1昨日の夜は強風が吹き荒れました。
家がガタガタしたり、障子が「ヒューヒュー」言ったりしてましたものね。

夜が明けると小雪が舞ってました。傘をさすほどではありません。
そのまま長良橋にさしかかりますと、風がものすごく、雪が横殴りに飛んできます。



動画では大したことがないように思えますが、素肌のままでは耐えられない降りです。
首と鼻にネック&フェイスマスク、頭は毛糸のスキー帽という出で立ちですから
何とかなったのですがね。


 人気ブログランキングへ

[2017/02/22 00:00] 自然 | TB(0) | CM(0)

全国的に今年2度目の寒波で雪降りとなった本日、名水の水汲みに行ってきました。

先週の土日が雨で行けなかったからです。
えっ?雪ならいいのかって?
雨と雪では濡れ方が違いますし、水場の雪景色も見たかったからです。



写真のように電気自動車リーフで行きました。
空になったポリタンクを一週間前から大量に積み込んであったからです。

早朝から雪の降り具合を見てて、昼頃天気が回復したのに気をよくして出かけました。
それでも山間の水汲み場付近では雪降りで、積雪路面になってました。



そんなこんなで出かけたのでカメラを忘れました。画像はすべてスマホでの撮影です。
走行中の楽しい画像がなかったり、鮮明に撮れてないのが惜しいです。

しかし、スキー以外の目的で雪見に行くのも乙なものですわ。

 人気ブログランキングへ

[2017/02/11 21:47] 自然 | TB(0) | CM(2)

雪中寒椿、
なかなかいい写真でしょ。



もっとも寒椿というより山茶花です。
背丈の低いやつを寒椿と称して昔売っていたのを見たことがありますから、間違いではないです。
雪椿(ユキツバキ)は雪に埋もれて低温乾燥をやり過ごす生態の椿ですしね。

この写真、のぞき窓から見たような感じです。
試しに天地をひっくり返してみますと・・・

実はこちらが本当の姿です。
鋭い方は初めからおかしいと思われたことでしょう (^^;)ゞ



逆におおもとの姿です。

これも雪中寒椿としてはいい写真です。



でも屋根の雪がだんだんずり落ちてきて・・・

これだけ周りを隠してくれると。



トリミングしてイタズラしたくなりますよね (^^)v


 人気ブログランキングへ

[2017/01/19 00:00] 自然 | TB(0) | CM(2)

せせらぎ街道の紅葉が見たいという母のリクエストにお答えして今日は紅葉狩りに行ってきました。

最高点・西ウレ峠あたりは末期に近かったですが、中腹あたりはまだまだきれいでした。



11月3日、文化の日もまだ捨てたものじゃないですよ。

 人気ブログランキングへ


[2015/11/01 23:36] 自然 | TB(0) | CM(0)

舞鶴からの帰りです。

帰りもまた三方五湖パーキングエリアで充電に入りました。充電してる間に三方湖の見える展望台に行くと、ベンチに腰掛けていた人が三方五湖の案内板の横に立ち、
「私はボランティアガイドです。昨年から始めました。70才です」
自己紹介しながら、あれこれ話しだしました。



「三方五湖は目の前の三方湖を除いてすべて気水湖です。だから三方湖では天然うなぎも獲れます。でも天然ものを出す料理屋さんは一軒だけです。頑固な店主でお店に行って前金(一人前1万円とか)を払い、待つこと早くて5時間。それでやっと食べられるプレミアムものです。その代わり食べられないくらい沢山出ますよ。」
なんて恐ろしいような話もされます。

ガイドさんの話はさらに続きます。三方湖が淡水湖である理由をあれこれ説明するうち、原因のひとつに流入する川の存在をあげられました。そして案内板の地図に書いてある川を指さし、
「この川、なんと読むかわかりますか」
突然のクイズです。



「『鰣、魚偏に時』ヒントは仮名で二文字、先頭が『は』です」

で、私らは
「はぜ」とか「はも」
とか言うのですが、
「違います」
の連続です。そこでガイドさん、
「もうひとつヒント『アジア系』です」

そこで私、なんだか閃きました。
コイ科の魚でなんかいたなあ?
「ハクレン」
でもそれでは4文字だし・・・

そして何となく言葉が出て来ました。
「『は○』ですか?」



ガイドさん、
「正解!「『は○』です。
嬉しい!あなたで3人目です。
昨年はポンポンと2人正解が出まして、3人目はいつかなあ?と思っていたら、全然出なくて今年初めてです。」
よほど嬉しかったのか、握手を求められました。
もちろん私も嬉しいですよ。見たことはないけど、何かで知っていたのでしょう。記憶の片隅から浮かび上がってきたようです(^^ゞ

