先週の土曜日は倉敷アイビースクエアから尾道に向かいました。尾道も私たちは初めて訪れます(^^ゞ

尾道は北側の山と南側の海(尾道水道)に挟まれているため、平地が少なく山肌に住宅や寺が密集しています。道路も狭く、坂が多いので「坂の街」といわれているため、大きな駐車場もありません。そこで地図を眺めていて、一計を案じました。



千光寺山ロープウェイの山頂駐車場に入れて散策をしようというものです。

街中の駐車場は時間制が多くてリーズナブルでないのです。さらに良いのは坂の途中にある千光寺や尾道関連の文学館3軒も坂を下りながら観光できるからです。



実際に行ってみると、ロープウェイ手前の駐車場に入れました。私たちは帰りだけロープウェイを利用しようと、
片道切符だけでも文学館などの割引は効きますか?」
係員さんに尋ねてみました。
これだけの所が大丈夫です。」
親切に教えて下さいました。超ラッキーです。



しかし、片道切符というとThe Beatles「Day Tripper」の歌詞に出てきました「She was a day tripper, a one way ticket yeah」の「One Way Ticket 」です。さらにニール・セダカ「恋の片道切符」これも「One Way Ticket 」もう、病気ですね(~_~) そういえば展望台付近には「恋人の聖地」というハート型のモニュメントがありました。



尾道観光なのに「片道切符」から妄想が広がってしまいました。
そこで「恋人の聖地」萌え~♪
となったら良かったんですが、そんなに都合良く行かないですね(ー_ー)

 人気ブログランキングへ

[2015/10/02 00:57] 旅行 | TB(0) | CM(2)

いよいよ倉敷観光です。アイビースクエアから出るとすぐ美観地区です。

美観地区は町の真ん中に運河が掘られていて、なまこ壁や白壁の建物や洋館などが並んでいて、まるで明治時代のようです。何か見たことがあるような風景なので調べてみると、やはり「天皇の料理番」でロケに使われたようです。赤煉瓦造りの倉敷アイビースクエアも当然ロケ地になっていたそうです(ロケ地情報)。



この堀の中を舟に乗ってのんぴり観光というのもやっています。舟は予約制だから乗りたいけどスルー。まずは美観地区を一回りし、昼食を食べた後で大原美術館という作戦で行きます。



しかし、いきなり青色のデニムアイスを食べたり、猫グッズのショップに入ったり、倉敷物語館なる建物に入り込んだり、観光もけっこう時間がかかります。



そして、堀が終わるところにあるレストラン亀遊館でランチしました。



腹ごしらえをしたあと、大本命の大原美術館に入りました。ここは実業家・大原孫三郎(アイビースクエアでも出てきます)が、洋画家・児島虎次郎(1881年–1929年)に依頼し、収集した西洋、エジプト・中近東、中国などの美術品を展示するため、1930年に開館したものです。

西洋美術、近代美術を展示する美術館としては日本最初のものということで、モネの「睡蓮」とかエルグレコの「受胎告知」など著名な作品がいっぱい展示してありました。展示物は西洋画にとどまらず、陶器やエジプトの出土品まであって文化の変遷がわかるようになっていました。

本館・新渓園・分館

アイビースクエアで夕食をとった後にも美観地区の夜景が見たくて、まだ外出しました。橋のたもとにある倉敷館の夜景は素敵だし、旅館「くらしき」にもグッと来ました。



また翌日、尾道観光に早く出かけたかったので、アイビースクエアでの買い物を夜のうちに済ませました。

 人気ブログランキングへ

[2015/10/01 00:16] 旅行 | TB(0) | CM(2)

今回の旅行、最初の訪問地・倉敷に着きました。倉敷は私も女房も行ったことがないからです。そして倉敷の古い町並み。美観地区に近いホテルということで、予約したのが倉敷アイビースクエアです。



