人気ドラマ「半沢直樹」が終わってしまった。
今年の流行語大賞はNHK朝ドラ「あまちゃん」の『じぇじぇじぇ!(‘jjj’)/』とばかり思っていたら、途中から視聴率をどんどん伸ばしてきた「半沢直樹」の『倍返し』が取りそうな勢いである。

なにしろ、毎回絶体絶命になりながらも起死回生の策で切り返し、胸のすく啖呵を切り続ける主人公・半沢直樹が水戸黄門のようで面白い。

私ら銀行員から見ても、デフォルメしすぎだったり、ああいう動きはちょっとなあというところはあるけれど、みんながあんな風に言えたら、気持ちがいいだろうと思っている。だから受けるわけだ。

昨日の最終回も諸悪の根元・大和田常務と取締役会で対決し、ついに100倍返しに成功する。そして大和田常務に念願の土下座をさせ、大勝利した。

これで気持ちよく終わったと皆が思ったことだろう。ところがそれに対する処分は大和田常務の平取締役への降格と半沢次長の出向という正反対の処分だった。それを頭取じきじきに言い渡した。

いかにも銀行(組織)らしいと思ったね。銀行(組織)にとっても不祥事を穏便に済ませられれば、それに越したことはないし、大和田と半沢の確執もある意味個人的な問題である。

土下座なども喧嘩沙汰の結果に過ぎず、取締役会の席上でやるのは明らかに行きすぎである。だから喧嘩両成敗なのだ。

そして、頭取が言っていた「個人的な思い」とか駆け引きや、実際の銀行や組織としての落としどころなど、頷けるところが多かったなあと思う。良いとか悪いとかの話ではない。なさそうでありそうなストーリー展開にである。

面白かった。出向した証券会社で奮闘する半沢直樹がテレビでまた見られるような気がする。

 人気ブログランキングへ 
     ↑
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

[2013/09/23 00:00] 時事ネタ | TB(0) | CM(2)

どっちが悪者?

 おはようさんです。

 さっきテレビに愛之助さんが出てまして、「おねえ言葉やからて黒崎を悪者に見ないで。半沢の方が証拠資料を隠したりして悪い。」て言うてました。

 それと、まえださんとこにも書いてたんですが、家で「貸し倒れ引当金の積み増し、転貸て意味わかってんのか?」て質問しましたが、「面白かったら言いねん。」て言う返事でした。
[2013/09/23 10:33] ワシはGT。 [ 編集 ]

マンガチックです

それぞれの立場で良い悪いは逆転します。
「世間の常識、銀行の非常識」
なんて言葉も昔からあります。

「貸し倒れ引当金の積み増し、転貸」
専門用語は検索してもらった方が的確な説明があると
思います。

しかし、あんな銀行員いてますかいな?
というのが本当のところです。

[2013/09/23 21:45] ナワ~ルド@峠おやじ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2109-efe1ae79




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>