昨日の話題、鶴山と鷺山について、もう少し話したいと思います。

そもそも鷺山とか鶴山って名前はどうして付いたのでしょうか?
一番簡単な解釈は鳥のサギとかツルの群生地だからというものです。

でも本当にそうでしょうか?
たとえば昨日の鶴山ですが、福天橋から郵政団地に登る急坂付近は2・3年前はサギのコロニーでした。「ガーガーッ」とそりゃ喧しかったです。でも昔の人がサギとツルの区別がつかないほどタワケばかりだったとは思えません。では本当にツルが居たのでしょうか?こればかりはわかりません。

それでは鷺山はどうでしょう?
逆にこちらにサギはいません。同級生いわく
「昔は近くに川があったからサギもいたのではないか?」
これは賢いヒントです。鷺山の南側にはかつて長良川の分流・古々川が流れていました(正木川参照)。



で、本当にサギがいたからその名になったのでしょうか?そうだとも違うとも言えません。それに地名語源辞典を見てもサギの語源じたいがハッキリしませんからお手上げです。ただ鷺山の山麓をかつての官道・東山道が通っています。長良川の自然堤防である微高地を利用したものです。ですからその道端に屹立する鷺山はこの地域のモニュメント的存在だったことは確かでしょう。

そして鶴山。
ツルの漢字には鶴だけでなく津留、蔓、都留、弦、敦、水流などがあって、それぞれに意味が違います。発音から考えても宛てる漢字によって意味が違うので、鳥のツルとは限らないのです。

そんなわけで、かえって謎が深まっただけでした(ー_ー)

PS.
今回写真の地図の中で鷺山の東方に「乙井」という地名があることに気付きました。鷺山の北には「下土居(しもつちい)」が表示してあります。この「乙井」はちょうど青山中学校付近になります。「乙井」で検索すると「下土居字乙井」のヒコハヤシがヒットしました。今でも地名は残っているのですね(^^;)

では「乙井」はどう読むのでしょうか?この辺りの地名は上土居と下土居がありますから、たぶん京都にもある「御土居(おどい)」がこの辺りに造られたのでしょう。それは上土居と下土居の地名からも明らかです。さらに庶民がそれを口伝えに「おどい」とか「おとい」と呼び、後世「乙井」と漢字を当てたものと思われます。


「地名はおもしろい~」と思われた方はクリックしてくださいね~♪
人気ブログランキングへ
    ↑
日々更新の励みになりますので、クリックをお願いいたします。

関連記事

[2012/07/13 01:22] 歴史 | TB(0) | CM(6)

No Subject

前のコメント、急ぎすぎてデンマークと
デンパークと混同していました。
あとで読み返し、気づきました。
失礼しました。

鶴山のこと、知らなかったのでネットで
調べて確認しました。


[2012/07/13 09:16] matsubar.k@wh.commufa.jp matsubara [ 編集 ]

地名の謎

matsubaraさん、コメントありがとうございます。

都ホテルの前にある長良川締め切りの記念碑の地図、戦前のものですけど、それだけでもこんな話ができちゃいます。

それが戦国時代にまで遡ったら・・・面白いですね。
[2012/07/13 11:56] ナワ~ルド@峠おやじ [ 編集 ]

知らなかった・・・

京都を舞台とした小説なんかでは、「洛中、洛外」 という語を目にすることがあります。
まあ、御所近辺を洛中といい、それより離れたトコを洛外って言うんかな~  くらいにしか思ってませんでした。

それがこんな土塁が元になってたとは!!

岐阜市北部の 「上土居」 「下土居」、「乙井」 。
やはり、そういう土塁があったと想像したくなりますね!!

[2012/07/14 00:18] ソッシィ [ 編集 ]

土累?

京都の地元の方は洛中・洛外は厳密に使っておみえだろうと思いますが、私ら学生のときは何も考えてませんでした。GTさん、いかがでしょう?

また岐阜市北部には土累があったのではと思います。いちど鷺山史を読んでみなくちゃならないです。


[2012/07/14 01:23] ナワ~ルド@峠おやじ [ 編集 ]

鷺山の由来

初めまして。
鶴山城(鶴ヶ峰砦)のあった鶴山に登ろうと登山道を探していたところ、このブログにたどり着きました。色々と楽しく記事を読ませて頂きました。特に歴史の記事など、大変勉強になりました!

ちなみに鷺山の名前の由来ですが、工事によって南半分が削り取られる前は、M字のように、飛んでいる鷺のような形だったからと聞いたことがありますよ(ホントかどうかは知りませんが)。ただ、過去(1948年)の航空写真から想像すると、M字のようなふたこぶではなく、三つのピークを持つように見えるのですが…
さてはて。地名って面白いですよね。

過去記事へのコメントで申し訳ありませんでした。
ではでは、失礼いたします。
(参考写真:http://momoji-fw.blogspot.jp/2012/10/blog-post_23.html
[2015/03/14 00:34] mtsuruta [ 編集 ]

さぎ

mtsurutaさん

ブログ記事拝見しました。
お城の縄張り考察など素晴らしいです。地名については地形が鷺に似ていた説はわかりません。水辺の動物名が付くということで低湿地の意味の方があり得ます。
http://www.jiban-kyouka.com/faq/%E5%9C%B0%E5%90%8D%E3%81%A8%E5%9C%B0%E7%9B%A4%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82%E3%81%AF%EF%BC%9F/
低湿地の意味として「下(さげ)」が転じて「鷺」となるなども考えられます。

また金華山の七曲登山道と金華山ドライブウェイとを繋ぐ大堀切(七曲峠、岐阜公園の登山道地図)を築いたのが道三とは知りませんでした。私的にはそちらの方が萌え~です(^^;)
[2015/03/18 01:04] 峠おやじ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tougeoyaji.blog87.fc2.com/tb.php/1646-1e90c96b




[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>