードでは厳冬期にはカツカツになるので厳冬期だけ標準にしている。だから3シーズンは省エネ設定で十分まかなえている。エコキュートにする前は都市ガスのボイラーと太陽熱温水器の併用だったから上の記事の条件と同じようなものであるからやはり使い方次第であるのだ。

さらに販売方法や広告方法でもトラブルがあるようで、上記記事の続きを見てみると・・・
一方、広告の表現や、訪問販売などが問題となるケースが増えている。 九州電力の「ガスよりも電気が1年で最大約10万円安い」「30年間で約300万円がお得」などと書かれた広告について、公正取引委員会は10月、「購入費や設置工事費を含めると、そこまで安くない」などと不当表示を認定。同社に排除命令を出した。

国民生活センターによると、07年度の電気温水器の訪問販売に関する相談は1343件で、03年度の200件の6倍以上。08年度も9月末までに、前年同期比で1.8倍の688件が寄せられた。エコキュートは、これらの約半数を占めるという。

エコキュート導入に対し、経済産業省は補助金制度を設け、家庭用は1台あたり4万2千円を助成している。しかし、08年度分については募集が終わったという。 静岡県の60代の女性は5月、訪問販売業者に「補助金の申請枠があと少しで定員になる。今日でないとダメだ」と粘られ、約173万円の契約を結ばされたという。

6月には愛知県の40代の男性が「明日までなら初期費用がかからない」、7月には大阪府の30代女性が「電気代とガス代が安くなる。13年分の差額で買える」などと告げられ、それぞれ100万円前後の契約を結ばされたという。

国民生活センターは、導入する場合は、数社から見積もりをとって、光熱費が安くなる場合の条件の説明を求めるよう助言している。


これについては私の経済効果の試算をしたページが参考になると思う。補助金はずいぶん少なくなっているが、100万円近い値段も一緒である。導入後のガス代の比較からエコキュートだけで試算しなおしてみると10年で元がとれそうにみえるし、九州電力の広告も間違いではなさそうに思う。

導入以来5年経っているけど実際に試算どおりの光熱費の軽減で推移している。うちの場合太陽光発電のシステムと合算して15年で元がとれる計算だ。

しかしエコキュートによる電気代の軽減はさほどではない。その殆どはエコキュートによる夜間電力使用だからである。これは時間帯別電力料金のからくりによるためで消費電力量はかえって増えている。安い夜間電力料金単価が使える時間帯別契約に切り替えたことによって安くなっているだけである。だから電気だけでいえば省エネではない

では、なぜこういう安い電気料金設定が発生するのか?というと原発対策なのである。昼間のピーク需要に対応できる設備を備えた電力会社が夜間の余剰電力を売る先を作るために揚水発電所とか夜間温水器を普及させているのである。

いままではそれで良かったかもしれない。しかし不況期になるこれからはどうだろう?昼間も電気が余るんじゃないのか?それに原発も中電の浜岡のように老朽化したものを新型と交代させるなんて動きがあるわけで、電気が要らないならそんな危ないもん廃棄するだけでいいじゃん。

悪質な訪問販売業者はどんな業界にもいる。またキチッとわかってない工事業者もいる。そのあたり、ここを読んで下さる読者の皆さんは賢い消費者になって対応してほしい。

ちなみに私んちが導入したのは日本エコシステムの勧誘電話からでした。良心的な業者さんでしたからお勧めできますよ。

今日もクリックよろしくね♪
人気blogランキング



[2008/12/27 12:31] 太陽光発電 | トラックバック(-) | CM(0)

私んちは2003年8月から太陽光発電を導入し、温暖化防止に貢献している(というほどの規模ではないが・・・)。その太陽光発電について政府が行動計画を発表したそうなので紹介する。

岐阜新聞の記事「太陽光発電で政府が行動計画 駅や学校への導入を促進」より
政府は11日、太陽光発電の導入促進に向けた行動計画を発表した。大容量の電力が必要な鉄道の駅、空港などの公的施設や小中学校をはじめとする教育機関への太陽光発電の導入拡大が柱。温室効果ガス削減と国産エネルギーの安定確保に向けた取り組みを加速させるのが狙いだ。

具体的取り組みとして、高速道路のパーキングエリア、鉄道の駅、空港施設などの公的施設に太陽光発電システムを設置する際の補助金の割合を、現在の3分の1から2分の1に引き上げる。また、全国の公立小中学校に、耐震化と合わせて太陽光発電システムを設置するよう働き掛け、コスト削減と環境教育の両立を図る。

このほか、大企業が省エネを支援する見返りに二酸化炭素(CO2)の排出枠を得る「国内クレジット制度」の対象に公的施設や学校なども加え、大企業のCO2削減の自主行動計画に反映させたり、電力会社が一般家庭の屋根を借りて太陽光発電システムを設置し、クリーン電力を供給する新たなビジネスを支援することなども検討する。


つまり、これらの公的施設なら太陽光発電システムを設置する補助金割合を3分の1から2分の1に引き上げるというわけだ。
「ええっ!これまでも公的施設は3分の1の補助があったわけ?」
私んちは2003年に購入したときは1kwh当たり9万円で結果的には1割補助にすぎなかった(ご参考)。おまけに2006年度からは補助金なし。そして来年2月から復活させるというけれど家庭向きには1割補助しか出さない(時事ドットコムより)という。

ものすご~く不公平じゃない。
自分たちはもともと税金で造ってて懐は痛まないのにさらに半分補助が出る。それなのに税金を出してる我々の補助は1割って何なの?

あまりに身勝手すぎるじゃん!国策として推進するのなら個人向けにもっと補助金を出しなさいよ。それに今まで先進的に導入した人たちの献身にも何らかの形で報いなさいよ。そういうスタンスを見せないと環境先進国からも途上国からもバカにされるだけだし、国民も国に協力しないよ。


ランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです。
人気blogランキング




[2008/11/11 19:10] 太陽光発電 | トラックバック(-) | CM(2)


[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>