倉敷アイビースクエアは大原美術館を作った大原孫三郎が2代目だった倉敷紡績の工場を転用したものです。赤煉瓦にからまる蔦(アイビー)が象徴的な格好いい施設です。女房もなぜか知っていて
「えっ、そんなとこ泊まれるの?」
と驚いたほどです。



また倉敷アイビースクエアは大原美術館がある倉敷美観地区の隣にありますから駐車場利用するにもとても便利です。宿泊者は駐車場を何度出し入れしても500円ですから大変お得です。

おまけに電気自動車の推進をやってるようで、ゲートの横には三菱のアイミーブが置いてあり、一日2000円でレンタルしています。その関係でしょう。ゲートのそばに急速充電器が設置してありました。これが淡路島と同じ20kwhですから、あまり期待はできません。でも30→60%だった淡路島と違い、60%残ってましたから90%台まで入る計算です。実際に充電してみたら30分で99%まで入りました。良かったです\(^O^)/



アイビースクエアの駐車場まで間抜けなナビに翻弄されながら何とか辿り着くと、真ん前に赤煉瓦のでっかいゲートがありました。ホテルの建物も半円形の窓に放射状の鉄格子付きで、チョーカッコいいです。



赤煉瓦の建物にはネーミングにもなったアイビー(蔦)がからまり、くもじいも真っ青なモジャハウスになっています。



ホテルの周りにも売店を兼ねた施設など多数の赤煉瓦建物やモジャハウスがひしめいていて、ここだけ見て回っても半日くらい経ってしまいそうで、勿体なかったです。



夜は夜で自然なライトだけでもやたらとカッコ良く、地下のパブでジャズ演奏でもやってそうな雰囲気でした。

 人気ブログランキングへ

[2015/09/29 11:29] 旅行 | TB(0) | CM(2)

シルバーウィーク中。唯一予定がなかった21日に近江八幡に行ってきました。高速1000円をできるだけ使うためです。女房が水郷めぐりだけ行ったことがないとのことでしたから。

私は水郷めぐりは同級生の企画で経験済みです。で、いろいろ調べるとシルバーウィークでも予約なしで行ける「元祖水郷めぐり」に行くことにしました。行ってみると、狭い駐車場は満杯。近くにあるバウムクーヘン屋さんCLUB HARIE(クラブハリエ)の駐車場にもぐりこんで、乗船場に戻ると、私たちでその時間帯の船は出払いました。ラッキー・クッキー八代亜紀by島木譲二。



水郷めぐりでは滋賀県の県鳥・カイツブリがいたり、カワウ、アオサギなどの水鳥にミドリガメも出てきました。水辺にはガマ、ホテイアオイやマコモ、良し悪し(葦、葦)などの定番的なもののほかにも真菰竹やカワヤナギ(といっても葉は細くない)など珍しいものもありました。



その後、近くの仕出屋さん?で昼食をとり、CLUB HARIE(クラブハリエ)に戻ってみると、メッチャ長い行列ができてます。たかが焼きたてバウムクーヘンごときに時間を無駄にはできません。



そこで近江八幡で唯一?未経験のロープウェイ乗り場に行ってみました。予想通り周囲の駐車場は満杯でした。ここは改めて平日に来ることにして・・・八幡堀巡りも未経験ですから・・・退散することにしました。

 人気ブログランキングへ


[2015/09/25 00:00] 旅行 | TB(0) | CM(2)

西舞鶴のカキ小屋でBQを食べたあと、日産に行って充電しました。先行車がいたので15分ほど待って充電。
その後、道の駅「舞鶴とれとれセンター」でショッピング。
ちょっとした干物をゲットしたあと、何となく気になっていた赤れんがパークに行きました。



赤れんがパークは予想通り東舞鶴の海自横にありました。



多くの建物が重要文化財になっているようで、立ち入り禁止の建物も多かったです。
レールが敷いてあったり、アイビーがからみついたり、とても重厚な倉庫群です。



戦前には海軍の魚雷や弾薬を保管するのに使われていました。そんなところからも映画などのロケが何度も行われています。当然「男たちの大和/YAMATO」とか「坂の上の雲」とか海軍の話ですね。最近では「日本の一番長い日」が撮影されたそうです。



