連日の雪便りにつられ、滑りに行ってます。

例によってお昼時に撮影しました。
って
「おぉっとぉ!このカードは何ですか?」




メジャーなスキー場のなかでいつまでもリフト券がペーパーだった、めいほうがICカードになってました。
昨シーズンのケガで、1シーズンご無沙汰したうちに変わったようです。
リフト券ホルダーを腕に巻いておくのは面倒だったのでとても嬉しいです。



それ以外変わったことはあまりなさそうでした。



しかし、天気は悪くホワイトアウト一歩手前みたいな感じでした。
リフト検札が機械のところで「ピッ」と言って通れるようになったから良しとしましょう。

 人気ブログランキングへ

[2017/02/09 22:25] スキー | TB(0) | CM(0)

いやいやいや~。
20年ぶりに行きました。モンデウス飛騨位山スノーパーク。昔は位山国際スキー場という名前でした。左右に広い中級斜面の多いゲレンデです。当時とゲレンデ構成は変わってませんが、ミズノの肝いりで設備もネーミングもリニューアルしたと記憶してます。

ここは分水嶺の苅安峠に位置してまして、道の駅モンデウス飛騨位山にも.なっています。



ネーミングの「Mont Deus」はフランス語のモン (Mont)「山」とラテン語のデウス(Deus)「神」を合わせた造語で。神の山の意味。
分水嶺の苅安峠の後ろの山がスキー場になります。



ここにある案内板に
「往古から皇室の大儀には位山のアララギを笏木として献上したので、その木に一位の称号を戴き、爾来位山いちいの名はあまりにも有名になった。位山は古来より飛騨一之宮水無神社のご神体山としてあがめられた」.
ということから神の山のネーミングにつながったものと思われます。

スキー場の山は位山ですが、スキー場のある峠は先述した苅安峠です。位山の名が付いた位山峠が隣にあるのでややこしいです。その辺の事情など両峠のところに詳述してあるので参考にされるとありがたいです。



ここも晴れると御岳から乗鞍岳をはじめ北アルプスが一望できるビューポイントなのですが、生憎の雪降りで寒い一日でした。

 人気ブログランキングへ

[2017/02/07 22:16] スキー | TB(0) | CM(0)

土曜日に今シーズンの初滑りに行ってきました。

翌日が岐阜県知事選の投票日だったのと、土曜日の方が天気が良さそうだったり、雪道走行後の洗車をしたかったことからです。天気は予報通りのドピーカンでしたし、初滑りの筋肉痛も出たりで大正解でした。

見てください。御岳・乗鞍・北アルプスの山々が一望です。



昨シーズンが志賀高原一日きりでしたから、今シーズンは恐る恐る入りました。やはりブランクが響いたのか10時頃に太ももが痛くなり始めました。エッジングなど力の入りすぎでしょうね。早めに昼食をとって14時に切り上げてきました。

ところで上の写真のリフト下にあるものに注目してください。
反対側上空(リフト)から見てみるとわかりますね。



テントです。そばにスノーモービル?があるので救護施設かと思いました。

しかし、よく見るとテントに「LOCAL COFFEE SHOP TC」と書いてありました。



TCは何だかわかりませんが、リフトを下りたところ(中腹)にあるコーヒーショップですね。

このテント、スノーモービル?で牽引してきたみたいです。

私ゃ、そっちの方に「萌え~♪」ですわ。

 人気ブログランキングへ

[2017/01/30 01:09] スキー | TB(0) | CM(2)

いやいや、べっぴんさんです。

目に入った時は白装束だし、幽霊かと思いました。



午前中に高鷲スノーパークのDJ放送で告知してました。
「ゲレンデ内に○○が6人います。○○はワードを一字づつ持っています。それらを並べるとある文字になります・・・」
要するに懸賞クイズのようなものです。何気なく聞いていて、なんだ抽選かぁと関心がなくなりました。

午後にダイナランドに移ったところ、いきなり写真のべっぴんさんを見つけてしまいました。指さした○の中に文字が一文字書いてあります。ああ、これが放送してたやつかぁ!