正解は調べれば出てくると思います。

 人気ブログランキングへ

[2015/09/19 00:00] 自然 | TB(0) | CM(6)

岐阜県飛騨市神岡にあるKAGRAの見学会に行って来ました。

KAGRA(かぐら)とは?正式には大型低温重力波望遠鏡です。神岡はスーパーカミオカンデが有名ですが、その隣にある施設だそうです。こういう実験施設は非公開が普通です。今回は運用前の最初で最後?らしい公募抽選による見学会でした。高校の同期から見学会の情報があり、有志で申し込み、当たったことで実現しました。

まずは飛騨市の神岡振興事務所に集合。受付を済ませ、4台のバスに分乗して現地に向かいます。探検隊のようにヘルメットをかぶるのはお約束です(^^;)


あ、KAGRA(かぐら)とか重力波望遠鏡の解説がまだでしたね。私もハッキリわかったわけではありません。詳しくは下記のパンフレットを見て下さい(^^ゞ 

重力で目に見えるのは潮の満ち干など。これは引力ですね。そしてモノが動くとそれに変わって空気が動いたりするわけですが、宇宙空間でも星などモノがあるとその重さで時空が歪(ひず)んだり、それが動くと歪んだ時空が波のように宇宙空間に広がってゆきます。その波をキャッチするのがKAGRAになるそうです(下記パンフ)。

そして微細な波動をキャッチするのに固定した機器(レーザー光、ビームスプリッター、反射鏡、光検出器)、歪み増幅用に機器間の相対的距離(3km)、真空環境、超低温(-253度)などが必要なのだそうです。



バスで着いたところは跡津川の谷。私は2003年に大多和峠アタックのために走っているのでチョー懐かしいです。バスのなかで廃線になった「三井鉱山専用軌道」の話にも言及されて嬉しかったです。



到着したところは、谷に入って少し行ったところ(地図参照地図参照)。
パンフの3枚目に位置関係が出ています。



この跡津川という谷。じつは跡津川断層の断層線にできた谷です。谷の上部に「地震観測中の機器」も設置してあるくらいの活断層です。なるほど、それなら全長7kmのトンネルを掘るのに掘削機を使うと地盤が軟弱で危険なためダイナマイト工法で進めたとアナウンスしていたことも納得できます。

しかし、そういう脆い地震が発生しやすい地盤だとチョー精密な安定感を必要とする重力波望遠鏡の設置場所として適格だったかどうか、地理ヲタクとしてはとても不安になりました。

また清廉な環境のために坑道内で運搬作業用に使っている車は電気自動車です。左の可愛いのが富山の光岡自動車製、光岡自動車じたいマニアックですから「おおっ!」って声が上がるのも頷けます。




そしてもうひとつは「リーフ!」と思ったら、何とe-NV200でした。これはこれで玉が出てませんから電気自動車マニアとしては萌えましたねえ(^^ゞ

 人気ブログランキングへ


[2015/08/02 16:07] 自然 | TB(0) | CM(2)

昨日録画しておいた映画を見ていたら、主役の役所広司が乗っていた軽トラのナンバーが岐阜でした。
あらら、どこだろう?栗沢村なんてのは今も昔もないし・・・

次に見つけたのが小沢商店の前にある看板。「ベルフラワーカントリー倶楽部」目ざとく見つけましたよ。
検索をかけると瑞浪市日吉でヒット。おお!祖母のゆかりの地。だとすると東濃だね v(^^)

次なる固有名詞は明神山荘。温泉みたいですが、私は知りません。調べると実際にあるそうです。東白川村越原(おっぱら)。越戸峠(こいどとうげ)の近所だね。そしてとうとう明智鉄道と岩村駅が出てきました。ははは、やっぱ東濃やった!ロケ地めぐりが岐阜県のサイトで紹介されてます。詳しくはこちら



しかし、映画のタイトル「キツツキと雨」。雨は始めとクライマックスで出てきたけれど、キツツキは最後の最後に微かに鳴いてるのが聞こえたくらい。タイトルにするほどとは思いませんでした(--;) 詳しくは公式サイト

しかし、東濃ロケというと何てっても「青い山脈」だよね。
私ゃ映画もよく知らないけれど。

 人気ブログランキングへ

[2015/04/06 00:00] 自然 | TB(0) | CM(1)

いつもと変わらない春の風景。
あんなに寒かったのが嘘のように桜が咲いている。下は定番の場所。



次も対岸にある定番。



この桜の樹のそばに川端康成と伊藤初代の「篝火」にちなんだ像がある。
ふだんは何とも思わないで通過するだけだが、桜のはかなさにオーバーラップ
して思い出すのも不思議である。