いろいろな展示物がありましたけれど、結局はお土産品の品定めです。



私は多くの自衛艦のシルエットが柄になっている手ぬぐいとフルーツケーキ、そして海軍カレーを買いました。

 人気ブログランキングへ

[2015/09/17 13:32] 旅行 | TB(0) | CM(0)

立ち寄り湯の八峰温泉(これで「ヤッホーおんせん」と読む)に入ったあとは今夜のお宿、P泊場所を探さねばなりません。この温泉から少し下ったところに松原湖があります。

たいてい、こういう湖畔にはトイレがあるものです。果たしてそれはありました。ただし予想に反し、湖畔ではなく下っていく道路沿いでした。



町営のトイレです。下には大きな駐車場もあります。トイレの建物は普通ですが、ステンドグラスが3ヶ所に付いてます。

それよりも入ってビックリ、便器が最新式です。便器の蓋ば自動では開きませんが、蓋を開けると便器内にライトが点いて水が流れ、プレ洗浄します。もちろんウォシュレットです。これは完璧でした。まったく「ヤッホーおんせん」のおかげです。



朝から気分良く、松原湖畔にも行ってみました。小ぶりの池で朝から数人の釣り客が来てました。

北風小僧の寒太郎」の歌碑が反対側にあるそうです。それに看板を見ると、ここは猪名湖というようです。松原湖は通称でしょうか?調べてみると、猪名湖(いなこ)・長湖(ちょうこ)・大月湖(おおつきこ)という3湖を総称したものが松原湖(まつばらこ)だそうです。一般には3湖の中でも最大の猪名湖単体を指すそうです。


(画像をクリックすると大きな画像が見られます)

また湖畔には瀟洒なお宿(立花屋でしょうか?)がありました。湖畔の散策路もありました。雨模様でしたから歩きはしませんでしたがね(^^ゞ



それと逆に湖畔にトイレがありません。先ほどのトイレを使うようにということでした(^^;)

 人気ブログランキングへ


[2015/09/10 00:00] 旅行 | TB(0) | CM(0)

北八ヶ岳ロープウェイに乗ったあと白樺湖に戻るつもりでした。でも翌日は雨なので明日の予定コース八ヶ岳横断道路(麦草峠、国道299号線)も2000m超級ですから今日行っといた方が良いです。

しかもナビ検索すると白樺湖に戻るより近いので行ってしまうことにしました。「メルヘン街道」なるうさん臭い看板を批判しながら登っていきます。

じつはここ新婚の頃に来たことがあります。まだ伊北までしか中央道が開通してなかった時代です。朝岐阜を出て、伊北インターから諏訪湖、蓼科から麦草峠を越え、小海線づたいに小淵沢まで戻り、一日で岐阜まで戻りました。まだ土曜日が全休でないときでしたから強行軍は当たり前でした。そんな想い出の場所です。



次に来たのは自転車でした。小淵沢に車を置いて蓼科まで自走、横断道路を登り、小海線まで下りて輪行。小淵沢までという行程でした。で、今回が3度目の正直?です。今回は女房と娘のお土産を買いました。

峠に到達する前にどうせ峠まで登ったのなら、引き返すのは面倒くさいです。そこで八ヶ岳の東側に立ち寄り湯がないか調べてみました。すると、なんとなんと松原湖の近くに八峰温泉(これで「ヤッホーおんせん」と読む)なる立ち寄り湯を発見。文字どおり「ヤッホー\(^O^)/」なので行くことにしました。



八ヶ岳に新しくできた温泉なので「八つの峰の湯」。
それを「ヤッホー」と読ませるのですから秀逸です。私なんか「Yahoo」かいなと思っちゃいました(^^ゞ 

それにですよ。手湯・足湯があるのはありえーるけれど、なんと急速充電器まであります。ほんとここはヤッホー温泉でした。

 人気ブログランキングへ



[2015/09/09 00:00] 旅行 | TB(0) | CM(2)