どぉでもいいけど、べっぴんさんが気になったので写真に撮りました(^^;)ゞ
ううむ、これは雪女だろうなあ・・・

スキー場のサイトによると、やはり雪女でした。
「雪女を探せスタンプラリー」
だそうです。

ここんとこ流行りのゲレンデガールズ(高鷲ダイナガールズとかワシトピアガールズ)より、よっぽど可愛いでかんわ(^^;)

 人気ブログランキングへ

[2017/01/28 21:23] スキー | TB(0) | CM(2)

ジャイアント診療所の治療のあと、殆ど右腕だけで運転して帰宅しました。

私は右利きです。負傷したのが左肩だったのは不幸中の幸いです。とはいうものの、私ゃ高校のときに左打ち左投げができるくらい左手が器用になっています。

ですから運転しながら左手で飲食するのは当たり前。それができないばかりかワイパーやカーナビを操作しても痛みが走るので、メッチャ往生こきながら走ってきました。

で、翌日の土曜日に椎間板ヘルニアの手術をした整形外科にかかりました。平成以来この手の疾患ではかかりつけ医になってます。当時の大先生が健在でいまだ現役で診てもらえます。たぶん70歳は越えてらっしゃるでしょう。

当時はなかったCT画像診断もやってもらえるのでお金もかかるのは致し方ないです。

患部を見せると開口一番
「なんじゃ、こりゃあ」
ベタベタ貼られたテーピングがお気に召さなかったようです。診療所で応急処置をしてもらったことなど話しましたが、
「かぶれてるし、擦れたところから血が出てる」
と、えらくお冠りです。

ジャイアント診療所の先生がお風呂に入っても剥がさない方が良いようなニュアンスでしたから、かぶれや傷になってしまったとは思いもしませんでした。その後は診療所と同じように肩を回してみたり、痛む箇所を聞かれたあと、レントゲンとCTです。こういう流れは昨年の後頭部強打事件のあとでもやりましたから慣れたものです。

検査のあとの診たては肩の周りの筋肉を痛めたか肩の骨と結合している関節筋を痛めたのではないかというもの。治るのに周りの筋肉なら一週間。中の筋肉なら一ヶ月かかるそうです。痛み止めの飲み薬と湿布薬をもらい、10日後に見せに来てくださいとのことでした。

はじめは全く腕が上がらず、服の袖を通すのも右からしかできません。トイレも昔から左手ばかり使っていたので往生しました、でも1週間経つと痛みが少なくなって色々なことができるようになりました。

10日後に整形外科に行ったときには、やはり肩は回りませんでした。予想どおり日にち薬と言われました。湿布薬がかぶれやすかったので塗り薬にしてもらいました。

しかしその後は思わしくないです。湿布の方が明らかに気持ちが良いし、効いているようです。暖かくなるまではダメでしょうね。おかげでスキーばかりか自転車にも乗れないので困ってます。

 人気ブログランキングへ



[2016/02/17 00:45] スキー | TB(0) | CM(4)

朝いちに行った志賀高原・横手スキー場が面白くなかったので、移動したジャイアントスキー場。

30数年前にも来ました。大雪でコブが小さかったのとリフトに乗っている最中にストックを落としてしまいました。リフトを降りてから回収に行き、はからずもノーストック滑降の練習になりました。とにかく大きなゲレンデというイメージでした。

しかし30数年ぶりに来てみると、普通のゲレンデに見えます。30数年の間に奥美濃に「めいほう」とか「たかすスノーパーク」のようなビッグゲレンデができたせいでしょうか?


(リフト発券所のある建物(右側)とレストラン)(昼食のカツ重)

相変わらず視界が悪いです。でもコブもないので楽勝に近いです。30数年前にあったロープウェイは撤去され、同じような位置に東館山ゴンドラリフトがありました。これで高天原・一の瀬方面に向かいます。

一昨年来たときに行ってなかった寺子屋に行けば全山制覇になります。寺子屋スキー場は標高が高いというだけで大したことなし。それ以上に雪質最悪。スキーが止まってしまう雪です。最近よく起こる春先の雪質です。

そういう足下を気にしているうちにやっちゃいました。次に移動した一の瀬スキー場です。湿雪にスキーをとられ片方の板が離脱、本人は前のめりで倒れました。ヘルメット関係なしの顎と左腕を強打。顎は大したことはありませんでしたが、完全に戦意喪失。もう帰ろうかモードに・・・

とにかくリフトを乗り継ぎ、東館山からジャイアントに入る所まで戻るととコース的に狭いところがありました。そこに低速で入りかけてまた転けました。痛めていた左腕と肩を強打したようです。ストックを突くと肩が痛い。これはいけません。骨折とか脱臼まではないでしょうが、このまま続けるには難があります。医者にかかりたいくらいの痛みですから。

