昨日は勤務先の保養所でお仕事の慰労会ディナーをやった。



保養所は1年前からリニューアルしていたが、新装して初めて行ってみた。
どこが変わったかはハッキリわからなかったが、料理は明らかに良くなっていた。
こんなメニュー板もヒッソリと立てられていた(^^;)



はじめに前菜の六種盛り、土瓶蒸し、季節のお刺身がプレートに乗っている。土瓶蒸しは冷めないうちに飲んじゃったけど松茸入りだった。他のものは内容がわからないので大写しにした。前菜には菜っぱの酢の物、いくらと???、シメジ、わかさぎの南蛮漬け、マス寿司、紫イモの生菓子だった。そして隣がカマスのウニ焼き。どれもいいお味だった。



サワラとカボチャの湯葉あんかけ。和風ステーキ。やはりステーキは美味い。



そしてシェフがその場で揚げてくれる天麩羅。エビ、白身魚、舞茸など。やはり揚げたてはいい。



カニ身と野菜の生姜ジュレ。話に夢中でよく覚えていない(^^ゞ
で、絞めのキノコご飯。デザートのシャーベットはゴマ味だった。



いまのところ少人数(8人程度)だとこういう形式で出すそうで、大人数だとホテルからのケータリングになるのでリーズナブルではなくなるとのこと。内容は2ヶ月づつで変えるそうだ。

ところで、何の話に夢中になっていたかって?
そりゃあ、この場にいない人の悪口だよね~、酒も入ってるし・・・


PS.お知らせ
日時:2012年12月1日(土)午後1時~4時30分
第19回 名古屋地理学会・岐阜地理学会合同シンポジウム
でパネリストをさせてもらいます。
詳しくはこちら

       

ランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです

関連記事

[2012/11/22 01:23] たべあるき | TB(0) | CM(2)

どれもとても美味しそうですね。
もしかしたらここは、窓を開けると
犬山城が見えるところではないですか。

ズラリと保養所が並んでいたような
気がします。夫が勤務していた会社の
ものもありました。(三菱重工)
でも行ったことありません。あのあたりと
教えられただけです。
[2012/11/22 08:15] matsubar.k@wh.commufa.jp matsubara [ 編集 ]

旧鐘秀館です

ここは先日matsubaraさんが歩かれた長良川沿いにあります。
川端康成の小説「篝火」に登場したという
「鐘秀館(しょうしゅうかん)」を
銀行が買い取ったもののようです。

詳しいことは入行前なのでわかりません。
[2012/11/22 11:11] tougeoyaji [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/1781-7723fea2




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>