キャンカーの天井ライトを取り替えに長野市まで行った帰りに八ヶ岳周辺で遊んできました。
女房が清里に行きたいと言ったからです。

夏場はくそ暑いのでキャンカーでP泊しようとすると標高1000m以上の所でないと辛いです。標高1000m以上で駐車場とトイレがあるようなところは蓼科湖、白樺湖、女神湖といったヴィーナスライン周辺になります。

ライト取り替えとFFヒーターの点検(良好でした。良い状態に保つには毎月1回30分以上作動させるのが望ましいとか・・・)は1時間強で終わりましたので早速白樺湖へ向かいました。

女神湖を経由し、白樺湖到着が早すぎるので、翌日行こうと思っていた縞枯山&ロープウェイに先に行っておくことにしました。翌日が雨予報ですからね。ヴィーナスラインで北八ヶ岳ロープウェイに到着。山麓駅はチロル風の建物です。



1771mの山麓駅から2237mの山頂駅へ登ります。乗ったゴンドラは赤色。中間地点ですれ違ったゴンドラは緑色でした。

「山頂に水はありません」と書いてありますが、カフェはありましたから水はあります。でも登山用の水はないから山麓で給水しておくことでしょう。山頂駅のトイレも有料でしたから山麓駅で色んな用を足しておけということですね。



山頂駅へ行く途中で右奥に見えるのが縞枯山です。様々な理由で立木が帯状に枯れ、縞々になっているから縞枯山とネーミングされたそうです。このロープウェイも当初はピラタス蓼科ロープウェイと言ってました。スキー場の名前(ピラタス蓼科スノーリゾート)ですね。私はピラタスの方が格好良くて好きですが、それでは夏場に客が来ないので北八ヶ岳ロープウェイと改名したのでしょう。その八ヶ岳が縞枯山の隣に見えます。看板に偽りなしです(^^;)



山頂駅を出た正面に見えるのが坪庭と雨池山です。雨池山には雨池峠を越えた先に同名の池も存在しているそうです。



そこで早速、坪庭を散策してみました。溶岩のような岩が散在し、その間に森林限界の木(コメツガ、しらびそ、しゃくなげ)や苔や高山植物が生えています。庭とはいいながら結構な下り坂もあります。木道がいいですね。



山頂駅に戻り、カフェで名物のコケモモをいただきました。こけももジュースとホットココアにコケモモ大福です。お味はキリッとした酸味が特徴です。



カフェの横ではこけももジュース、ワイン、ジャム、羊羹、ゼリーなどのオリジナル商品が売っていました。ここでしか買えないと、たくさん買い込んだら山麓駅でも同じモノが売っていました。重たい思いをして損しちゃいました(--;)



最後にロープウェイで登ってきた方角、西方の景色です。
日本三大アルプスの絶景といわれているとおり、南アルプス・中央アルプス・御岳・乗鞍が見えるようです。



久々にロープウェイに乗ってウキウキしました。高いところに昇ると、心がスッキリと洗われたようになって良いですね。

 人気ブログランキングへ



[2015/09/08 00:05] 旅行 | TB(0) | CM(2)

先々回リーフで出かけたときのこと(じつは5月)。買い損ねたものがあった。「白川郷ホワイト・・・」である。

ホワイト・・・とは?白色だったからホワイトチョコという印象だし、合掌造りの家の形だったから雪の白川郷というコンセプトだろうと思った。

売っていたのは名神高速道路の養老SA下り線。白川郷のお菓子がこんなことで売っているから、たぶん上り線にも売っているだろうと思って買わなかった。

だからがっかりした。帰りにそれを目当てで入った養老SAに売ってないことがわかったときには・・・・

そこで翌月氷見に行くときに、ひるがのSAや城端SAでは一生懸命探した。でもなかった。どこにも。もちろん白川郷ICで下りて地元のお店に行けば売ってるだろう。

しかし、そこまでして買うことはない。何しろ高速道路を電気自動車で長距離乗るほど(月に2万円、最大6万円)特になるのだ。ホイホイ下りるわけにはいかない。となれば養老SAの下りに行くしかない。

