お読みくださる前にランキング・アップにご協力くださると嬉しいです
blogram投票ボタンblogramランキング参加中!

太陽が月に隠されて指輪のような形に見える「金環日食」が今年の5月21日(月)に日本の広い範囲で観測されるそうです。
NHKニュースより


観測されるのは、ことし5月21日の朝で、九州南部から四国、近畿、東海、関東、そして福島県にかけての太平洋側の帯状の地域で、全国の人口のおよそ3分の2に当たる人たちが地元で体験できる可能性があります。日本で観測されるのは、昭和62年の沖縄県以来、25年ぶりで、本州で見られるのは、明治以来129年ぶり、東京に限ると実に173年ぶりで、江戸時代以来となります。

数年前の皆既日食のときは喜界ヶ島だかに多くの人が泊まり込みに言ったあげく雨降りで見られなかったとか、皆既日食クルーズの船旅の人は見られたとか、NHKは小笠原上空を飛んだ飛行機から中継したり、けっこう大騒ぎになっていた記憶があります。

そんなところで検索してみると、ちゃんと「日食」記事にしていました。それによると我が岐阜市では7時32分に食分0.94という欠け方をするそうです。と~っても楽しみです。

金環日食は金環食と省略して言われることが多いのですが「きんかんしょく」というと小説にもありましたねえ。漢字にすると「金環蝕」。食べるんじゃなく、蝕むんですね。日食は月が太陽を食べるというか遮るのですけど、「金環蝕」は贈賄とか汚職の話のようです。

読んだことはないですが、解説によると九頭竜ダム落札事件をモデルに、保守政党の総裁選挙に端を発した汚職事件を描いたものだそうです。ダムや原発など全く変わってませんね、この国は

PS.
そういえば銀行の先輩に九頭竜ダムの補償金を勧誘に行っていたという方がいました。

「金環食は楽しみだ~」と思われた方はクリックしてくださいね~

関連記事

[2012/01/08 14:11] 時事ネタ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>