これで切り上げ決定。問題はリフト二日券を買ってあったことです。でも今日帰れば翌日・土曜日なら速攻で医者にかかれます。そこで発券所で相談しました。
「体を痛めたので翌日分をキャンセルしたいのですが・・・」
「もうお使いになられませんか?」
「はい、帰って医者にかかります。」
すると一日分を払い戻してもらえました。良かった。

ふと横を見るとジャイアント診療所の文字が目に入りました。

そこでまた発券所で聞きました。
「こちらの診療所で診てもらえますか?」
「内科のお医者さんしかいませんが応急処置はできます。」
帰るのに途中で痛くて動けなくなったりしたら大問題なので診てもらうことにしました。



待っている間に診療所の張り紙などを見てました。
「応急処置はするが、レントゲンなど本格的な設備はないので緊急なものは下山して」とか
「保険診療はしない」
などと書いてあります。健康保険証は持ってこなかったので逆にホッとしました。

15分くらい待ったでしょうか?若いお医者さんが出てこられました。二度転けて痛めた旨を告げ、診察です。鎖骨付近を押しながら
「ここは痛いですか?」
「痛くないです。」
「肩は回せますか?」
「いたたたた」
「腕の曲げ伸ばしは?」
「さほど痛くはありません」

診たては
「骨折とか脱臼ではなさそうです。帰るまでに患部をあまり動かさないようテーピングをしておきます。」
ということで、肩にベタベタとテープを貼られました。
おそれていた診療費は2500円。キャンセルしたリフト券代で賄えました。良かった。

続く

 人気ブログランキングへ



[2016/02/16 00:01] スキー | TB(0) | CM(0)

修理に出したキャンピングカーを引き取りに行ったときのことです。せっかく長野まで行くのですから、なにがしかの観光をしないと収まりません。そこで季節柄スキーに行くことにしました。

前日が勤務先の飲み会だったので、そのまま出発することができません。それに修理に出してあるビルダーさんは十時開店ですから引き取り終わってスキー場に行くのでは遅すぎます。よってその日はスキーはせず、翌日回しにしました。

ところで今年は暖冬。引き取りに行く週になって初めて大雪になりました。ギリギリになってスキーをすることにして用意をしました。しかし滑ろうと計画した日はまさかの雨予報です。そこで標高の高い志賀高原なら雨ではなく雪になるだろうと予想しました。予想は的中、雪降りでした。

朝いちは30年ぶりの熊の湯・横手に。まずは一番高所の横手山頂へ。横殴りの雪がリフトに当たります。気温は高めなのに体感温度は寒い寒い。



たまらず横手山荘に入りました。平日の朝のうちなので閑散としています。



しかしコースの視界は悪いし、雪質はいまいち、修学旅行生が点在していて楽しめません。



下に降りていくともっと混んでます。なんとも面白くないのでほかのコースに行くことにしました。動き出したら、修学旅行生も帰って行くではありませんか。アッタマ来たぁ。

一昨年は焼額から奥志賀、一の瀬・高天原などに行きましたから、横手の次はジャイアントや東館山に行くことにしました。

続く

 人気ブログランキングへ


[2016/02/14 14:39] スキー | TB(0) | CM(0)

抽選で当たった平日リフト券で滑りに行ってきました。

ウイングヒルズ白鳥リゾートということで、桧峠のヘアピンカーブを登り降りして辿り着くスキー場です。しかも雪降り。いつぞやの高鷲スノーパークなみの雪が降ってます。

峠道にとりつくと、だんだん雪が深くなっていきます。しかも最大12%の激坂も出現します。なんとか峠に到着。以前ならここから第二駐車場(満天の湯)に行ったものです。満天の湯があるゲレンデ中腹ですから、いきなり滑り出せるメリットがあります。
(ゲレンデトップより)


しかしリフトカード預り金の返却窓口が第二駐車場にあるかどうかが不明だったので、仕方なくゲレンデ麓まで降りた。ほうほうのていでたどり着くと、駐車場が立体式に変わっていました。しかも入り口には2.4mの表示があります。新しいキャンカーも2.7mありますからダメじゃん(--;) ということで駐車場の外に止めました。平日で良かったわ。

朝になるとキャンカーは雪だるまのようになってました。ゲレンデも新雪状態でふわふわ。ここはサロモン・ロッカー2の出番。今日は昔の長めのストックを持って行ったのでストック突きも気持ちよくできた。