で、行ってきました。西の方へ行く途中で寄った養老SA。
ちゃぁ~んとありました。



「白川郷ホワイトケーキ」という名前だったのですね。ちょっと思い入れが強くなり過ぎて美味しいのかどうかわからないのに3個も買っちゃいました(^^ゞ

どうでしょうねえ?このフォルム。ちなみにメーカーのところには高山市松本町の・・・
「豚ぼぼ」と同じ所です。要するに「販売者」の名前しか入っていません。うーん、産地不明です(ー_ー)

 人気ブログランキングへ


[2015/07/11 07:13] 旅行 | TB(0) | CM(0)

お目当て?の自転車屋さんがお留守だったので、急遽切り替えた飛騨古川の観光です。

古川といえば白壁の街中を流れる瀬戸川と鯉です。古い街並みに白壁と水路は定番中の定番ですから絵になりますね。



この鯉たちは冬の間は近くの池に避難していて、雪解けの頃に川に戻されるそうです。

その川に面して、朝ドラ「さくら」の出演者の写真が飾ってありました。主役の高野志穂さんと地元方言指導兼教師役の 荒木優騎さんが写っています。

また、あのドラマから全国的にも知られるようになった三寺参りですが、浄土真宗の三つのお寺に参る行事で親鸞さんの遺徳を偲んで行われる法要に合わせてお参りするものだそうです。



そこで出会った男女が結ばれるというのはアリエール話ではありますが、どこまで本当かわからない民間伝説らしく、ドラマを盛り上げるのにはもってこいの舞台でしたね。

その三寺参りのときに飾られるロウソクです。何百本も灯されたものをテレビで中継されます。しかし、あれは主役ではないそうです。本当の主役は・・・明日に続きます。

 人気ブログランキングへ


[2015/05/08 00:17] 旅行 | TB(0) | CM(0)

牡蠣食べ放題のあと、
今回は鳥羽水族館に行きました。
シニア割引(2400円→2000円)が嬉しかったです。
このチケットに描いてあるイラストはジュゴンですね。



60thアニバサリーと書いてあるのはたぶん60周年ことでしょう。
まさか、シニア(60歳以上)という意味ではないよね (,_'☆\ バキ

ということで、まずはその目玉、ジュゴンです。長閑に泳いでました。



ちなみに、うちの娘、水族館が好きです。
こういう、まったりした姿に癒されるそうです。

 人気ブログランキングへ


[2015/02/24 00:00] 旅行 | TB(0) | CM(0)

1週間前に予告したとおり空から日本を見てみようplusで岐阜県大垣市~関ヶ原が放送されました。
予想に反してJR岐阜駅からスタートです。岐阜県庁のこともチョロッと触れてくれました。

長良川を越えると瑞穂市です。そこで注目されたのがサボテン村。生産面積世界一だとか・・・そういえば最近ハートのやつとかよく見かけます。

大垣市に入ると文句なく自噴水です。神社で水汲みをしてる人が映ります。ついでに以前紹介したことのある名水わさびも出てきました。



大垣市内は大垣城や水門川のたらい舟など定番の案内です。そういえば大垣は枡の生産が日本一でした。郊外の工場では日本耐酸瓶(ドリンク瓶)の工場とか中日本氷糖(氷砂糖)の工場とか見学します。どちらもトップメーカーのようです。養老の滝は定番なのでノーコメント(^^;)

