これはキャンピングカーのマフラー交換が終わったときの画像です。



排気管の排気口は車体の下です。それを少しでも補おうとして付けた下向きのマフラーカッターも錆び付いてご覧のような状態です(ー_ー) そこで購入当初のように車体後部ギリギリまで排気管を伸ばす工作をディーラーさんを通じて板金屋?さんにお願いしました。

その結果できあがってきたのが下の写真です。



確かに排気管は伸びてはいますが、車体下にとどまっています。ディーラーによりますと、
「そのまま伸ばすと最後部に付いている器具(車体リフトアップ固定装置)と干渉しそうなので止めた」
とのこと。

「何言ってんの!そういうときは聞いて来いよ。その装置は錆び付いていて使ってないから、そのまま伸ばせば良かったんだよ。途中で止めたら工作した意味ないじゃん。何で尋ねもせずに勝手なことするの!」

そのとき言えば良かったのですが、メーターが動かなくなった時点でかなり嫌気がさしていたので、言う気力も湧きませんでした。

下の書類が工作費用です。マイナスは使う予定のものを使わなかったからとのことでした。

マフラーテール修理

このままではディーゼルの臭い排気が相変わらず車体下に出続けます。そこで新しい下向きのマフラーカッターを調達することにしました。

左側が今まで付いていたやつ、右が新しく調達したやつ。こんなコケオドシの連装管は不要なのですが、車外に出そうな長さのものを探すとこういうものしかなかったのです。



装着すると、こういうことになります。

これでもまだ車外には出てません。しかし、かなり下向きに噴射しますから少しはマシです。ただ今度はデコボコ道などでマフラーカッターをヒットするおそれがあるのが難点です。



最近ましになってきたかなと思った三菱さんでしたが、久々にやっちまったなです。後から考えると注文通りできていないって差し戻しするのが正解だったと思います。文句つけるほど情熱が無くなっているのが正直なところです(ー_ー)

 人気ブログランキングへ 
     ↑
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。

関連記事

[2013/11/04 00:00] キャンピングカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2152-dbd832f7




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>