お読みくださる前にランキング・アップにご協力くださると嬉しいです
blogram投票ボタンblogramランキング参加中!

3.11の東日本大震災の津波の影響は東海・中京圏のここらでは尾鷲とかの映像など見ていても軽微だった記憶です。ところが昨日の岐阜新聞によると「3.11津波、養老まで到達 揖斐川遡上、最大30センチ」だったそうです。養老は2日前に養老山地の画像があります。

記事を全文引用しますと
東日本大震災で起きた津波1 件が伊勢湾から揖斐川を遡上(そじょう)し、養老1 件郡養老町まで到達していたことが10日までに、国土交通省木曽川下流河川事務所の調査で分かった。波の高さは最大で30センチ近くとなり、数日間続いた。識者は「海岸で津波警報が出ている間は河川にも注意が必要だ」と呼び掛けている。

揖斐川に設置した水位観測所のうち、揖斐油島(海津市海津町、河口から13.53キロ)で地震発生から約3時間半後、西小島(同町、同23.61キロ)で4時間後、今尾(養老町、同27キロ)で5時間後にそれぞれ最初の津波1 件を観測した。

通常の潮の干満による潮位変動とは別に、20~30センチの水位変化が確認された。その後、徐々に弱まりながらも3~4日間続いた。

河口から遠くまで達したのは、河床の勾配が比較的緩やかだったのが要因。長良川では、長良川河口堰(ぜき)で止まった。伊勢湾は出入り口が狭いため、いったん入った津波1 件が出ていこうとしてはね返る乱反射のような現象が起き、河川でも長期にわたり影響が続いたとみられる。

水谷法美名古屋大大学院教授(海岸工学)によると、「潮汐(せき)変動がある範囲で津波の影響が出るのは不思議ではない」という。

東日本大震災による津波1 件の影響は30センチ程度だったが、国交省は東海と東南海の連動地震で河川堤防が受ける被害を、液状化現象などで平均1~3メートル沈下すると想定。大規模地震が起きた場合の備えとして、水谷教授は「堤防は普段と状況が変わっている可能性もあるので、津波警報が出ている間は河川にも近付かないことが大原則」と話す。


ということで、思わぬところで長良川河口堰の効用が出てしまいました。津波防止効果は河口堰が塩害予防のためにありますから当たり前のことです。

それより東海と東南海の連動地震で河川堤防が受ける被害です。そのとき長良川河口堰とか徳山ダムはどうなるでしょう?原発の耐震性は中越地震の刈羽や東日本大震災の福島第一のように大したことがないのが判明してます。ダムなども多額の補償金が出てますから「まずダムありき」思想で造ってあるのではないでしょうか?

根尾谷地震断層観察館にある濃尾大震災のときの写真など皆さんは見たことがありますか?そりゃ凄いものですよ。あんな地震のパワーの前では相当な建物でも風前の灯火のように思います。

「怖いですね~」と思われた方はクリックしてくださいね~

関連記事

[2011/12/12 10:09] 時事ネタ | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>