サースフェーでミシャベルアルプスを見てから、本日のお宿、ツェルマットへ移動しました。

マッターホルンが見える麓の町としてあまりにも有名なツェルマットは内燃機関の車は進入規制されています。そこでひとつ前のテーシュでバスを降り、シャトル列車に乗ります。

アルプスの風景がきれいです。川には雪解け水が轟々と流れています。



ツェルマット駅には泊まるホテルから荷物のお迎えの電気自動車が来ていました。お客は町中を歩いてホテルまで行きます。何しろ40名のツァーですから、お客も一緒に運んでいたら日が暮れてしまいます。

日が暮れるといえば、これで現地時間の19時15分です。暗くなってもおかしくないのに緯度が高いのでしょう。21時頃でも結構明るいです。

泊まったホテルです。2階のテラスから撮っています。



ホテルに着いて早々に夕食になりました。前菜がトマトクリームスープ、メインがサーモン焼きに野菜パサパサのライス、デザートがレモンシャーベットでした。コーヒーは自分で付けました(旅行中、朝のバイキング以外は常に自分でオーダーしてます)。



食後、2階テラスからマッターホルンが見える名物橋を写しました。マッターホルンの頂上部分は雲の中でした。



これで22時少し前です。ビックリでしょ!ツェルマットは北緯46度。樺太付近に相当します。また標高1600mに位置しますから寒くて当然ですね。

 人気ブログランキングへ 
     ↑
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
関連記事

[2013/07/06 01:02] 旅行 | TB(0) | CM(3)

ボリューム

お腹足りましたかこれで?
[2013/07/06 09:46] ジャン [ 編集 ]

アイガーでした

全部拝見し、私たちの訪問先と少し違うことがわかりました。2007.8.30-31に書いているのですが、
ユングフラウとアイガーを観に行ったようです。夫は全く同じコースを45年前に行きしましたが、それは
スイスへ出張したからです。大方の観光地を出張のついでに見て回っていました。
もう6年も経っているのに今頃気づきました。4年くらいと思っていたのですが・・・

新婚旅行のリベンジができてよかったですね。
[2013/07/06 11:34] matsubar.k@wh.commufa.jp matsubara [ 編集 ]

通貨

ジャンさん、食事はもちろん
「足りませぬ」
おかげさまで大して太りませんでした。

matsubaraさん、
ドイツからスイス、そしてフランスと行かれたようですね。
スイスはユーロに加盟してない(永世中立国だから?)せいか、
スイスフランでした。
イタリアとフランスに少し入ると、お釣りはユーロでくれました。


[2013/07/06 19:20] ナワ~ルド@峠おやじ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/2024-08afa3c1




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>