fc2ブログ







テレビ東京の番組「ナゼそこ?」で「秘境で暮らすスゴイ人SP」というのをやってました。
(いまなら上記サイトで無料配信をやってます)
「ポツンと一軒家」など秘境や山奥が大好きな私が見逃すはずはなく、録画しました。
するとその中の一場面で、雪の峠に藁葺家屋が映りました。

「木の芽峠や!」
峠の茶番が居住される、ポツンと一軒家です。私は1999年、20年以上前に訪れたことがあります。



画面にあるように築550年以上、人が住む日本で一番古い家とのことです。
この家屋の主は前川永運さん、80歳。おお、まだお元気だったのですね。

囲炉裏端で何やら食べておられます。
手元を見るとクルミを割って次々に口へ・・・

室内がマイナス1度にもなる峠では、これが冬を乗り切る栄養源なのだそうです。
確かに脂肪分はあるし貯蔵性もあって良い選択でしょう。



お腹がくちると前川さんは奥に行き、お宝を見せてくれました。秀吉にもらった茶釜。
「開運!なんでも鑑定団」から出品依頼があったが、高額鑑定になると泥棒に狙われるから断ったそうです。



何で秀吉から貰った茶釜があるの?
ということで、驚くべきご先祖の話が出ます。

平重盛が36代前の先祖だというのです。重盛は清盛が後白河法皇を監禁しようとしたとき父親を諫言するような実直な人物でした。惜しいことに清盛より早逝したため平氏の没落を早めました。そして源平合戦に敗れた平家がこの地に流れ着いたというのです。



そういえば私が会った時のお話では
『「ワシは桓武天皇の末裔や」「源氏ですか?」「いや、平氏の方や。壇ノ浦で滅ぼされたが、落人部落のように隠遁せず名前を変えて生き延びたのや。ウチは平清盛からの直系で福井に落ち着いてから織田町の宮司をしていた。そしてその弟筋に当たるのが織田信長なんや」

「そして戦国時代に朝倉との戦いに敗れてここ木の芽峠付近にまた名前を変えて逃れてきたのだが、次に信長が朝倉と戦って浅井の裏切りに遭ったときには秀吉らが逃げるのを手助けした。そして秀吉が柴田勝家を滅ぼした時に秀吉がここへ寄って家系図を見て主家筋と驚き、金ヶ崎の戦いの尽力などに感激して、もう一度武将に戻るか自分の部下になってくれと頼んだそうだがご先祖様はどちらも断ったので秀吉は金の茶釜と戦陣釜をくれたのや」』
ということでした。



目の前は木の芽峠という街道の通過点。明治天皇も休んだとのこと。
先祖が宿場を開いたとかアナウンスされてましたが、私が聞いた時は
「関ヶ原以後は家康の息子結城秀康の客分になり、
木ノ芽峠の茶屋番兼関所役として福井藩の扶持米を貰って江戸時代を過ごした。」
とのことでした。

そういえば当ブログで5年前にも紹介しました。そのときはNHKの新日本風土記での放送でした。番組の中で若いうちは継ぐのがイヤで各地を転々としていたけれど父上が倒れたので跡継ぎに戻ってきたと語っておられました。また息子さんが敦賀までは戻ってこられたとのことでした。今はどうなんでしょう?仮に継がれるとしても前川さんがお元気なうちは入られないでしょうね。

テレビ東京の番組「ナゼそこ?」(いまなら左記サイトで無料配信やってます)

ただいまブログランキング アタック中です。
ワンクリック↓をお願い申し上げます。日々更新の励みになります。

岐阜県ランキング
関連記事

[2020/04/25 00:00] 自転車 | TB(0) | CM(6)

似た番組?

私のパソコン環境がよくないのか、
この番組の再生はできなかったです。
でもそっくりの番組は録画していました。
築500年の萱吹きの家をタダで借りて住んでいる
一家4人の話です。もうすぐ子供の1人は
結婚して、もう1人は就職して家を出ます。
また新婚に戻った夫婦を紹介していました。
生活水を山から引いてくるというすごい家族
でした。
[2020/04/25 14:39] matsubara [ 編集 ]

その番組です

matsubaraさん
まさにその番組です。
おっしゃられたレンタル茅葺き家族の前に紹介されました。
番組的にはこちらのご家族の方が共感を得られるでしょう。

峠の茅葺き家屋の方は自称なので、どこまで事実かわかりません。
しかし、あんなところに代々住み続けているのは驚異です。
[2020/04/25 18:39] 峠おやじ [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2022/03/04 21:58] - [ 編集 ]

ご冥福をお祈りします

Tさん、コメントありがとうございます。

そうですか。前川永運さんが亡くなりましたか。
しかも3月1日とは私の父と同じ命日です。
父は1995年3月1日に亡くなり、
前川さんに木の芽峠でお会いしたのは1999年10月23日でした。
どちらも20年以上前で、隔世の感があります。

そういえば、昨年9月25日にBS-1で放送されている「チャリダー」という番組で「歴史街道in福井」と題して狂言師・茂山宗彦さんが自転車で木ノ芽峠に行かれました。峠直下から前川さんの愛犬に向かって
「きょうげんでは犬はこうやって鳴く」「びょう、びょう、びょう、びょう」
と大声て叫ばれました。峠まで登り、前川さんと対面すると
「変な声を出していたのはあんたか」
言われ、場が和んだ映像が流れてました。

そのときの録画を見直し、半年前はまだ健在だったのにと思いました。


前川さん、長いことおつかれさまでした。
ご冥福をお祈り申し上げます。



[2022/03/08 08:12] tougeoyaji [ 編集 ]

木の芽峠の主

峠の歴史(主の話)は、限りなく本当です。越冬は、生きるか死ぬかの自然環境、中途半端な四駆(4輪チェーンでも)、単身前進は、絶対止めて下さい。
[2024/01/09 17:04] mld29674@Gmailnejp シバ幸 [ 編集 ]

Re:木の芽峠の主

シバ幸さん、
ずいぶん前の記事にコメントくださり、ありがとうございます。

中途半端な四駆(4輪チェーンでも)でスキー場より上にある
木の芽峠にこの時季アクセスするお馬鹿さんがいるわけですね。

自己責任の度を越えてます。登山でもそうですが、
遭難したときレスキューする者のことを想定してください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/3313-174ee5cc




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>