しかし、晴れてたのは少しの間だけ、雪降りでガスったり、突風が吹いてゴンドラが大きく揺れたり、けっこう恐かったです。



先回の転倒記事のときに皆さんから賜ったアドバイスをお聞きし、一番安いヘルメットを購入して試してみました。転けたのは一度きりでした。効果のほどは不明なれども何ともなかったので良しとしましょう(^^ゞ



それと周りを見ると意外とヘルメットの人が多いのにビックリしました。特にスキーヤーの半分くらいが使っておられました。それに比してボーダーはあまりしてないですね。危機感が少ないのだと思います。いまだにゲレンデのど真ん中で座り込んでますし・・・

お彼岸を過ぎての大雪でしたし、午前中だけで疲れてしまいました。肉厚トンカツを食べ、2本滑ってから帰りました。



話をヘルメットに戻します。

私はダイエット前はリフトを降りてから麓に下りるまで休み休み滑ってました。ところが10kgほど体重を落としてからゲレンデトップから麓まで一気滑りができるようになりました。めいほうの最長5kmだって一気に行きます。それだけにひとつ間違うと途中で転倒したりするわけですね。ですから自転車のようにヘルメットを着用するのは合理的でもあります。それだけに疲れるのも早いのかもしれません(ー_ー)

 人気ブログランキングへ

[2015/03/25 23:30] スキー | TB(0) | CM(0)

何を今さらですが。

リフト券が当たっちゃいました(゚o゚)
前売リフト券サイトのSURF&SNOWに応募したら当選してしまいました\(^O^)/

その連絡メールが来たのが3月6日、いつ届くか心待ちにしていたら、やっと昨日到着しました。
10日以上経ってるぞー!もう雪溶けちゃうぞー!



しかも元々わかっていたのだけれど、平日リフト券なので休みをとらなくちゃなりません(--;)
おまけにペアリフト券・・・
私だけでも休むの大変なのにぃ。



どうせならもっと標高の高いところに応募しておくんだったな(--;)
だったら当たらなかったかもしれないし、悩ましいところです。
どうしようかなあ?

人気ブログランキングへ

[2015/03/19 00:05] スキー | TB(0) | CM(0)

翌日の金曜日は鷲が岳スキー場に行った。
朝起きるとやや晴れ。西方の高鷲スノーパークの方向を見ると曇っていて見えない。
ここは東にあるだけましなのか?でも雪は降っている。



滑り出すと、ゲレンデはグルーミング(圧雪)してあった。
今シーズン二度行った高鷲スノーパークは全く圧雪してなかったのに較べると有り難い。



でもそのうちまた滑らない雪が所々に出現した。
スプレーワックスを吹き付けたら少しはましになったv(^^)
本日は郡上名物・鶏ちゃん丼withサラダである。



レストランの端っこにDJブースがあった。
最近どこのスキー場でも流してるね。リクエスト取ったりして・・・
それにダイナランドガールズとか鷲が岳ガールズとか、それで下手なCD1下手なCD2出したり見てられんわ!youtube見た限りでは鷲が岳ガールズの方がかわゆすかも?



ところが午後になるとゲレンデが春先のシャビシャビ雪に変わりだした。鷲が岳スキー場は西側斜面に造ってあるので西陽の加減で溶けたり凍ったりを繰り返す。その意味では東側斜面のダイナランドや高鷲スノーパークの方が条件はいいのだ。

そんなシャビシャビ雪に板をとられて転倒した。本日三度目の転倒。前の二回は上級コースでコース取りを失敗したため。しかし三回目は経験したことのない転び方をした。すなわち後頭部を強打したのだ。ショックは大きかったが首の方が痛かったかも?雪の上だったから頭は割としっかりしているみたいだった。



これはすぐ帰って医者に診てもらった方がいいと思った。しかも週明けではダメで、できれば今日の方がと考えた。早い方がいいからね。突然動けなくなったらアウトだし・・・だからふだんは使わない高速道路で帰り、速攻で椎間板ヘルニアかかりつけの整形さんでレントゲンを撮ってもらった。

首の骨は大丈夫そうだが間隔が少し狭いので、手先とかビリッと来たりすると(頸椎ヘルニア的)危ないということで、転んだり、後頭部を打たないようにと言われた。とりあえず自覚症状もないので鎮痛剤の類を飲んで経過を見ましょうということだった。翌日になってもケロッとしてるから大丈夫なんでしょう(^^;)

 人気ブログランキングへ

[2015/02/28 18:56] スキー | TB(0) | CM(6)

