スキーを早めに終えましたが、P泊地に行くには早すぎます。

さて、どうしょうと、女房が栂池スキー場のパンフを見ていて、聞いてきました。
「ここ、どぉ?塩の道とか百体観音って?」



塩の道といえば、15年くらい前に自転車で辿ったとき、そんな場所を訪問した記憶があります。

「おおっ、そこは広場があって雰囲気いいよ!」
ということで、行ってみることにしました。



以前来たときはもっと広かったような感触です。ひょっとすると別の所だったのでしょうか?しかし案内板には村内では他にないと書いてあります。そりゃあ、そうでしょぉ。これだけの代物を造って集めるのは容易なことではありません。







一番大きな、お地蔵さんの台座には安政5年の銘が彫ってあります。福沢諭吉が蘭学塾(慶應義塾の前身)を創立した年だそうです。



百体観音の前には栂池スキー場が広がっていました。あまり雪に覆われていない初冬の風景でした。

 人気ブログランキングへ 
     ↑
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

[2013/12/10 01:04] 歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2183-4a79b938




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>