先日の記事「ロケ地の校舎が全焼」ではないですが
木造の駅舎もはかないもののようです。

自転車のお仲間が書いてらっしゃるブログに昨日
木造駅舎は見つけたらすぐ撮れ
がアップされていました。

ビックリしました。
私ゃ、これより前、2002年3月に比津峠を越えたとき、
その麓にあるこの駅に結構感動したので写真に収めていました。



ここはJR名松線の比津駅
2009年の台風18号災害により家城~伊勢奥津間がバス代行輸送を行っていますので、
いつ廃止になってもおかしくありません。

お友達も代行輸送になってから
行ってみたら駅舎が既に建て替わっていたと言うのです。



ですから、こういう木造駅舎
木造校舎でも同じですね)
を見つけたらすぐ写真を撮っておけというわけです。




このときは無人駅であるのをいいことに
ホームまで上がって写してしまいました。



その後もやってますね。山形県、奥羽本線の峠駅で。峠駅と力餅ほか。


ランキングに参加しています。クリックしてもらえたら嬉しいです

     


関連記事

[2012/09/12 00:06] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

切ないホームですね。

この駅、秘境駅の部類に入ります?
そこまでいかないかな~。

いつ来るかわからない列車を待っているホームが切ないです。貴重な写真になるかも。廃止になったらまた取り上げてください。
[2012/09/12 20:14] ジャン [ 編集 ]

秘境駅?

そぉですねえ?
最寄りのインターからは2時間くらいかかるでしょうし、
奈良県との県境にも近い盲腸線の駅ですから秘境駅と
いってもいいでしょう。

終点の駅は昔の伊勢本街道(現在の国道368号線沿い)に面していて
この比津駅はその2つ手前の駅ですから街道筋からも離れています。
[2012/09/12 20:36] ナワ~ルド@峠おやじ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/1708-ac47d46a




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>