日本全国に恋人たちの聖地とされるところはあちこちにあるようです。

なかでも固有名詞にまでなった恋人岬は伊豆と柏崎にありますが、どちらも後から改名されたものだそうです。

そこで徳島に行ったときゲットしたのが「恋人峠」です。



正真正銘の「恋人」地名です。峠の案内板には平家の公達との涙の別れとの言い伝えがあるとされています。「恋人峠」を「こいびととうげ」と読むのなら、ありそうな話です。しかし橋の名前を見てください。



「こいとばし」です。だからここは「こいととうげ」なのです。「こいと」と呼ぶ地名に「恋人」という漢字を当て字したため、喜んだのが後世の好事家です。漢字の字面から膨らむ妄想は限りないですね。平家の落人伝説で有名な祖谷渓が奥に控えているだけに平家の公達を持ち出してきたのには笑っちゃいました。

この手の話はよそにもあります。埼玉県の顔振峠(ごうぶりとうげ)。義経主従が絶景のあまり顔を振り振り登ったという言い伝えがあるそうです。でもそんなに都合よく義経が来るはずがありません。尖った山の「かあぶり」が訛った説が有力のようです。このように東国では義経、西国では平家が人気ということでしょう。



「こいと」で思い出すのは落語「立ち切れ線香」。ヒロインの名前が「小糸(こいと)」です。ほかには「小糸製作所」でしょうか。ほかに名詞では大阪弁で「いとさん」。これは「幼児とか娘さん」。直訳すると「小さな娘さん」のようです。なんかイマイチわからないですね。

「恋人橋」が架けられた地点には色んなモニュメントがあります。しかし「恋人洞門」の下流にあるオーバーハングした崖はさすがに凄いです。そしてその下流に「恋人峠」の看板が設置してあるし、「恋人峠」のバス停はもっと下がった所にありました。

この辺りでしょうか? 穴吹川対岸の中腹に蔭四合地(かげ しごうじ)という集落があります。すでに廃村になったようですが、このサイトによりますと
『国道から恋人(こいと)橋を渡り、林道を進むと集落に到達。』
とあります。文脈から類推すると国道にある現在の恋人橋ではなく、穴吹川にかかっている橋と思われます。2.5万図でも確認できますよね。つまり現在の恋人橋は後から作られたもので、本来の「恋人(こいと)」地名は谷底あたりのように考えられます。それでは「こいと」はどういう意味かと問われてもわからないのが残念です。


 人気ブログランキングへ.

[2017/03/06 20:49] | TB(0) | CM(4)

2500峠達成してました。

自分なりの概算では先日の強制休暇中に達成するだろうと思ってましたが、
カウントし直してみたら9月に福井勝山の恐竜博物館(未アップ)に行った際に到達してました(゜o゜)

峠コレクションへのアップも遅れに遅れ、
昨年の強制休暇分が着手できてない始末ですからカウントミスになったのですね。
最初はブログ書きすぎ、最近はテレビの見すぎが原因です。

またデジカメも故障しがちで、2496峠目が、下のような状態になってから全く記録されてませんでした。



2497峠目からはなんとか記録できましたけれど、2496峠目をゲット済とするか
再チャレンジに行くかで2500峠目が変わってきます。
ゲット済にするなら花立峠が2500峠ですし、



ダメなら次の灯篭見坂が2500峠目になります。
こちらも廃道っぽくていいのですがね。



どうするにせよ、記憶が既に飛んでいますから早くリアルに追いつかなくてはなりません。
したがって、しばらくは本拠地の峠コレクションに注力し、
ブログは休止気味にしようと思っています。

 人気ブログランキングへ


[2016/10/30 11:06] | TB(0) | CM(4)

私のライフワーク 『峠コレクション』
現在、2445峠になっています。



しかし、アップしてる内容は2015年5月の分です。
1年以上前の内容を思い出すのは正直辛いです。
昨日食べたものさえ定かでないですから (>_<)

それでも撮り溜めた写真や簡単な記録をもとに少しづつアップしてます。



そんな峠コレクションですが、既にゲット済のところをカウントしてみました。
現在アップ中のものを含め・・・

昨年の5月と10月の分を数えていくと、
現在2485峠くらいになっているでしょうか。
だとすると、とりあえずのキリである2500峠が近くなってきました。

たぶん今年10月の強制休暇中に到達するかもしれません。
こう御期待ください。

 人気ブログランキングへ


[2016/07/15 00:00] | TB(0) | CM(6)