その像の近くでは桜に負けず劣らぬモデルさんの写真撮影が行われていた。
私も橋の上からリアル眼福にあずからせてもらった(^^ゞ

 人気ブログランキングへ

[2015/04/03 00:23] 自然 | TB(0) | CM(0)

大雪になった昨日の帰りのことです。
いつものようにネコの社交場を通りかかるととあわてたように茶色い動物が出てきました。
毛色と大きさから見てブサコかと一瞬思いましたが、少し丸っこいし、成りが貧相です。

よく見るとタヌキさんでした。
夕方とはいえ明るいうちに出てくるとは狐狸妖怪にしては面妖な・・・
生きてるタヌキを見るのは久しぶり(初めてか?)です。

ネコの社交場においてあるペットフードを漁りに来たのでしょう。
山の中も雪で食い物に困っていたのでしょう。
しばし、こちらの様子をうかがっていましたが、身を翻して立ち去ろうとします。


(動画です)

でもフェンスの辺りで佇んでいて、すぐに逃げていこうとはしません。
やはりペットフードに未練があるのでしょうか?

タヌキ(名和昆虫博物館前)

餌の場所の反対側から狙って撮っていると、警戒する方が勝ったのか
歴史博物館の方へ走り去ってしまいました。

人気ブログランキングへ


[2015/03/12 22:07] 自然 | TB(0) | CM(3)

今週月曜日はやたら暖かかったです。
それが昨日から急に冷え込み、昼からは予報通り横殴りの雪になりました。
これでは長良橋の上で雪だるまになってしまうと思い、久しぶりにバスに乗りました。
今週は土・日・火と3回もバスに乗っちゃいました(^^ゞ



するといつもは歩いてる女性が乗っているのを見つけたり、長良橋を渡る区間だけバスに乗った女性(ビックリするくらい可愛かったのです)とか色々不思議なものを見ました。本当に雪は不可思議なものが見られます。

そして翌朝は岐阜市は10cmの積雪だとか。
それくらいなら足元さえしっかりしておけばノープロブレムなので歩きましたよ。雪景色はきれいですからね(^^;)



川原町屋もこのとおりです。



そして職場近くの道路にさしかかると、
道の真ん中に氷山のような雪の塊が落ちてました。



たぶん、この近くの紙問屋さんに来る大型トラックが落としていったのでしょう。
それくらい夜のうちに降ったのですね。垂井・関ヶ原では積雪30cmだったそうです。
さすが雪国です。国境の町です。

 人気ブログランキングへ

[2015/03/11 21:39] 自然 | TB(0) | CM(2)

先週の木曜日、爆弾低気圧の影響で岐阜も14cmの積雪でした。

朝写した私んちの庭です。でも道路は大したことはありませんでした。



長良橋まで来ると、それなりの景色です。道路の温度はマイナス2度になってました。金華山も雪景色です。しかし、橋のたもとに変な人たちがいます。大きなカメラを構えています。たぶんNHKかなんかのカメラマンでしょう。こういうときには頑張っていい映像を撮って欲しいものです。



私もこれぞ、岐阜市の雪景色という写真をとらえてみました。
鵜飼観覧船乗り場前、岐阜公園前にある若き日の信長像、名和昆虫博物館前、岐阜大仏殿です。



そして歩いていると、岐阜バスの名物車輌も元気に走っています。
信長バスと清流ライナーですね。



職場の近くまで来ると、小学生の登校に出会います。
今日は交通当番の親御さんも雪かきもしなくちゃならないので大変です。
交差点には校長先生も出ていらっしゃいました。



出勤すると、高山方面のメールカーが宮峠を越せないとか美女峠に回ったとか
由々しき情報が流れてきましたが、時間が遅れたくらいで事なきを得たようです。


[2014/12/21 18:53] 自然 | TB(0) | CM(2)

もう雪が積もるかも?
というのに今さらながらの紅葉です。




通勤途上の岐阜公園なのですが、なかなかいいでしょう (^^ゞ
11月中旬~下旬の写真です。



赤いモミジと黄色いイチョウのコントラストがたまりませんね。

 人気ブログランキングへ

[2014/12/06 00:31] 自然 | TB(0) | CM(0)

本日は台風19号の縦断デイ。

鹿児島県枕崎市に上陸し、宮崎、高知と縦断していきます。わが岐阜県付近を通過するのは夜22時頃の予報。そこで午後イチで家中の雨戸を閉めて回りました。

ひさしぶりの雨戸ですから、素直には出てきません。何しろ築40年超の家です。雨戸も純木造です。四苦八苦しながら1階のは全部出しました。しかし2階の雨戸のなかに途中までしか出てこないものがあります。力任せに引き出したところ、こんなものが落ちました。


形状から見るとハチの巣ですね。
そういえば昨年2階の軒先にスズメバチの巣を見つけたのでたたき落とした覚えがあります。
こいつはいったい何でしょう?

