水琴亭(すいきんてい)は岐阜市でも一二を誇る老舗料亭です。



私の勤務先の真ん前にあるのに今まで行ったことがありませんでした。
最近懇意にしている高校の同窓生の新年会で行けることになりました。

御鮨街道(おすしかいどう)に面した一角に、こんな粋な板塀の門構えのお店があります。



平屋の玄関から屋内に上がり、仲居さんの案内で廊下を折れ曲がりながら進みます。お茶室とかトイレとか何室かの前を過ぎ、食事をする部屋に着きました。



部屋は市松模様のふすまと寺院のような飾り窓があります。

HPの説明書きから、ここは「雪月花の間」と思われます。
下の写真の最後にあるのが欄間です。ここに開けられた造形が雪と月と花
この部屋の名前の由来「雪月花」になるのだそうです。



この部屋の前にお庭が広がっています。
池とか石とかの凝った造りではなさそうです。
庭木類の配置とかバランスは考えられているようです。



食事を紹介する前に施設関係を先に書いときます。
トイレです。床のタイルが粋です。
しかし小便器を自動洗浄にするなら先に洋式便器に替えて欲しかったです(~_~)



話の展開上、先に食事後の画像を上げます。

例の「雪月花」の欄間、廊下、お茶室、玄関、門ですね。



ここって、ネーミングから水琴窟があるかのように思いましたが、実はないそうです(~_~)
肝心の食事は明日アップさせてもらいます。

 人気ブログランキングへ
関連記事

[2014/01/12 00:03] たべあるき | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2216-a52db329




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>