久々の地名ネタです。
本日アップした峠コレクションの「水越峠(みずこしとうげ)」。大阪と奈良の県境で金剛山と葛城山との鞍部にあります。峠といえば、そこで水が双方向に流れ出す所であり、分水嶺だったりするので、水越峠なんてのは、結構ありそうなネーミングです。

しかし、ここは麓の地名がちょっと変です。大阪府千早赤阪村(ちはやあかさかむら)水分といいます。千早赤阪は楠正成が鎌倉幕府軍を撃退した千早赤坂城の戦いで有名です。しかし麓の地名「水分」って何でしょう? ふつうは峠で水が分かれますから「分水」ならわかります。でも読みが「みずわかれ」ならともかく「すいぶん」って読むのだそうです。読みを調べた時点で完全に首をひねりました。



2番目の謎です。峠の両側にある川の名前が両方とも水越川なのです。峠で分水しても同じ名前ってのは見たことがありません。峠を越えてみると、もうひとつ謎が出てきました。奈良県側の中腹に水分神社、がありました。大阪側の麓の地名と同じです。

そこで2.5万図を確認してみました。水越峠から金剛山へ向けて道を辿ると、両側にある水越川が途中で一緒になるではありませんか! 実はここが分水している地点なのですね。

水越川は金剛山に源を発し、途中で分水して、大阪と奈良へ流れ下っているのです。分水すなわち水分かれ。これが大阪側の地名「水分(すいぶん)」のネーミングの元だったのです。

水越川はやがて千早川になり、石川となり奈良から来た大和川に合流します。奈良県側に下った水越川は葛城川と合流し、最後は大和川となって大阪へと流れていきます。

つまり分水しても最後は同じ大和川になるということで、峠を越した水が最後は同じ川になるため水越というネーミングの峠になり、川も同じ名前になったものと思われます。

 人気ブログランキングへ

[2016/07/02 22:59] | TB(0) | CM(0)

以前取材を受けた雑誌「エプタ」が発行され、送られてきました。
今回の特集は「峠をゆく」やはり、ひとつのテーマに絞って特集すると深みが出ます。



私もその一助を成すことができて良かったです。有名どころの峠や熊野古道など素晴らしいところは押さえられています。執筆のプロが本気で作られると、私のレベルとは段違いに良いものができます。



峠の達人として簑上誠一さんも登場されています。一時期活動が鈍ったように感じましたが、元気にやっておられるようで安心しました。って私もこの一年同窓会にかまけて、峠漁りに行けなくなってましたから人のことを言ってる場合じゃないです(^^ゞ

それにまだ到達してないのに、2500峠と紹介されましたから頑張らないといけませんわ(^^;)

ご興味がおありの方はこちらにお申し込みください。

 人気ブログランキングへ


[2015/09/18 01:25] | TB(0) | CM(4)

私のバックボーンであるHP「自転車・峠おやじ」をアップしてあるサイトが近々閉鎖されるそうです。

先月メールを貰っていたようですが、ほとんど見ないメアドだったので気が付かず、今月メインのメアドに連絡をもらい、状況がわかりました。

そのため移転先をこれから探しにかからなければなりません。

移転でき次第、公表させていただきますが、その間「峠コレクション」等更新ができかねます。

近いうちにハッキリさせますのでよろしくお願いいたします。

 人気ブログランキングへ


[2015/07/13 01:19] | TB(0) | CM(0)

ひさしぶりに雑誌の取材を受けました。
雑誌の名前は「エプタ」
私のことですから「峠特集」だそうで、ぴったりの題材です。

しかしエプタって?

