聾唖(ろうあ)
ウイキなどによりますと、

聾者(ろうしゃ)とは、聴覚障害者の一区分である。聾唖者(ろうあしゃ)ともいう。
聾唖(ろうあ)の「唖(あ)」は、しゃべれない事を意味する。昔は、音声言語を獲得することが不可能だったため、「耳が聞こえない」ならば「しゃべれない」という命題が成り立っていた。しかし、現在は

1.口話法・高性能の補聴器・早期訓練などによって、訓練すればある程度はしゃべれるようになった。ただし、聴者と全く同様にはしゃべる事は出来ない状態にもなる。「車椅子の人が立って、なんとか歩ける場合もある。しかし『健全』者と全く同様に走ることはできない。」というのと同じ。

2.「音声言語」ではなく「手話」でならしゃべれる(意思疎通が図れる)。
ということもあり、『ろう』という言い方が一般的になった。全日本ろうあ連盟の名称は、『ろうあ』という言い方が一般的だった時代の名残である。


だそうです。

日曜日に高鷲スノーパークで朝リフト券を買ったとき、あさいちなので長蛇の列になっています。私は早割リフト券を用意してあるのでシニア料金より安く、しかもダイナとの共通券です。だからどうこう言わなくてもさっさと1日券が貰えます。

高鷲スノーパークのセンターハウス

しかし私の前に並んでいた一団は異様でした。みんな手話でやりとりしています。耳が聞こえないだけか?しゃべれないだけか?よくわかりません。とにかく男女取り混ぜて6人います。これは時間がかかるなと覚悟して見てました。

最初の人たちの様子を見ていると、障害者手帳を出して、リフト券売場の人とやりとりしています。まずは手帳を見せないと、会話になりません。受付の人が手話ができれば最高ですけど、できなくても料金は電卓を見せてやりとりしてました。マニュアルなどがあるのかもしれません。また障害者はシニア料金になるのかもしれません。

彼らは手話をしながら
「あー」とか「うー」とか
聞き取れない発声をしてました。

そんな様子を見ていたら、例の佐村河内氏のことを思い出しました。

20歳頃までは聞こえていたので日常会話は問題ないとか・・・
しかし、呂律が少し回らない程度にしか思えませんでしたし、
最近回復したというのも疑わしいです。

だって、ふつうは加齢とともに衰えていくんだよ。
私ゃ、テレビの音が聞き取りにくくなったもん(ー_ー)

 人気ブログランキングへ
関連記事

[2014/02/19 00:07] 健康 | TB(0) | CM(2)

TV放送を見てる限り とても身障者とは思えませんでしたよね
見てて なにこれ~!と腹が立ってきました(笑)
ナワさんが スキー場で会われた方々は 多分 生まれつきで
微弱な音も拾えない方々でしょう

ファミリーでスキー楽しそうです
ととろも一緒に愛嬌を振りまいてますね♪
[2014/02/19 20:28] おかーさん [ 編集 ]

ありがとうございます

おかーさん、
クラシック好きな私としては不思議と注目してなかった
人ですから、腹が立つほどのことはなかったのです。
現代音楽に近かったからでしょうか?
奇をてらったようなものは不快に思うだけです。

世間が騒がしいので、話題に遅れない程度にしか
見ませんでしたが、健常者だろうなとは思いました。

家族で行っても娘だと弾けますね。
息子とだと多分ストイックな方向に走るでしょう。
しゃあないですね(~_~)
[2014/02/20 00:13] tougeoyaji [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2257-fccdc3e7




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>