お昼のニュースを見てましたら、こんなビッグニュースが流れました。
イチロー選手がヤンキースへ

えっ、なんと!今シーズンは大相撲の白鵬のようにかつての輝きが薄れ、成績も低迷しているイチローですが、まさかヤンキースへとは・・・(記事全文)

大リーグ、マリナーズのイチロー選手が23日、ヤンキースにトレードで移籍することが決まりました。

イチロー選手は、大リーグ1年目から10年連続のシーズン200本安打を達成して大リーグ記録を作りましたが、昨シーズンは184本に終わり、連続記録が途切れました。大リーグ12年目の今シーズンは、開幕から3番に入りましたが、今月22日までで打率が2割6分1厘、ホームラン4本、28打点と成績が上がらず、打順も1番や2番に変わっていました。

イチロー選手のヤンキースへのトレードのニュースはアメリカの複数のメディアが速報で伝えています。トレードでヤンキースへの移籍が決まったイチロー選手について、マリナーズのハワード・リンカーン会長は、「数週間前にイチロー選手からチームの将来を考えて自分をトレードに出して若い投手を獲得してはどうかと申し出があった」とトレードの経緯を説明しました。


ということでイチローの談話は
「20代前半の選手が多いこのチームの未来に、来年以降僕がいるべきではないのではないか。また、僕自身環境を変えて刺激を求めたい、という強い思いが芽生えた」
とのことです。

そして早速マリナーズ戦にヤンキースの一員として出場し、初打席・初ヒット・初盗塁を決めてますから、アメリカらしいです。

ヤンキースにはかつて松井秀樹がいましたし、今は黒田博樹投手がいて今日先発しています。ヤンキースといえば日本の巨人のような存在ですから数々の名選手がいました。そのなかで存在感を出していくのは並大抵のことではありません。

巨人は他球団の4番打者やエースを札束でひっぱたいて連れてきたあげく、プレッシャーなどで寿命を縮めてポイ捨てするので「4番打者の墓場」とさえ言われます。思い出すだけでも張本、落合、ラミレスなど枚挙に暇がありません。

大リーグの場合はドライですから割と気軽にトレードなどあるようですが、やはりヤンキースとなると色々話題になります。井川慶投手のような名前負けした選手もいました。

イチローの場合は自分がしっかりしているので大丈夫でしょうが、頑張ってほしいものです。

「ビックリした~」と思われた方はクリックしてくださいね~♪
人気ブログランキングへ
    ↑
日々更新の励みになりますので、クリックをお願いいたします。

関連記事

[2012/07/24 12:58] スポーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/1659-b7ae3ce0




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>