「昨日の豚ぼぼと何か関係あるの?」
「そうそうそう、ブーブーブー、ブーブー、ブー、わたし人間ですねん」
ちゅうのは吉本新喜劇の酒井藍ちゃん (,_'☆\ バキ

下の挨拶文のように、雑誌の発行元の会社が製造販売している化粧品全てにヒノキチオールを配合していることから、その7角形の化学構造式にちなんで、ギリシャ語の7を表す「エプタ」と名付けられたそうです。



リンク先へ行ってみると「犬・猫・馬」だとか「日本の折りたたみ文化」だとか面白そうです。

そして、エプタの編集制作をしている会社の名前が「フィフス・ディメンション」
私らが高校の頃に大流行した「輝く星座~アクエリアス」を歌っていたグループと同じ名前なので、もの凄く懐かしかったです。



ということで取材のお土産にいただいたのが上の化粧品。ヒノキチオールのハンドクリームです。

実際に発行されたら、また公表させてもらいますね(^^ゞ

 人気ブログランキングへ


[2015/07/08 23:57] | TB(0) | CM(0)

漢字で書けば「坂」一字である。でも地名では「サカ」と「ザカ」は違う。

日本語の成り立ちはまず表音語ができ、漢字が渡来すると本来の表音語に音が似ている漢字を当て字して、木簡記録などをするようになった。そのあと、万葉仮名などからひらがなが発明され、表音語も可能となった。したがって地名の意味を知ろうとすると、その読みを正確に知らないといけない。

私が作っておいた峠よもやま話坂のページで再確認してみると、「サカ」とはサ(裂く)カ(場所)の意味で、境(サカイ、境界)をも表す言葉になる。

古事記に最も早く出てくる坂といえば、ヨモツヒラサカ(黄泉比良坂)である。イザナギが亡くなったイザナミ恋しと黄泉の国に会いに行き、魑魅魍魎から逃げてきて、あの世とこの世との境になった所。島根県に本当にある(゚o゚)とは知らなかったが・・・



そんなことからも本来は「サカ」と読むべきなんだ。

最近それを忘れて、○○坂を音便から「ザカ」と表示していたように思う。古来からの地名でないなら「ザカ」表示でもいいと思う。

舞妓さんの話のときの女坂(オンナザカ、京都女子大に行く坂)などは典型的なもの。しかし同じ京都でも産寧坂(サンネイザカ)のような有名どころに慣れてしまって、どっちが本当かわからなくなっていた。

だから本来の発音の意味に立ち返るところからもできるだけ「サカ」表記でいきたいと思う。

 人気ブログランキングへ


[2015/06/06 11:44] | TB(0) | CM(2)

5月11日のツーリングマップルNAVI(見返峠、iPhone)をの続編みたいなものです。

ツーリングマップルを出版している昭文社は「山と高原」地図も出版しています。
学生時代に買った「京都北山」は当時の愛読書のひとつでした。



何よりいいのは国土地理院地図(2.5万~5万地図)に掲載されてない峠や登山道が行程時間付きで載っているからです。その後、高校の同級生との山行きをするようになったりして、あちこちの山地図を買いました(^^;)

山岳路などは滅多に変わらないとはいうものの、これから行こうと思った地域の地図が2004年版だったので、新しい地図を買ってきて、ひとしきり峠のありかなどを探しました。そしてふと地図のパッケージを見ると、50th ANIVERSARYなる文字が目に入りました。うーん、もう50周年か!大学のサイクリングクラブができて2年後だなあ・・・(^^;)



それだけなら良かったのに、スマートフォン版「山と高原」地図アプリの表示も目に当然、目に入ってしまいました(~_~)

『ルートが記録できる』
その言葉に弱いです。そしてそれにまんまと釣られてしまう自分が怖い(^^;)

サイトに行ってみると、GPSのルートログが取れるそうです。やはり魅力あります。ガーミンのGPSは持ってますが、最近動作不良でログが取れなくて使い物にならないからです。

しかし、やはり出版界です。地域ごとに別料金です。しかも年版を替えると、その都度お金が要ります。フィールドでは今ドコにいるかわかればいいので、電波が来てればスマホの地図ロイドで事足ります。ルートログは悩ましいです。ただそこまで地図に表示したいかというとそうでもないので、そのために機器やアプリを購入するのは過剰投資な気がします。

電波が来てないところならサイクルナビも持ってますからね。でも一度失敗したことあるからなあ(ー_ー)

 人気ブログランキングへ


[2015/05/13 07:09] | TB(0) | CM(4)

