日曜日に行った奈良井宿、せっかくだからお店で食事したいと
山の会のリーダーからリクエストがありました。そう言いながらも
「蕎麦なんかうまくない。本当はソースカツ丼が食べたい」
などと注文が付きます。

木曽谷は蕎麦の本場であっても伊那谷のようなソースカツ丼があるかどうかわかりません。

そこで16年前、ニフティのランドナーオフのとき、贄川と奈川の間にある境峠の中腹で食べた
「とうじそば」なら鶏肉も入っているし、いいんじゃない?と探してみることにしました。



何軒かあるお蕎麦屋さんのお品書きを見ながら歩いていくと、
かなり最後(峠に近い側)の方でこんなお店が見つかりました。
メニューの右真ん中あたり「こころ音の名物、とうじそば」とありますねv(^^)



おお、あったあった。と早速お店に入ります。靴を脱いで上がったところにいろりがありました。
「いろりのそばにはぁ・・・あなたぁ~」はいません(^^;)

代わりに何だかわからないケモノの毛皮がいました。
そして帳場というかお会計兼配膳台、そしてテーブルなどの部屋が続きます。
ここはHPで確かめると奥に足湯もあるのだそうです(゚o゚)



そうそう、とうじそばでしたね。最初に食べたときも、一緒に走った人が知っていて、
美味しいよとのことで全員で注文しました。

その内容は・・・
蕎麦の汁を大鍋に入れて持ってきます。具は鶏肉や野菜などです。
蕎麦はわんこそばのように小分けにして持ってきます。
次に小盛りの蕎麦をラクロスのラケットみたいな竹篭(とうじかごと言うそうです)
にすくいます。



そのとうじかごを大鍋の汁に「しゃぶしゃぶ」よろしく軽く浸します。
そのとき一緒に汁の具をすくい取ってもかまいません。



その蕎麦をお椀に入れ、鍋の汁や具を蕎麦にかけて食します。
下が完成図ですね(^^;)



まあ、こんなステップですが、みんな初めての経験ですし、面白がって食べてくれました。
もちろんおつゆも美味しいと言ってくれました。

※投汁(とうじ)そば
蕎麦をつゆに浸すことを湯じといって、これが語源らしいですが、奈川とか境峠付近では「投げる汁」と書いてとうじと読んでいます。最初に食べた店や紹介してくれた人によると汁の中に「投じる蕎麦」だから「投じそば」と言ってました。何にしても洒落が効いたネーミングです(^^;)

 人気ブログランキングへ 
     ↑
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

[2013/07/17 00:00] たべあるき | TB(0) | CM(2)

おいしそう。

おはようさんです。

このおそば、美味しそうですやん。今年の夏開田高原か、乗鞍高原か、新穂高かて言うてますが、このおそば目当てに奈良井へ行ってから開田高原もいいですね。

乗鞍高原やったら、「昼寝してる間に、乗鞍自転車で行ってくるわ。」ていうてます。

最後に、その毛皮。ご禁制の「カモシカ」と違いますか。
[2013/07/18 11:14] ワシはGT。 [ 編集 ]

とうじそば

GT。さん、まいどです。

「投じそば」とか「とうじそば」で検索していただくと、
信州の多くのところでヒットします。
奈川が本場のようですが、開田高原や乗鞍高原にもあるようです。
甘めのおつゆで美味しいですよ。

おっと、いろりのそばにあるのはご禁制の「カモシカ」とな?
角がなかったのでわかりません(~_~)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2034-f847116d




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>