ベルンといえばスイスの首都です。
さほど大きくはないのでチューリッヒやジュネーブほど有名ではないですが、
町そのものが中世の佇まいを残していて、世界遺産に指定されています。



上の写真は大聖堂。ドームのような緑屋根が連邦議会議事堂です。
これらの写真はアーレ川の川べりにあるクマ公園から撮りました。



ベルンの名前はここを造ったツェーリンゲン公が狩りをして最初に捕まえた動物の名前を町の名前にしようと提案、最初に捕まえたのがクマbärenだったため、ベルンと名付けたそうです。

そんな町の象徴であるクマが飼われているのがクマ公園です。クマ公園前では電車などの架線の上に綱渡りをするクマのレプリカがありました。下の動画にも写っています。



のんびりしているクマが可愛かったです。

 人気ブログランキングへ 
     ↑
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

[2013/07/11 00:37] 旅行 | TB(0) | CM(2)

ベルンの熊はよく覚えています。

息子と久しぶりに会う予定が、突然の夏季休暇で
日本帰国となり、すれちがいでした。

大学でフランス語の単位少しとりましたので
モンブランの意味は存じていました。

[2013/07/11 21:11] matsubar.k@wh.commufa.jp matsubara [ 編集 ]

クマ公園

matsubaraさん
息子さんとすれ違いになって残念でしたね。

うちも弟がフランスのコルマー在任中には
営業店勤めだったので行けませんでした。

人生なかなかうまくいかないものです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2029-4bde7372




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>