スノーシェルターとスノーシェッド
どちらも道路施設だし、似たような名前なので何も考えずに使っていました。東北方面の峠道ではもちろんお馴染みです。

たぶんに峠の頂上部分を覆う丸い雪覆いの方はスノーシェルターと言うのだろうくらいの知識はありました。

スノーシェルター

ところが中腹付近の崖に架けてある片流れの屋根は・・・なんと言ったかなあ?片側は開いているし、雪囲いではなし、シェルターは左右対称だし・・・思い出せなかったので結局調べました。どちらも「スノーシェ」までは同じですからわかりません(~_~)



改めて見直してみると、これまでいかにデタラメに使ってきたか赤面してしまいます(ー_ー)
特にひとつの峠のなかに両方存在するところがダメです。



大覚野峠がそうですね。早速直しておきました(^^ゞ

人気ブログランキングへ

[2015/05/11 01:06] | TB(0) | CM(0)

私の本宅であるHP「自転車峠おやじ」「峠コレクション」
今日アップした見返峠は十和田湖外輪山にある国道454号線の峠である。

何故かツーリングマップルにしか峠の記述がない。

そのツーリングマップルのウェブ版がないかと、昭文社のサイトに行ってみるとツーリングマップルNAVIというiPhone専用のアプリをリリースしているという。月額240円。高いのか安いのかわからないような設定である。だいたい私ゃ、iPhoneじゃないしぃ(--;)

でも、docomoが扱いだしてからスマホの半分以上がiPhoneになっちゃったらしい。今年1月では7割がiPhoneだったという記事もある。それだけに日本で有料アプリを出すなら真っ先にiPhone向きというのもわかるけれど、Androidユーザーとしては寂しい限りである。

ちなみに話題のきっかけとなった見返峠ですが、その名前が付く峠は何個かありまして、

1.知床の斜里岳鞍部を越えるもの(国道334号線)
2.十和田湖外輪山を越えるもの(国道454号線)
3.八幡平を越えるもの(県道23号大更八幡平線)
4.大山と蒜山の間にある(県道114号大山上福田線)
5.佐賀県内の登山道にあるらしい

私は上記4つを獲得済みです。峠おやじの面目躍如ですかね(^^ゞ

 人気ブログランキングへ


[2015/05/10 14:27] | TB(0) | CM(0)

NMB峠?
もちろん、そんなのあるわけねえ!
皆さん大好きなNMB48に引っかけました。本当は南蛮峠です。



え?NMBは難波〈なんば〉の略ですって
!そのようです。

このように読みが似てても非なるものが世の中には存在します。



現にこの峠の中腹にある竹之高地不動社の由来を見ると結構びっくりします。



おお!
『大師は難波峠(南蛮峠)』
もう難波と南蛮がごっちゃにされてます。

しかも、そのあと『多岐之河内(竹之高地)と呼ばれるこの谷を下り、途中この滝に行く手を阻まれた。』とあります。

すなわち、多岐とは滝のことであるのに、「たきの」に「竹之」と漢字を振ったがために、谷の意味である「河内(こうち)」にも「高地」と振られてしまったのです。

ほかにもこういう有名処がありますよね。
そう、上高地でんがなあ!

前々から時々書いてますよね。日本の地名は読み、すなわち発音で判断しなければならないのです。

だって漢字伝来は仏教伝来とさほど違わないでしょ。2000年弱と太古の昔を較べものにならないでしょ!

DAKARA
日本語はサウンドなんです!

 人気ブログランキングへ

[2014/09/15 00:01] | TB(0) | CM(2)

本日アップした峠だが、地図で見つけたときは驚いた。



初めて気が付いたのは2000年4月発行のツーリングマップルである。
日本にカタカナ地名があっても別に問題はないが、これはちょっと・・・と思った。



その当時ウェブで検索すると、林道開通セレモニーのときに行った人の画像が載っていた。造成後間もなくのダートだった。
「1969年7月、米国宇宙船アポロ11号は人類初の月面着陸を目指し飛行中であったちょうどその頃、松木林業はこの峠を目指し、作業道を開削中であった。そしてアポロ11号より半日早い7月3日、午前10時頃、作業用ブルドーザーが峠に到着した。この快挙を記念し、以後この峠をアポロ峠と呼ぶことにした・・・」



