歴代キャンピングカーの使い道は自転車とスキーのお伴です。
自転車の積載方法は先日アップしました。

スキー関連では寒さ対策とか雪道対策を折に触れて書いてきました。
いよいよ今日は本丸、スキーの積載について発表します。
といっても基本的な積み方や結束・固定方法は変わりません。



前のキャンカーから外した取っ手をクローゼット(トイレルーム)の壁に固定します。
ドリルすんのかいが大活躍したことは言うまでもありません。

問題は高さです。私の頭がぶつかるくらい天井が低いので、今までのスキー板は長すぎて入りません(T_T)



昨シーズンの雪不足と体力低下で板を持て余すようになっていたので、
これ幸い? 短い板に換えました。

しかし、最近のスキーセットは安くなりました。
使う側もグレードなどこだわらくなりましたし、問題ないと思います。

 人気ブログランキングへ
関連記事

[2017/01/10 22:04] キャンピングカー | TB(0) | CM(2)

おめでとうございます

年も改まってもう 何日も経ちますが、今年もヨロシクお願いいたします。

自転車の固定で、「直にフックを掛ける勇気が無い」
・・・しょせん「道具」では? 自転車。
峠あさりの相棒、旅行の伴侶・・とも言えますが、
私は そこまで気を遣ってません!
(だからといって、ゾンザイには扱ってません。)
それでできた傷は 「味」 と思ってますから。
(失礼しました、モノを大切にするという心こそ尊いモノです)

スキー板、「クルマに合わせて短くするのは、かえって良い。」
滑れない私には、
「直進性とか どうなんだろ?」とか、
「またカラダを板に合わせねば」
な気がしますが、その辺は どうなんでしょう?

それにしても、自転車・スキーと、満喫しておられますね!!


[2017/01/12 00:51] とまぢふ [ 編集 ]

とまぢふさん、今年もよろしくお願いいたします。

私はサイクリングにのめりこんだのがマニアのお店でしたから
自転車は鑑定団のごとく宝物とか魔物に近い存在でした。
http://tougeoyaji.ciao.jp/Wandervogel.htm

したがって極端な話、いつまでもピカピカにしておきたいのが正直なところです。しかし元々が加減な人間ですから完璧なマニアにはなりきれず、走りの中で傷つくのは是としております。


最近のカービングスキーは昔ほど長くなくても良いのが第一点。
次に筋力・瞬発力の衰えに対して短い板の方が振り回しやすいのではと思ったわけです。この選択が吉と出るか凶と出るか今シーズンが楽しみです。


[2017/01/12 21:20] 峠おやじ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2843-408c1db9




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>