fc2ブログ







今回の強制休暇でいちばん心に残った写真です。



5月27日の日誌にも書いた奥羽本線の板谷駅には懐かしいスイッチバックが残っていました。山形新幹線つばさの写真などひととおり撮り終わり、さあ出発というところにランドセルを背負った子供達が来ました。これから通学するところのようです。残雪の山をバックにした絵は情感たっぷりでしたので、思わず写しちゃいました。

ここ板谷駅は街道の宿場で、それなりの町もあります。地図で見ると学校マークもあります。でも調べてみたら、平成17年3月に板谷分校は休校になったようです。それから板谷の子供達はずっと鉄道で通学しているのでしょう。大変なことです。

しかし、この光景を見ていて、ふと私が想いだしたのは亡き父の言葉でした。
私の父は高校時代に鉄道通学をしていました。国鉄の車掌だった祖父の鉄道に乗って通学していました。祖父が亡くなる直前のいちばん良い時期でした。そんな父は
「学校へ行くのも歩いて行く者、自転車で行く者などいろいろだったが、いちばん柄が悪かったのは鉄道通学者だ。行き帰りに色んなところへ寄り道できるからな。」
問わず語りに話してくれたものです。

高校生ともなるとそうなるのでしょうが、飛び道具が増えるほどいろいろな可能性が増えるので頷ける話です。私も高校時代は自転車通学でしたから帰りに友人と柳ヶ瀬へ行ったりしたものでした。そう、「柳ヶ瀬ブルース」の柳ヶ瀬ですよ(^^;)

板谷の子供達はよもやそんなことはないでしょうけどね・・・



あなたのクリックで愛の手を。
人気blogランキング ←ここ




関連記事

[2008/06/02 10:47] 鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>