大相撲の北の湖理事長が亡くなリました

北の湖は現役のときは恵まれた体で怪童と恐れられ、21歳の若さで第55代横綱になりました。第54代横綱輪島とともに輪湖時代を築きました。圧倒的に強いのとふてぶてしい所作で、朝昇龍のような存在でした。現役時の実績から大鵬に次いで一代年寄「北の湖」を贈られ、部屋を創設し、そののち理事長にまでなりました。

現役時代はあまりの強さと昭和28年(1953年)生まれの人気力士・麒麟児、栃光(後の金城)、2代目若乃花(間垣親方)となった若三杉、大錦とともに「花のニッパチ組」と呼ばれました。かくいう私も同い年ですから当時は鼻が高かったです(^^ゞ

お相撲さんは短命な方が多いですが、先だっての貴ノ浪といい、無理に体を太らせて相撲をとる不養生が命を縮めるのでしょうか?

彼の場合は長期間要職にあったことによる勤続疲労とも思えます。合掌です。

 人気ブログランキングへ


関連記事

[2015/11/21 00:08] スポーツ | TB(0) | CM(2)

急でしたよね。
白鵬関の猫騙しで苦言を呈していた矢先なのに。
現役時代に体のアチコチを痛めて引退した後、何がしかの故障は持ってるんでしょうね。
[2015/11/21 14:38] ジャン [ 編集 ]

ジャンさん、
「猫騙し」報道のあと、すぐでしたもんね。驚きました。

[2015/11/21 22:00] 峠おやじ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2713-b6ce7e2f




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>