お読みくださる前にランキング・アップにご協力くださると嬉しいです

1月にスケートで始まった、ぎふ国体。2月はスキー競技が開幕しました(岐阜新聞電子号外

まずはノルディック距離競技からです。岐阜県勢は成年男子Aで1~3位独占。距離Bも優勝。成年女子もABとも岐阜県勢が優勝するという離れ技を演じました。
岐阜新聞より
第67回国民体育大会「ぎふ清流国体」冬季大会スキー競技会第2日は15日、高山市朝日町の鈴蘭高原クロスカントリーコースなど3会場で競技を開始。距離、大回転、純ジャンプの3種目を行い、県勢は距離成年男子Aで距離種目初となる1位から3位までを独占するなど入賞ラッシュ。優勝4、入賞10と大活躍で、最高の競技の幕開けを飾った。

距離では成年男子Aで木村正哉(岐阜日野自動車)が今競技会県勢優勝第1号となり、井川純一(同)が2位、成瀬開地(同)が3位に入って表彰台を独占。同Bの成瀬野生(同)も2年連続の優勝を果たし、成年女子Aの小林由貴(同)、同Bの福田修子(同)もそれぞれ国体連覇を達成した。


ということで、岐阜県は頑張ってます。開催県だから当たり前ですが、それでも札幌オリンピックのジャンプみたいに一つの競技で1~3位独占なんてナカナカできませんよ。スキーの距離競技は岐阜日野自動車が平成19年8月 に「岐阜日野自動車スキークラブ」を創設して、そこに強い選手が集まってきたとのことです。

またオリンピック選手だった荻原健司や舟木和喜などもジャンプ競技に参加しているそうです(NHKニュースより)その荻原健司が出場したスキー複合・成年男子Bでは岐阜県勢の永井秀昭(岐阜・岐阜日野自動車)が後半距離(5キロ)で逃げ切って優勝しました(岐阜新聞より)。そして荻原健司は4位でした(岐阜新聞より

「岐阜県勢頑張ってるね~」と思われた方はクリックしてくださいね~
関連記事

[2012/02/17 06:13] スポーツ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>