お読みくださる前にランキング・アップにご協力くださると嬉しいです
blogram投票ボタンblogramランキング参加中!

岐阜市民病院の看護師が道交法違反罪(無免許運転)と現住建造物等放火未遂事件を起こしたとして失職処分されたそうです。
岐阜新聞より

岐阜市などで2年前に起きた連続放火事件で、現住建造物等放火未遂などの罪で起訴された市民病院の看護師坂元和代被告(35)が、7年前に道交法違反罪(無免許運転)で執行猶予付き有罪判決を受けていたことが分かり、市は31日、判決確定日にさかのぼって坂元被告を失職とした。

市によると、坂元被告は2000(平成12)年6月に看護師として採用され、04年1月と11月に市内で無免許運転したとして、05年3月に懲役1年、執行猶予4年の岐阜地裁の有罪判決が確定した。坂元被告はこの事実を報告せず、病院も知らなかったという。坂元被告は昨年3月、現住建造物等放火未遂同罪で起訴されており、岐阜地検が今月、この事実を病院側に問い合わせ、発覚した。

細江茂光市長は「このような事案が二度と起きないよう法令順守を徹底したい」とコメントした。


いやはや、困った乱痴気ぶりです。採用当時は前科はなかったようですが、無免許運転で同じ年に2回も捕まってはどうしようもありません。だいたい無免許運転が2度も発覚することじたいおかしな話で、乱暴な運転をしたり一斉検問に遭ったりしなければ警察に捕まるはずもないのですから、かなりの横着者なのでしょう。

また現住建造物等放火罪とは人が現に住居に使用しているか、または現に人のいる建造物等(建造物、汽車、電車、艦船又は鉱坑)を放火により焼損させることを内容とする犯罪だそうで、極論すれば住んでる人ごと焼き殺す行為で、およそ看護師が企てる行為とは思えないです。

無免許運転については勤務先に報告しないことはアリエールかもしれないですが、放火となると申告しなくてもふつうわかるでしょう!裁判所から照会があるまで知らなかったとは市民病院の人事管理も相当杜撰ですね。

というのも私は覚えてますよ。2007年12月に岐阜市民病院の医師が飲酒運転で懲戒免職処分を受けていました。また同乗していた女性研修医も一緒に処分されていました(当時の記事)。

今回の看護師さんも飲酒運転医師も時期的にオーバーラップしてます。やはり組織的に管理不行き届きなのではないでしょうか?しかも準お役所の市民病院ですよ。市民の税金で運営されているのですから、襟を正してほしいです。そして不祥事があったらトカゲのシッポ切りだけでなく当時の人事管理者の処分も絶対に必要ではないかと思います。

「ちゃんとやれ~」と思われた方はクリックしてくださいね~

関連記事

[2012/02/02 06:14] 時事ネタ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>