今年の直木賞に朝井リョウ(あさい・りょう)さん(23)の「何者」(新潮社)が選ばれました。岐阜県垂井町出身、大垣北高から早稲田大学を出た社会人1年目での快挙です。平成生まれ初、戦後最年少での受賞だそうです。
岐阜新聞参照


いやあ、スゴイです。岐阜県出身者なのもそうですが、第一印象としてはとんでもなく若いと感じました。当たり前です。大学出たての新入社員ですからね(岐阜新聞参照)。

でも経歴を見ると5歳頃から物語を創作するようになったそうで(岐阜新聞参照)、同じ名前?の石川遼が子供の頃からゴルフをやっていたと同じようなDNAとか才能を感じます。

ゴルフの遼君は最近パッとしないですが、こちらのリョウ君は会社勤めは続けるそうですから、コンスタントに活躍してほしいものです。


人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです
関連記事

[2013/01/17 19:05] 時事ネタ | TB(0) | CM(2)

本当にお目出度いですね。
岐阜県出身では3人目ですね。
小島信夫、堀江敏幸さんに続いて・・・
[2013/01/18 15:56] matsubar.k@wh.commufa.jp matsubara [ 編集 ]

前のお二方はよく知りません。
やはり社会人になってからでないと一般常識は覚えようとしないみたいです。
[2013/01/19 21:35] 峠おやじ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/1843-7313df1e




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>