黄色の花が咲く珍しいツバキです。

黄花ツバキといえば、私がツバキ好きになったころに中国から入ってきた.金花茶(きんかちゃ)が有名で、唯一無二と思っていました。その後ベトナムも含めて何種類かの黄花ツバキが発見されたそうです。

それから30年が過ぎ、園芸店に下の黄花ツバキが並んでいるのを見つけました。
年末に購入し、今月2月にやっと開花しました。

初黄(しょこう)といい、金花茶と鴫立沢(しぎたちさわ、西王母の実生選抜種、白花)の交配種だそうです。




黄というより白に近いクリーム色というような色合いです。

花は筒咲きで横から見ると侘助のようにも見えます。



原種の金花茶は寒さに弱いそうですが、この初黄(しょこう)は金沢原産・西王母(せいおうぼ)の血が入ったことで耐寒性が増したそうです。それでも雪降りの日に葉に積もった雪を放置したら霜焼けのように赤くなってしまいました。やはり寒さ対策はしておいた方が良いようです。

それから年末に購入しましたが開花は2月になりました。西王母だったら10月から咲き始めます。付いているタグのように12月から咲いてくれると嬉しいのですがねえ。

 人気ブログランキングへ
関連記事

[2017/02/25 17:53] 園芸 | TB(0) | CM(2)

黄色い椿は大変珍しいですね。
京都の椿寺と言われる霊鑑寺で
見たことがあるような、
ないような・・・
30年も前で忘れかかって
います。

白の朴伴は価値も知らず夫が先日
植えていました。
通りがかりで買ったようです。
[2017/02/27 13:44] matsubara [ 編集 ]

30年前

matsubaraさん、おはようございます。

30年前といえば、ちょうど私がツバキを好きになった頃。
そして黄色ツバキが知られ出した頃でもあります。
そんな時分に京都の椿寺・霊鑑寺で見られたとは凄いです。

実際にくだんの金花茶もあるようです。
http://www.nagominoniwa.net/sakuin/tsubaki05.html

またご主人さまも何げに白朴伴を買われるのですから
通ですね。
[2017/02/28 09:40] 峠おやじ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2868-c592cd6d




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>