続けて別の雨戸でも途中までしか出てこないものがありましたので、こちらも力任せに出すと、
気持ち悪いモノが多数・・・



ハチの幼虫とかさなぎに違いありません。成虫の頭も出てきて驚きました(゚o゚)



散乱したもののなかにこんなのもいました。触るとブョッとして柔らかい。気持ち悪いです。
一般的なハチにしては巣が変。土の巣というところから名前だけ知っているジガバチかと思い
検索してみたら「ピンポン~♪」でした。アメリカジガバチのようです(画像はこちら)。



虫を捕まえ、その体に卵を産み付ける寄生性のハチ(ジガバチ)がいるのは知ってました。
でもそれが家に巣を作るなどとは知らなかったのでビックリしました。

今回の台風19号は「ヴォンフォン」とネーミングされています。
マカオの言葉で「スズメバチ」だそうです。
そんなときにハチの巣を発見するなんて、とても不思議です。

 人気ブログランキングへ

[2014/10/13 18:03] 自然 | TB(0) | CM(2)

昨夜は皆既月食がありました。

下の写真は20時05分のもの。

皆既月食のサイトによると
部分食の始め 皆既食の始め 食の最大(食分 *) 皆既食の終わり 部分食の終わり
8日18時14.5分 8日19時24.6分 8日19時54.6分(1.171) 8日20時24.5分 8日21時34.7分
だそうですから真っ盛りの画像です。

しかし、これは雲の切れ間から偶然写せたものです。、最大ズームにすると暗くて見失ったり、すぐに雲に隠れて、この程度にしか写りません(ー_ー) 19時53分、食の最大付近のものです。


それなりに写せたのは皆既食まじかの19時22分(左)と皆既食ながら雲に遮られた19時34分(右)のもの。



左の19時22分のものは左上部分がまだ食に至ってないので惜しかったです。

 人気ブログランキングへ

[2014/10/09 00:00] 自然 | TB(0) | CM(0)

今日のお昼に御嶽山が噴火しました。
15時頃帰宅して、たまたま見たニュースで報道してました。
今どきらしく、登山者が撮った動画(YouTube)をNHKのニュースで流してました。


(ニュースでやってた動画)

御嶽山が1979年(昭和54年)に噴火したときは、死火山かと思っていたのでビックリしました。
でもそれより衝撃的だったのが、1984年(昭和59年)の長野県西部地震による御嶽山の大規模崩壊でした。その崩壊によりランプの宿としてサイクリストの伝説(私にとって?)になっていた濁川温泉(にごりかわ)のお宿が壊滅。もちろんお宿の方々も犠牲になりました。

かつての濁川温泉(木曽・王滝)

調べてみたら、昔刊行されていた「旅とサイクリスト」1970年11月号に濁川温泉の記事がありました。北畠昭さんが行かれたときのレポートです。王滝の森林鉄道も現役だったそうです。記事の抜粋です。

『湯は河原近く、予想通り黄色く湯舟に溢れていた。底は石ばかりで・・・夕食は炉端に用意されていた。電灯はなく、自在鉤の傍らによく磨かれたランプが一つ。ほの暗い炉端でイワナを焙る主人と二人で談笑しながら・・・』
標高1200m付近だそうです。

話を戻しまして、今日の噴火です。土曜日の紅葉シーズンとのことで登山者も多かったようです。昨年一度は行った田野原の駐車場も火山灰をかぶった車ばかりです。あそこはおんたけスキー場の天辺あたり。冬場のシーズンまでに収まるのでしょうか?かく言う私も昨年、高校の同期と御嶽山登山をするつもりで田野原駐車場まで行ったのですが、雨に祟られて中止にして以来、チャレンジできてません(ー_ー)



日本百名山一筆書き(GreatTraverse)挑戦中の田中陽希さんは、御嶽山には6月11日に登頂済です。番組的には東北から北海道の山を残すのみで、現在は大雪山の手前にいるようです。この噴火がチャレンジ前に起こっておれば、パスせざるを得なくなったので、たぶん次の放送では「幸運だった」とコメントされると思います。

こういう幸運な人もいれば、今も意識不明や行方不明になられた方が何人もおられるとのこと、本当に人生は紙一重です。皆さんのご無事を祈るばかりです。

 人気ブログランキングへ

[2014/09/27 20:52] 自然 | TB(0) | CM(0)


[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>