お読みくださる前にランキング・アップにご協力くださると嬉しいです
blogram投票ボタンblogramランキング参加中!

昨日なかなか良いよと誉めた朝の連続テレビ小説「カーネーション」。ヒロインの72歳からの晩年を、夏木マリさん(59)が演じるとの発表がありました(asahi.comより)。

NHK大阪放送局は23日、放送中の連続テレビ小説「カーネーション」のヒロイン・小原糸子の72歳からの晩年を、夏木マリさん(59)が演じると発表した。3月3日の放送分から登場する。

 現在は尾野真千子さん(30)が演じている。NHK広報は「演技するのに無理がないように、ヒロイン役の交代は当初から予定していた」としている。

 夏木さんは出演にあたって、「主人公のモデル、(小篠)綾子先生には晩年、かわいがっていただきました。これもご縁と思います。前向きな力強い人生を演じさせていただきます」とコメントした。


誉めた途端の主役交代の話はちょっと白けるところですが、今年度上期の連ドラ「おひさま」も井上真央と若尾文子という一流コンビでしたし、伝説の「おしん」も 小林綾子、田中裕子、乙羽信子という具合ですから問題はないですね。

そして今回の主役は河内の元気なおばちゃんですから、「絹の靴下」で一世を風靡した夏木マリも適役かもしれません。



連ドラでも「ひまわり」で松嶋奈々子の母親役になったり、古くは最近は「祝女」の相談役にも出たり、いつまでも元気ですから。

それもそのはず、なんと私より1歳年上なだけ!ビックリしたぁ(゚o゚)

「元気ですね~」と思われた方はクリックしてくださいね~

関連記事

[2012/01/24 01:05] 時事ネタ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>