長良川温泉の続きです。「手湯」があるならもっと一般的な「足湯」もありそうなものですね。
ありますよ。ちょっと変わった形で。ホテル石金の隣、路地のような場所です。
なんだこれは、陸に上がった舟ではあーりませんか。



そう、川舟の中にお温を満たして足湯にしているのですね。目の前の川で鵜飼が行われますから鵜舟を連想させます。グッドアイデアです。長良川温泉の泉質、鉄の色(赤茶色)が出ても木の舟なら元々が茶色ですから、大した変色もしません。舟のへりに腰掛けると足湯にピッタリのナイスサイズです。

ということで、先週の鵜飼ミュージアムの帰りに家族で入ってきました。ぬくぬくと暖かく5分も入っているとポカポカして暑いくらいです。

それで味をしめ、先週末の歓送迎会(by保養所)に行く途中で足湯に入ってみました。一緒に入った同僚も喜んでいました。帰りにまた入ろうとしたら、お湯が抜いてありました。さすがに20時過ぎは管理上無理があるようです。

 人気ブログランキングへ
関連記事

[2015/10/15 00:43] 旅行 | TB(0) | CM(3)

お!^^

おひさです。
足湯は簡素なそれだけれどあったかでいいですよね^^

[2015/10/19 11:24] Hikaru [ 編集 ]

足を浸してるのは息子さんとお嬢さんですか?

間山峠ですが、自転車を停めた写真が山城の大堀切に見えてしょーがないのです。
[2015/10/22 09:00] ジャン [ 編集 ]

Hikaruさん、ジャンさん、
お返事遅くなりました。
ここんとこ寒くなってきて足湯などほっこりしていいですよね。

出演者は女性ばかりです。
峠の鞍部は切通し状になることが多く堀切みたいに見えますねえ。
[2015/10/28 13:23] tougeoyaji [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2684-3b29b522




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>