6月のなかば、岐阜小学校の南側校門前で「校舎内に爆弾を設置した」と書かれた紙が見つかったため臨時休校にする騒ぎがありました。(岐阜新聞より

19日午前7時10分ごろ、岐阜市大工町の岐阜小学校(児童335人)の南側校門前で、「校舎内に爆弾を設置した」などと書かれた紙を近所の男性が見つけ、教員に届けた。学校は児童の登校を見合わせるよう保護者にメールを送り、臨時休校とした。岐阜中署が校内を捜索したが、不審物は見つからず、威力業務妨害の疑いで捜査している。

紙を拾った男性(75)によると、A4サイズの薄茶色の紙1枚に、筆ペンで学校の爆破を予告する内容が縦書きで書かれていた。三つ折りにして、宛先のない白色の封筒に入っていた。「大人が書いたような字だった」と言う。同校は児童の安全を確保するため、20日も休校にする。服部吉彦校長は「子どものケアを第一に考えていきたい」と話した。


今月(7月)初めにも同様の爆破予告があったため校内を捜したが不審物は見つからなかったという。(中日新聞より

2日午前7時20分ごろ、岐阜市大工町の岐阜小学校(児童数335人)で、「爆破を予告する」との内容が書かれた紙数枚を、出勤してきた女性教諭が見つけた。登校児童をグラウンドに待機させ、岐阜中署員が校内を捜したが不審物は見つからなかったため、通常通り授業を始めた。岐阜小では6月19日朝にも同様の紙が見つかっており、署は同一犯の可能性があるとみて威力業務妨害容疑で捜査している。署と学校によると、1日午後9時半ごろに、最後の教員が帰宅した際、紙には気付かなかったという。

昨日、月曜日の朝にも学校の近くをパトカーが赤色灯を点けて走っていった。また爆弾騒ぎかと、小学校の正門を見るとパトカーが2台止まっていました。



その後、ニュースも流れなかったところを見ると単に警戒に当たっていただけかもしれません。

岐阜小学校は旧金華小学校と旧京町小学校が合併してできました。金華小学校は大叔母が長いこと勤めていましたし、京町小学校は父の出身校です。私の勤務先からも近いので、毎朝通学する児童とすれ違うのが楽しみでもあります。

そんなところに俄に起こった爆弾騒ぎ、困ったものです。

 人気ブログランキングへ
関連記事

[2014/07/15 20:25] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2372-ae4d2b29




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>