FC岐阜のラモス監督が解任されました。

2014年に人気アップ、成績向上を目指して監督に就任。
元日本代表の川口能活GKや三都主アレサンドロら人気選手を連れてくるなど話題性で全国的に注目を集めました。

しかし成績は1年目が17位。昨年が20位と低迷し、今年も出足は良かったものの現在18位。仮に下部リーグとの入れ替えがあったとしても、傷がつかないよう早期に対処したのではないでしょうか? 

決定力が足りないとか色々言われていますが、これからは広島カープや日本ハムのように自前の選手を育て上げる地道なチーム作りが必要ではないかと思う次第です。



このラモスバスもこれから見られなくなると思うと残念です。

ここまでFC岐阜を盛り上げてくださり、ありがとうございました。

 人気ブログランキングへ
関連記事

[2016/07/22 13:00] スポーツ | TB(0) | CM(2)

お疲れさまでした

1年目の開幕当初は「1位」 にもなって、
「これはいける!!」 と思ったのに、終わってみれば 17位。

ラモスさんは NHK朝ドラ 「さくら」 で岐阜県に縁ができてて期待してました。
有名な選手も投入して、FC岐阜は注目を浴びたのに・・。

やっぱり、「勝ってこそナンボ」の世界、しかたないんでしょうね。

初年度に 11人、今年度は 15人もの選手を投入(入れ替え?)したのに、この結末。
プロスポーツに全く詳しくない私ですが、こんなに移動がハゲしいものなんでしょうか? サッカー。他のスポーツも そんなモン?

「自前の選手を育て上げる地道なチーム作り」
これって大切なことでは?
でも、弱すぎる選手ばかりじゃねえ。。。


[2016/07/23 17:04] とまぢふ [ 編集 ]

異動

チーム作りって、人の和も大切ですから
そんなに大量に替えるのは違和感があります。
会社の社員でもそうですよね。
金融機関でも異動は2~4年スパンです。

それだけ異常事態なのでしょうか?
[2016/07/24 10:56] 峠おやじ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2797-0bdadfd4




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>