記録的な日照不足の8月が終わりました。
その影響は野菜の値段高騰だけでなく、熊の出没も多くなるようです。餌のドングリなどが大凶作だからだそうです。

日照不足と来れば、私んちは真っ先に太陽光発電に影響します。



8月は例年160~200kwh発電してます。それが今年は124kwhと冬のような体たらくです。それでも業者試算並みの節減効果(金額)になったのはタイムプランに変更したせいとLEAFto Homeのおかげでしょう。

そこでLEAFto Home効果を確かめるために独断と偏見で作っているリーフ車計簿を見てみましょう。



7月と較べても、さほど節減効果(金額)は落ちていません。太陽光発電の節減効果が業者試算以上(12.140円)を維持し、リーフの節減効果が4,000円以上出てくれればいいのかなと思います。LEAFto Homeのページにも同じような金額が出ていますし。

PS.
LEAFto Homeといえば停電時にも給電できるのが強みのはずでした。今回はブレーカーが落ちただけでしたから、本領発揮できませんでした。そこで有事に慌てないようにLEAFto Homeの取説を読み直すとともに該当部分をコピーして配電盤付近に置いておくことにしました(^^;)

 人気ブログランキングへ
関連記事

[2014/09/05 11:58] リーフ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2410-d950e7e3




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>