上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

松原湖を出発し、JRで一番標高の高い駅、野辺山に行きました。
今回は・・・たぶん3度目です。



その野辺山駅前にSLのC56が静態保存されていました。




小型の蒸気機関車で愛称ポニー。高原を行く小海線にベストマッチのSLでした。

c56in koumisen
過去の鉄道写真雑誌などから拝借 m(_._)m

定番の撮影ポイント・JR最高地点に行くと、ドンビシャのタイミングで列車が来ました。
昔だったらC56だったでしょう(^^;)



次に行った清里駅にも、もう少しおめかしをしたC56が静態保存してありました。



梅小路機関区や大井川鉄道には動態保存のC56がありますね。

このC56、しごろくとかポニーとか言われます。
小さくても馬力があって長距離運行ができるからだそうです。



しかし小さいといえばC11やC12の方が小さいです。なにしろタンク機関車ですから。
それに較べてテンダー型機関車のC56は全長も長いです。
しかし屋根にあるふたこぶラクダのようなフォルムなどこの3車はよく似ています。

誕生の頃がどれも1930年代。昭和初期の大恐慌時代に地方ローカル線で小回りが利くように開発された車両だそうです。車体に石炭庫と水タンクを搭載したタンク式の機関車、これがC11とC12。

ほとんど同じ形ですが、C11はC12により1m以上長く、運転室とタンクの下に従輪が2つあって燃料なども倍積める代わりに重量が重かったそうです。外見上ではC11には除煙板(デフ)があり、C12にはないことが大きな特徴です。


某サイトから拝借 m(_._)m

上がC11、下がC12。

規格比較     C11形            C12形
全長         12,650mm            11,350mm
車輪配置      1C2               1C1
動輪直径      1520mm            1400mm
運転重量      66.05t              50.00t
動輪軸重      最大12.40t           最大10.90t
燃料積載量     3.00t               1.50t

C56はその軽いC12のタンクと従輪を取り外し、テンダーと除煙板を取り付けて作られたものだそうです。
郷愁を誘うSLの話でしたので長々と解説を垂れました m(_._)m

 人気ブログランキングへ

関連記事

[2015/09/11 00:00] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

モノクロでレトロな雰囲気が出ましたね。
ベストショットです。

野辺山天文台に行った時、この駅は日本一高い
ところにあると言うので、駅舎を見に行きました。
団体バスでしたので、駅は利用していません。
SLのことは知らなかったです。
[2015/09/11 12:18] matsubara [ 編集 ]

SLホテル

matsubaraさん、私ごときがこんな写真を撮れるわけがないです。昔雑誌に載っていたかなり有名な写真です。

野辺山駅前に静態保存されている車体の経歴の碑を撮りましたのでアップしておきます。SLホテルにもされていたようです。って、私、たぶん見たことがありますよ。
[2015/09/11 22:10] ナワ~ルド@峠おやじ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2648-02812c73




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。