赤坂に行くと金生山。石灰岩の鉱山ですね。産出量はやはり日本一のようです。改めて見ると、ほんと日本一が多いです。凄いぞ、西濃。

そして垂井の手前付近にある、つちやの栗原工場。つちやは柿羊羹でおなじみの高級和菓子店ですが、その工場がこんなに面白いとは思いませんでした。6面体だか8面体だかの総ガラス張りみたいな造りで外から工場見学ができちゃうようです。



最後に関ヶ原。もちろん古戦場は外すわけにはいきません。それなりに解説はありましたが、歴史番組ではないので深くは掘り下げません。それより見つかってしまいました。関ヶ原ウォーランド。コンクリートの武者人形約200名の合戦ジオラマです。人形の出来はチープですが雰囲気は味わえそうです。

そんなこんなで楽しめましたわ。

 人気ブログランキングへ

[2015/01/27 23:08] 旅行 | TB(0) | CM(2)

私が好きな番組「空から日本を見てみようplus
空撮番組である。主演は空の雲。伊武雅刀が担当する「くもじい」と柳原可奈子担当の「くもみ」が空を飛びながら絶妙な掛け合いで進行する。

空から不思議なものを見つけると、地上に降りていって、そこに居る人を捕まえ、
「そこのお主、くもじいじゃ!それはなんじゃ?」
と尋ねるのがお約束である。

昨日1月20日の放送はなんと我が岐阜市だった。

JR高山本線から岐阜駅へ。絶滅間近の駅前繊維問屋街を紹介(ToT) 。さらに岐阜市の定番、繁華街・柳ケ瀬へ。イタリアのフィレンツェと姉妹都市の話題を振る。次にオゼキ提灯の工房を訪ねる。岐阜市の提灯出荷額は日本一とか。

岐阜市のシンボル金華山。もちろん頂上の岐阜城にも行く。織田信長の話もちょいちょい出てくる。また川原町の様子やロボット水門まで発見してくれた。水門の内部まで入ったことはなかったので感謝感激だった(^^;)



また長良川の鵜飼や山下順司鵜匠も出演。こりゃあ、お腹いっぱいだぁ!

次に岐阜駅から市内の南側へ。戦国時代から続く鋳物工場(岡本・なべや)やファンシーヤーンという不思議な糸の繊維工場(田幸紡)などが出てきて楽しめた。

来週火曜日の放送は大垣から関ヶ原だそうです。楽しみ♪

 人気ブログランキングへ

[2015/01/21 00:32] 旅行 | TB(0) | CM(4)

焼き牡蠣食べ放題を終えたのが12時30分。そのあとどこへ行こうかあれこれ考えました。

伊勢時代村は堪能するなら多分1日かかります。鳥羽湾巡りとイルカ島はたまたまイルカ島が休園中でダメです。となると水族館です。このあたりには水族館が3つ(二見シーパラダイス鳥羽水族館志摩マリンランド)あります。でもどこも17時までなので1つしか入れません。じゃあ。どこにしましょう?一番良いのは鳥羽水族館です。シニア割引もあります。

しかし、もうひとつ割引券を持っていた志摩マリンランドに行きました。入ってすぐペンギン舎がありました。全部で5種類いるそうです。おなじみのフンボルトペンギンやケープペンギン、マゼランペンギンは殆ど見分けがつきません。目の上に飾り羽根があるイワトビペンギンと大きなキングペンギンはわかりやすいです。



建物の中に入るといろんなものがいます。真ん中の大きな円形水槽(回遊水槽)には大小の魚が遊泳してます。大きなものはブリ、タイ、シイラ、クエあたりですかね。黒潮近くなのにマグロ、カツオがいないのが不思議です。水槽が小さいのでジンベエサメもいません。



展示もので面白いのはドクターフィッシュ。人の皮膚の角質を食べるそうで、手をかざしただけで水面が盛り上がるように寄ってきます。伊勢神宮内宮の錦鯉も真っ青です。実際手を入れると痛いくらいだし、見ていて気持ち悪いのですぐやめました。女房も
「くすぐったい」
で終わりです(^^;)



