キャンピングカーのトラブルで一番多いのはバッテリー関係です。

納車後4日目にして、サブとメインの両バッテリーとも昇天。あり得ないことです。後にビルダーの配線ミスとわかりました。

配線の改善後も3年に一度はメイン・サブとも交換することが続きました。

キャンカーを購入して18年経った昨年の12月、劣化バッテリを復活させるパルス充電機という記事を見つけました。

再利用で使っていたバッテリー非力なのがわかったため、もう一度載せ替えたバッテリーをこの充電器で何度か充電していたら、だんだん性能が戻ってきているようです。

AC-DelcoのAD-0007充電器

こんなことなら非力だと思ったバッテリーも再生したのにと今さらながら悔しがっています。

要はバッテリーは自然放電があるので、大事に保管してるより積極的に使い、こまめに充電する方が長持ちするわけです。

ちなみに若い頃、通勤に使っていた三菱Σ(シグマ)は7年間バッテリーを替えたことはありませんでした。平成初期に乗っていた三菱シャリオもバッテリー交換した覚えがありません。

そこで年末以来バッテリーを毎日充電することにしました。キャンカーから外して再利用しているバッテリーとキャンカーのサブバッテリーをパソコン駆動に交互に使用、ナイトタイムに充電を毎日繰り返しています。

こうすればデイタイムの電気代節約とバッテリーの延命。一石二鳥になるというものです。

 人気ブログランキングへ
関連記事

[2014/03/19 00:49] キャンピングカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2281-b9dc21b3




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>