強制休暇でスキーに来ている。今シーズンは休暇のたびに悪天候である。
めいほうスキー場でお会いしたヒロさんのときだけ三度目の正直のように好天だった。
先回は吹雪で寒かった。また新雪だったけど、とりあえず滑ることはできた。

今回も同じ高鷲スノーパークだが、みぞれのような雨。だから寒くはない。でも濡れたら寒い。
私はオールゴア(帽子・ゴーグル・マスク・靴が違うくらい)なので雨でもほとんど濡れない。
防水仕様のカメラやスマホが濡れるくらいだ。

しかし今回は霧もある。上の方ほど酷く、文字通り五里霧中という感じだった。
したがってカメラも何を写しているのかわからない。

(ゴンドラ頂上付近、何も見えない)

(辛うじてネコバスは見える)

しかし、みぞれのような雨が続くと、だんだん雪がグサグサになってくる。
それでも板が滑ればいいけれど、時々滑らない雪面が出てくる。

板が滑らないとブレーキがかかる。すると板とともに移動してきた身体は慣性の法則で前につんのめる。
それを放置すると前転もしくは臑を骨折しかねないので、いやいや後ろに体重移動して調整する。
ところが次の雪面は条件が変わって滑ったりするので危なくて仕方がない(--;)
雪面が原因かワックスか板が原因かはわからない。

とにかくスキーは滑るから良いのであって滑らないスキーほど危ういものはない。
逆に受験生にはお守り代わりになるかもしれないけれど・・・


[2015/02/27 23:23] スキー | TB(0) | CM(0)

この雪降りにスキーに行ってきました。
パウダーというか新雪まみれの中を滑りました。



朝方の気温はゲレンデトップが-10度超。ゲレンデボトムが-6度超なのでメッチャ寒いです。



今まで深雪は苦手でした。しかし昨年幅広の板に替えたためか意外に滑れました。はじめのうちは基本に忠実に。そのうちカービングにも気をつけて力を入れなくても自然に滑ろうと心がけました。午後ともなると皆が滑って雪面も固まってきてましたしね。





それにしても雪降り中は大変です。ウェアはゴアばかりなので濡れはしません。
でもゴーグルの中にも雪が溜まるし、往生こきました。

PS.
忘れてました。レストランで食べたのは温玉付き、すき焼き丼でした。



しょうが、ねぎが美味しかったです。




[2015/02/13 23:35] スキー | TB(0) | CM(0)

2~3日前にネオユーロ スキー仕様をアップしたので、そろそろかな?と思ったあなた、大正解です。
今シーズンの初スキーに行ってきました。もちろんネオユーロにとっても初スキーです。雪道とか大丈夫か?一抹の不安を持ちながらであります。

1昨年来、恒例になっているヒロさんとのランデブースキー。舞台は言わずと知れた「めいほうスキー場」です。前夜夜勤を終えてから走ります。懸念していた雪も道には殆どなし(^^;) 遅いスタートだったので日が変わってからのスキー場到着。停めたのは最後列。通路階段の横でした。



過去のランデブースキー、1回目は雨昨年が雪でしたが、今回はピーカン。3度目の正直であります。スキー場トップ付近では霧氷もできていますし、なかなかきれいです。



そして待望の御嶽や乗鞍、北アルプスの眺めもバッチリです。
朝の御嶽は噴煙も見えてます(ゲレンデ トップより)。



午後からは雲がかかってきて、どれが噴煙かわからなくなりました(β100コースのトップから)。



乗鞍は午後もきれいに見えてました(β100コースのトップからα140コース方面を望む)。



そこで午前中に見つけた撮影ポイントに行って記念撮影しましょうと提案。
docomoの額縁です(^^;) 
私ゃ額縁と思いましたが、ヒロさんいわく(トリミングの仕方では)「携帯画面」になるという優れモノですね(α500コース上部β90コースとの分岐近く)。



ということで、記念撮影していたご家族に撮っていただきましたm(_._)m



ちなみに今回食べたのは味噌カツ丼by温卵付きでした。



今シーズン初滑りでしたし、早めに切り上げましたけれど、太股痛いです。トレーニング不足が痛感されます。
って、昨夜から、うすら寒いと思っていたら微熱があります。下痢腹痛もあるので胃腸風邪ですね。あかんわこら(--;)


[2015/01/25 11:29] スキー | TB(0) | CM(2)