ショーの時間になったので例の円形水槽に行ってみました。海女の実演(餌付け)があります。水槽は円形というよりドーナッツ型をしています。観客は水槽の真ん中、ドーナッツの穴の位置で見ます。

伊勢志摩の伝統的な格好をした海女さんが水槽の中に入り、腰に付けた餌箱から魚の切り身を蒔きます。泳いでいる魚が海女さんの周りに群がります。ドクターフィッシュどころの騒ぎじゃないです。海女さんは慣れてるからいいでしょうけど怖いくらいです。その間って息が続く1分くらいでしょうか?苦しく?なると海女さんは息継ぎ(磯笛)をし、水槽内を泳いで60度くらい動いたところで順次餌付けをしていきます。ということで合計6回ほど餌付けをして終わりました。水中の海女さんの姿を見たら、なんだか「萌え~♪」となりました。



最後はマンボウの水槽です。15m四方深さ5m以上の水槽です。水槽の周りにはマンボウがぶつかっても大丈夫なようにクッションが貼ってあるそうです。マンボウがぶつかるぐいに泳ぐのって餌をとるときぐらいでしょう。餌はなんだったったけ?調べると、クラゲや動物プランクトン深海性のイカやエビなどらしいです。マンボウを飼育しているところが少ないのは泳ぎが下手で自ら水槽の壁に体をぶつけて弱ってしまうらしいのですが、ここは水槽にクッションが貼ってあるので大丈夫とのことです。




そういえば紀伊長島の道の駅でマンボウの切り身を食べました。ゼラチンのような食感でした。マンボウはゆったりと泳いでいます。まあるく開けた口がかわいいです。上下のひれをゆらゆらさせて泳ぎます。ん?この泳ぎ方はフグに似てるなあと思ったら、やはりフグの仲間だそうです。



[2014/12/28 11:27] 旅行 | TB(0) | CM(5)


伊勢神宮内宮に続いて外宮(げくう)です。

そのまえに内宮を出て、門前のおかげ横丁を見ると、さすが早朝、人はほとんどいません。そしてキャンピングカーを入れた駐車場もまだまだ空いています。内宮A-1・A-2という真ん前の駐車場でも平日の早朝ならこんな具合です。

私たちは6時半に入って8時近くに出ましたから500円かと思いきや、これも夜間割引で100円で済んでしまいましたv(^^)これで伊勢志摩スカイライン2割引も利用したら持ってけ泥棒です。



内宮前から20分ほど走り、外宮に来ました。普通は反対に回るのでしょうけど、今までのところは逆に回ったのが功を奏しています(^^;) 外宮は内宮より規模は小さいようです。駐車場も町中なのに無料です。



内宮が右側通行だったのに外宮は左側通行です。入り口から第1カーブの方向で決めてあるのでしょうか?正宮前には広い空き地がありました。遷宮する前の正宮があったところでしょう。外宮でも正宮は撮影禁止です。そして正宮前で深々とお辞儀をしていた紳士は服装もビシッと決めていました。



周りが明るくなっているのと、町中の喧噪そして規模の小ささなどで荘厳さは内宮にはかないません。



それでも3つの別宮は裏手の山中にあるので深閑とした雰囲気がありました。風宮(かぜのみや) 、多賀宮(たかのみや)、土宮(つちのみや)ですね。土宮の隣には新しいお宮を建築中でした。覆いがしてある隙間からこっそり覗きました。



行きとは別の経路で出口付近まで来ると散水車が走ってきました。なかなか芸術的に動きます。



手前にいる清掃の女性が持つ竹箒も箒の部分が薄く作ってあって玉砂利ははかずに葉っぱやゴミだけ動かせるような造りになっていて面白かったです。


伊勢神宮は歴史が古いのと天皇家の庇護の元、独特の文化が残っているので非常に楽しかったです。



[2014/12/25 00:32] 旅行 | TB(0) | CM(2)


[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>