お読みくださる前にランキング・アップにご協力くださると嬉しいです


「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難をともにして国家の大業は成し得られぬなり」
江戸城無血開城の伝令に行った山岡鉄舟を評した西郷隆盛の言葉だとか。

先日話題にした人から目を離せません。

先日話題にした人とは辞職・失踪「心から」の大西隆博・岐阜市会議員さんです。私、あのとき無責任に逃げ出したくらいに思ってました。でもこのGWになっても一向にブログのアクセスが減らないのです。これはおかしいと見に行ってみると、5月になってから毎日のように失踪したはずの本人さんからカキコミ・更新があるのです。

失踪する前に酒を飲んだら、助けてくれる人たちがいて、どこかに隠遁されているようです。そして「岐阜市でもっとも胡散臭い女」「ひどい裁判官や弁護士」「黒を白と言い切るのが弁護士の仕事」「危険な関係 法廷で裁判官が『○○さん』」など毎日のようにパワハラなみの話をアップされています。

※ちなみに○○は固有名詞で下の名前にあたります。

これは申し訳ないけど、面白すぎます。どこまでが本当かわからないですが、大西議員が命の危険さえ感じられたのであれば、冒頭の言葉が生きてきます。

">「目が離せない」と思われた方はクリックしてくださいね~
関連記事

[2012/05/07 05:42] 時事ネタ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>