この前スキー靴を替えたと書きました。
経年劣化が怖くなったからです。
そして、ついでにスキー板も替えました。

最近こぶ斜面で歯が立たなくなっています。
しかも新雪とか午後の荒れたゲレンデでも脚が取られます。

となると狙いは柔らかい雪とか凸凹斜面用に先が反った板です。
色々調べてみると最近はフリーライド、マウンテン用にロッカースキーが流行っているらしいです。
それが、私の希望に合っているみたいです。

そこでショップに希望を言って見繕ってもらいました。
ロッカーはロッカーでも前だけ反っていて真ん中の反り(キャンバー)も
あるオーラウンドタイプです。もちろん昨年度モデルです(^^ゞ



板のデザインは積雪の森に昇る太陽と沈む月ですかねえ?
なかなか格好いいです。

格好いいといえばビンディングもサロモンなら靴も含めて3点セットで
格好良かったのですが、マーカーの方が軽くて安かったのでバラバラにしました(^^;)



ちなみに今までのカービングスキーの板との比較です。
ぱっと見あまり変わりませんねえ。
トップの反りがデカイのと全体に幅広ってことぐらいでしょうか?
これで浮力が増すのでしょう。スノボのように・・・



ということで昨日滑ってみました。



印象はふかっとした乗り味で、確かに浮力がついてます。
その乗り心地はクラウンのような安定感です。
そう。シャープではないんです。でもどんなところでも安定してます。



その安定感はアイスバーンでもそうです。カービングスキーよりエッジがかかっていた感がありました。
総合すると、楽しいです。道具でうまくなった感はカービングスキーに替えた時以上です(^^;)

デメリットはシャープでないこと。板の幅があるからでしょうか?
そのせいか、後ろを自分で踏んでしまって2度ほど転けました。
何事も慣れが必要なのでしょう。

PS.
冒頭の写真と見比べてみると、メーカーの想定とは左右を逆にして使ったようです。
単にデザイン上のことだけであれば良いのですが、設計から左右別々にしてあると困ります。ネットで調べてみると昔はともかく今のスキー板は左右は決めてないそうで安心しました。


 人気ブログランキングへ

[2014/03/10 22:59] スキー | TB(0) | CM(0)

私のスキー歴は就職した新人のとき、配属されたお店の先輩にムリヤリ連れて行かれて、始まりました。
「○○君、行かなあかん」
のひとことでした(~_~)

もちろん、スキー道具なんか持っちゃいませんので、レンタルです。
初めてスキーに乗った印象は
「スケートより楽だ!」
でした。スケートは大学時代に何度かやりましたが、あの細いブレードの上に乗るのは難しかった覚えです。

その印象に味をしめ、次なるお誘いのときには何故か弟が持っていたスキー靴を持参し、スキーだけ借りてみました。当時のレンタル靴は革のような柔らかいものでした。それに対して弟のは現在のようなプラスチックでした。

そのせいでしょうか?板の操作が格段に違います。「スキーは靴だ」とそのとき思い知りました。そこで自分の靴と板を購入しました。そのへんのところはスキー遍歴に記しています。

今までのスキー靴

しかし、問題は上にあげたスキー靴です。買ってから30年近く経つので、いつ壊れるか心配に思っていました。そして今シーズン、とうとう中のベロが破損してきました。

スキー靴の中

まだ水が浸みてくるまでには至ってませんが、消費税も上がりますし、クレジットカードのキャンペーンに7~8万円不足しそうですし、なにより滑っていて突然壊れるのが一番怖いので替えることにしました。バックエントリーという足入れが楽なスタイルなので重宝していたのですけどね。仕方ないです(ー_ー)

新しい靴は当時から主流だった前バックル方式です。リアエントリーは子供用のほかはノルディカに1品種しかないようで、取り寄せても足に合うかどうかわかりません。以前K2の靴が長続きしなかったのは無理に足を合わせようとしたからです。

靴だけはお店で長時間履いてみてどこも痛くないか、また踵(かかと)が遊んでないか確認して買わないといけないのです。

ということで、買ったのは名門サロモン。名前じゃないです。店員さんが、「軽いし、フレキシブル」と言って出してきたからです。もちろん色々履き較べています。サロモンQUEST ACCESS 70 ですね。

新しいスキー靴

前バックルですから、このように開きます。実際にゲレンデへ行ってどうなるかはこれからのお楽しみです。



そして靴だけでは上記の不足分は埋められません。
そこで、近年の脚前不足を道具で補おうとスキー板も替えることに・・・

それもあって、この靴になったのでしょう。
板の報告は実際に滑ってみてからにします。

 人気ブログランキングへ

[2014/02/26 00:00] スキー | TB(0) | CM(6)


[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>