お読みくださる前にランキング・アップにご協力くださると嬉しいです

昨日14日、新東名高速道路の静岡県内、御殿場ジャンクションと三ヶ日ジャンクション間・162kmが開通しました(NHKニュースより)。

新東名高速道路は、並行する東名高速道路の渋滞緩和と、災害時の代替ルートを担う目的で建設されました。

当初計画されたのは、片側3車線の6車線、最高速度140kmにも対応可能な設計のこれまでにない高速道路でした。このため、6車線分の用地買収が行われましたが、民営化に伴ってコスト削減を迫られ、4車線での開通になりました。

最高速度の引き上げを視野に設計されたため、カーブも坂道も緩く直線に近い道路で、今回開通する御殿場ジャンクションから三ヶ日ジャンクションの距離は、東名高速より10km短くなっています。また、台風のときもバックアップの機能が期待されます。


確かに静岡県内は万々歳でしょう。しかし、並行路線も全線ができて初めて機能します。どの高速道路もジャンクションで合流した所は常に渋滞する場所になっています。名神の一宮JC付近、米原JC付近、東名阪の四日市-亀山間など日曜日は必ず渋滞します。

そして今回の新東名のおかげで豊田JC以東の渋滞はもっと酷くなるでしょう。ほんと東名高速は使いたくありません。夜でも混んでますしね。

「そうだそうだ~」と思われた方はクリックしてくださいね~
関連記事

[2012/04/15 00:44] 時事ネタ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>