付けたもん勝ちといえば言える。

道路や峠道などはジモピーや開削者が命名するのがお約束である。我々のような通りすがりのツーリストが便宜上ネーミングするのはもってのほかである。しかし、あまりに突飛なネーミングには違和感が湧く。キラキラネームのように。

峠でも街道でもふつうは行き先の地名を付けることが多い。どこそこへ行くための峠、街道という呼び名である。だから同じものが違う名前で呼ばれることが多い。そして峠の場合「表裏理論」で裏になる地名が峠名になるケースが多い。

しかし、そうでない場合は厄介である。特に合併してできたような合成地名の場合は漢字の意味など何の意味もない。そしてここは地元とは何の関係もないネーミングである。でも由来を明確にしてあればそれなりにオッケーだが、そうでなければ絶対ダメだ。

人間は自分の都合の良いように解釈する。20年も経てば昔のことはわからなくなる。世代が変わってしまうからだ。太平洋戦争のことだって、原爆のことだって随分風化してしまったじゃないか!どこぞの国があることないこと言ってきても、当時の人がいなくなれば言われたい放題になってしまう。

だから、こういう由来などはきちんと記録保管しておくことが大事なのだ。

 人気ブログランキングへ

[2014/08/19 12:42] | TB(0) | CM(0)

テレビ東京系の旅番組「土曜スペシャル」で最近時々やる企画に「知られざる酷道の旅」があります。
昨日はその3でした。1年に1度、6月に放送してます。

その第1弾がこちら
国道256号線・小川路峠。国道339号線・竜飛岬、国道308号線・暗峠、国道291号線・清水峠、国道2号線・関門トンネル歩行者専用国道でした。



どれも知ってはいるものの、私が行ったことがあるのは竜飛岬と暗峠だけですから、まだまだですね(^^;)

そして第2弾は国道317号線・しまなみ海道部分、国道140号線・雁坂峠、国道422号線・庄司峠→ここで初めて自転車で山道越えが出てきます。この中では私は雁坂のトンネルしか知りません。ひょっとすると一番マニアックかもしれません。

そして昨日の放送、第3弾。まずは国道439号線。与作国道として有名です。私も京柱峠は行きました。



また国道152号線の青崩峠・地蔵峠も行ってます。



最後の自転車旅、国道352号線・花立峠はノーチェック、全く知りませんでした。しかし登り口の山古志は懐かしかったです。風口峠大道峠にも行きましたしね。

今回は車、歩き、自転車とバラエティに富んでいて面白かったです。

 人気ブログランキングへ

[2014/06/15 00:16] | TB(0) | CM(8)

今回の旅行では星峠という集落に行きました。
地図で峠を探していましたら。小豆峠という小さな峠の麓にありました。

文字の大きさが大きいのでたぶん地名とか集落名だろうと思いましたが、小豆峠に行ったついでに訪れてみました。

小豆峠の入り口は国道から200~250度くらいの急角度で入ります。辺りに家などはなく、予想に反し、道幅も適度でした。またすごい急坂というほどではないれど、眺望が優れているわけでもないです。

しかし、峠に到着してみると残雪の山が遠くに見えます。カシミールで確認してみると・・・そして眼下には棚田です。田植えが終わった棚田と残雪の山の対比が良かったです。



そして峠には小さなお地蔵さん。見逃さないぞ!



それから峠直下には10台程度止められる駐車場。なかなかの観光地です。そのまま星峠集落の方へ降りていくと、トイレがありました。結構立派です。そこには食事・休憩ができめるようイスとテーブルまでありました。



脇にある看板によると棚田100選のひとつだそうです。なるほど、それで。観光絵図にはあのお地蔵さんも載ってます(^^:)



そしてお目当ての星峠集落。普通の山里ではありますが、廃屋になったレトロな家屋などもあります。レトロといえば、国道との合流点近くにこんな建物がありました。




一見して廃校と思いました。はたしてそのようです。しかも「峠校跡」と石碑に彫ってあります。明治9年開校、昭和39年閉校だそうです。卒業生は1800人とか。もともとの名前も「峠小学校」だったのでしょうか?格好いいぞ!



「棚田の里 星峠」という看板もありました。洒落ていて素敵です。

 人気ブログランキングへ

[2014/06/12 00:04] | TB(0) | CM(4)


[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>