本日は父の祥月命日。亡くなってからはや20年。回忌でいうと21回忌。
1995年3月に亡くなりましたから・・・合ってますよね(^^;)
ということで、お墓参りのあと、母との会食です。

たまにはいつもと違うところに行きたいので、前から気になっていた
もつ鍋 信長 本店に行って来ました。



場所は岐阜公園の南端、岐阜市美術館と名和昆虫博物館の隣にあります。お店の駐車場が若干離れた、初めて行くにはわかりにくいところにあるので、開店前にお店の前(3台分)に車を停めました。脚の悪い母を歩かせるわけにいかないですからね。



少し待つと、やがて開店。玄関にある樽酒はなんと「織田信長」そんな酒あったのですか?岐阜駅南側にある酒屋さんのようです。地元民なのに知りませんでした(~_~)

玄関から入ったところに、甲冑が飾ってありました。



西洋胴丸風の甲冑です。岐阜駅前に立てられた金ピカのものもこんなような形をしています。信長がこういう甲冑だったかどうかは本当のところはわかりません。しかし大方のイメージとしてはこういう形に定着してるようです。横に客寄せの熊手が置いてあるのが可笑しいです。

その甲冑置き場が枡形になってクランクしたところにもう一枚自動ドアがありました。ここはお城か?自動ドアは櫓門か?

そしてその自動ドアには「天下布武」の文字。信長アイテムですね(^^;)入り口カウンターに置いてある神棚が熊手と同じく笑えます。しかし商売繁盛も楽市楽座など経済力と武力で天下統一を狙った信長らしいキーワードではあります。



レストラン店内は暗いです。掘り炬燵風のテーブルで脚が悪い母もこれなら大丈夫です。



店内は静かな音楽が流れていました。初めて入ったお店だったことや、店内が暗いのもあって、何の音楽かどういう調子のものだったか全く覚えていません。たぶん舞台装置としての「信長」さんに、してやられていたのでしょう。

長くなったので食事編は明日にします。

 人気ブログランキングへ
関連記事

[2014/03/01 22:02] たべあるき | TB(0) | CM(2)

景虎ならともかく、信長という銘酒は知りませんでした。
この店、店主が織田さんで、スタッフが柴田さん、明智さん、羽柴さん、丹羽さん、滝川さん、佐久間さんといった御仁たちでしょうか。
お酒は甕をカチ割って柄杓でいただくとか。
食事編が何だか楽しみです。
[2014/03/02 14:33] ジャン [ 編集 ]

ジャンさん、どうなんでしょ?

天守が信長さんで、スタッフは勝家さん、光秀さん、
秀吉さん、長秀さん、一益さん、信盛さんかも?

私ゃ下戸ですので、まさか織田信長なんて酒が
あるとは存じませんでした。
もちろんお酒も頂きませんでしたよ。
[2014/03/02 15:12] 峠おやじ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2265-3a56e2e7




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>