石垣島で聴いた三線で弾き語る代表的な曲です。

ユンタというのは、結の田植歌が転じたものといわれ、結(ゆい)は白川郷の合掌家屋の茅葺きを村民総出で葺き替えるときの合力などのことと同じように協力して作業に当たることです。

安里屋ユンタ(やいま宴)

動画に出てくるバスガイドさんも解説してましたが、田植えや屋根の葺き替えなども黙々とやるより歌を謡いながらやった方がはるかにはかどるので歌われ出したらしいです。



ユンタとはそういう歌らしいですが、安里屋ユンタにはそれなりの背景があるようです。これによると元々は竹富島の歌とのことです。歌詞にある「マタハリヌ チンダラ カヌシャマヨ」は八重山方言の古語で「また逢いましょう、美しき人よ」の意味らしいです。


PS.お知らせ
いよいよ本日になりました。
日時:2012年12月1日(土)午後1時~4時30分
第19回 名古屋地理学会・岐阜地理学会合同シンポジウム
でパネリストをさせてもらいます。
詳しくはこちら

       

ランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです

関連記事

[2012/12/01 00:41] 旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/1785-985dafda




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>