久しぶりに甲子園の高校野球を見た。
何しろ開幕第一試合が岐阜の大垣日大高校の試合だからだ。相手は甲子園初出場の佐賀県有田工業。得てしてこういう高校が危ない。かつての大垣日大高校がそうだったように。

有田の4番でエースの立ち上がりは荒れ玉で的が絞れない。大垣日大のピッチャーはコントロール良く5回までノーヒットピッチング。そんななか、先取点は大垣日大。スリーベースヒットの走者をスクイズで返した。坂口監督らしい采配だった(写真は先取点の場面)。



その後も盗塁やエンドランなど脚をからめた攻撃で一時は3:0まで行った。

それが7回に1点を入れられた後、岐阜大会でやったように1年生のサウスポーピッチャーにスイッチ。ところがこれが失敗。コントロールが悪く、四球を出しては返される展開で3:5にまでなってしまった(写真は5点目の場面)。



同点になったところが替え時だったね。そして大垣日大も相手のエラーで4点目を取ったが、同点の走者をスクイズ崩れで失ったのが大きく、そのまま4:5で負けた。

残念、岐阜はもう終わってまった(ー_ー)

 人気ブログランキングへ 
     ↑
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

[2013/08/08 13:13] スポーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2060-d027e67b




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>