とうとう楽天が優勝してしまいました。

もとは近鉄バッファローズでしたね。中日から行ったブライアントが大活躍したり、野茂英雄や中村紀洋がいたり、優勝回数4回とけっこう名門球団だったと思います。それが2004年にオリックスとの合併話からもつれにもつれ、一部の選手が新球団へ移行して楽天球団ができました。そのときライブドアも加わってのすったもんだが記憶に残っています。

新球団の監督は田尾安志。大学の同期だがね。基本戦力が不足、親会社がケチなのも相まって歴史的大敗を記録。その後野村克也、星野仙一と阪神建て直し監督コンビでチームの戦力アップを図り、今シーズン、初優勝にこぎつけました。
楽天優勝
NHKニュースより
楽天 初のパ・リーグ優勝
9月26日 21時54分

プロ野球の楽天が26日、球団創設9年目で初のリーグ優勝を決めた。

 優勝マジックを「2」としていた楽天は同日、西武(西武ドーム)と対戦。4-3と1点リードして九回裏の守りに入る直前、2位のロッテが日本ハムに敗れ、マジック「1」となった。

 この場面で楽天の星野監督は、開幕22連勝中のエース田中を抑えとして投入。田中は内野安打、四球などで1死二、三塁と一打サヨナラのピンチを招いたが、連続三振で切り抜け、プロでは初となる優勝を胴上げ投手で飾った。田中のセーブは4年ぶり。

 中日、阪神に続き3球団目となるリーグ制覇を果たした就任3年目の星野監督は、選手らの手で7度、宙を待った。

 楽天は球界再編が起きた2004年オフに仙台を本拠地に誕生した。1年目の05年は38勝に終わったが、野村監督が率いた09年に2位に入り、初めてクライマックスシリーズに進出した。

 楽天は10月17日開幕のクライマックスシリーズ・ファイナルステージで、2、3位チームによるファーストステージの勝者と日本シリーズの出場権を争う。


引用終わり

さて、まだクライマックスシリーズが終わらないと、日本シリーズへは行けません。星野監督のことですから日本シリーズへは行けるでしょう。しかし日本一は無理でしょう。中日でも阪神でも何度か優勝させてます。それでも日本一になったことがありません。そしてオリンピックでも活躍できませんでした。

たぶん星野監督はチーム作りとか熱血指導などで長いスパンでは成功するけれど、短期決戦には向いていないのでしょう。星野さんは気分で動く人であって、落合監督のような目標に対する理論とか非情さがないからだと思います。

 人気ブログランキングへ 
     ↑
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

[2013/09/29 00:03] スポーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2116-0cc59473




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>