お読みくださる前にランキング・アップにご協力くださると嬉しいです
blogram投票ボタンblogramランキング参加中!

冬の到来や木枯らしの季節となると焼き芋が恋しくなりますね。
そこで焼いてみました。



まずはサツマイモを買ってきてアルミホイールで包みます。



燃料は先月剪定した(峠おやじチェーンソー剪定の結果)ときに大量に出た庭木の枝を使います。



これをバーベキュー用のコンロで燃やします。このコンロ、最近の出番といったら冬の焼き芋作りくらいしかありませんけどね(^^;) 着火は新聞紙にマッチ、剪定のとき同じように出た葉っぱの付いた小枝なども置いて着火剤代わりにします。そして火がついたらダンダン太い木にして火を大きくしていきます。



そして、いよいよアルミホイールで包んだサツマイモを火の中に投入します。



火加減やサツマイモを火から出すタイミングは勘としか言えません(^^ゞ
火から出したとき、アルミホイールが焦げて、いい匂いがしてたら出来上がりです。



真ん中で切ってみると、ごらんのように石焼き芋のようにトロトロとした出来上がりです。




「美味しそ~」と思われた方はクリックしてくださいね~

関連記事

[2011/12/11 18:03] 日常 | トラックバック(-) | CM(3)

見分け方

ナワさん、こんばんは。
焼けたかどうかの見分け方は簡単です。
竹串をアルミホイルの外から突き刺して、抵抗なくスルッと入ったら(突き抜けたら)OK。
中心辺りで引っ掛ったら(抵抗があれば)まだ。
ボクもキャンプでよくやりましたが、いつもこのやり方でした。
ただ、火加減はほとんど適当でした。
あと、濡らした新聞紙を芋に巻いて焼いたかな?

アルミホイルは多めに巻いた方がいいですよね。焦げが少なくて済みますし(^^)

[2011/12/12 21:26] ヒロ [ 編集 ]

なるほど

なるほど、竹串ねえ。そういう小物を知ってらっしゃるあたり只者やおまへんですなあ。

アルミホイールの代わりに濡らした新聞紙を芋に巻くのは初耳です。新聞紙といえば自転車レースのツール・ド・フランスなんかで峠下りのときに防寒具の用意がなかったりすると体に新聞紙を巻き付けたりするらしいですよ。

[2011/12/13 23:33] ナワ~ルド@峠おやじ [ 編集 ]

ごめん!

ナワさん、すみません。ちょっと言葉足らずでした。
濡らした新聞紙を芋に巻くと書きましたが、アルミホイルの代わりではなく、それをさらにアルミホイルで巻くのです。これにより焦げが少なくて済む、という裏技です。
あと竹串はなくても箸で何とか代用はできます。

[2011/12/14 19:17] ヒロ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する



[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>