fc2ブログ







先日お風呂ブーツを買ってきました。

何に使うかというとお風呂の残り湯を洗濯に使ったあと、トイレ用にバケツに汲むとき足が濡れないよう、お風呂で履いています。そう、『風呂の残り湯は〇水だった 』記事に出てきたのはバケツでしたが、もうひとつ重要なアイテムが今日ご紹介するお風呂ブーツなのです。



しかし、お風呂ブーツを購入した最初の目的は理由は違ってました。3代目のキャンピングカーを下見に行って、クローゼット(トイレルーム)に足を踏み入れたら、クローゼットに水が残っていて足が濡れてしまいました。

2代目のキャンピングカーから.スキー板はトイレルーム(2代目の仕様3代目の仕様)に入れて運ぶことにしたので、滑った後のスキー板の雪が溶けてクローゼットが濡れます。またポータブルトイレもワインディングロードを走った後などは漏水することがありましたから、足濡れ防止のためにお風呂ブーツを買うことにしたのです。

当初はネットで購入しました。下の写真、青色のお風呂ブーツです。こんな安いものでも4年前は送料無料でした。

肩を脱臼してキャンピングカーの出動が極端に減って以来、このお風呂ブーツは『風呂の残り湯は〇水だった 』記事のお風呂専用スリッパと化していました。



その3年の間に横着をして、お風呂ブーツの踵を踏んづけてしまうことがありました。踏まれたところは縦にパックリ裂けてしまいました。裂け目は幸いそこまで至ってなかったので裂け目にガムテープを貼って応急的に使っていたのですが、年末に峠行きを再開したのを機に新品を買おうと思いました。

今回もネットで探してみましたが、安すぎてどれも送料がかかります。そこでホームセンターに探しに行くと、ちょうど良いサイズが欠品していました。そこで値札を撮影してインフォメーションで注文をかけお取り寄せしたのが冒頭の写真のお風呂ブーツです。ついでなのでお風呂用とキャンピングカー常備用と2足買っちゃいました(^^ゞ


ただいまブログランキングアタック中です。ワンクリック↓をお願い申し上げます。日々更新の励みになります。

岐阜県ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

[2021/01/22 00:00] キャンピングカー | TB(0) | CM(0)

我が家のキャンピングカー、AtoZ アルファRRが2回目の車検を迎えました。この2年間の走行距離はたったの3,600kmでした。スキーで脱臼、手術、リハビリの日々を過ごしていたとはいえ酷い数字です。



そんな日々のなか、少ないながらも改良・変更をしました。
居室部分ではこんなところを変更しました。シートの横、冷蔵庫との仕切り壁部分です。



この壁に鏡を貼ればベストマッチ、使い勝手も良いのですが、リーズナブルに済ませたいので100均で買ってきた自転車用?のバックミラーを突っ張り棒に通して固定しました。これを回転させて髭剃り用の鏡に使います。そして赤枠で囲ったものは電池式の温湿度計です。これで室温と湿度がわかります。14.9度、49%ですね。

次の変更は下の写真です。2つともリーフの装備に準ずる改良です。

ダッシュボード上、右側にあるものは12vの電気式送(温)風器です。リーフにはハンドルウォーマーという機能があり、寒冷時にハンドルを握る手を暖めることができます。アルファでもエンジンが暖まってくれば温風が出るのですが、暖まるまでのつなぎで温風を出すために付けました。



またリーフには外気温をメーター内に表示する機能があります。アルファも上記の温湿度計で室内の温度はわかりますが、外気温は全くわかりません。そこで外気温がわかる機械を探しました。

それがダッシュボード写真の左側にあるメーターです。左側から時計、外気温、メインバッテリーの電圧を表示します。バッテリー電圧もエンジンをかけてないときは11v台だったりしますがエンジンをかけると写真のように14v台に跳ね上がります。だから発電機が生きてることもわかります。先ほどの電気式送(温)風器を付けると途端に13v台に落ちますから面白いです。

そして真ん中の外気温計ですが、ドアミラーの下に温度センサーを取り付けました(下半分の写真)。現在は14.3度。先ほどの室内温度と変わりませんね。ただし直射日光が当たっていると実際の気温より大幅に高くなります。走り出すと冷えて正確な値に近づきます。必要なのは寝るときや早朝の外気温ですから役には立つと思います。


ただいまブログランキング アタック中です。
ワンクリック↓をお願い申し上げます。日々更新の励みになります。

岐阜県ランキング

[2020/04/02 00:00] キャンピングカー | TB(0) | CM(0)

すでに半年以上前に終わっているネタで申し訳ないです。

キャンピングカーのアルファRR、4月に初めての車検を終えています。走行距離は約13,600km。2代目のネオユーロが車検前の下取り時で16,000km。初代なんか18年で26万km以上走っていたことから思うと隔世の感すらします。走行距離が少ないのには色々事情はあったものの、私も年をとったということでしょうねえ(^^;)

それと車検前の話ですがリコールがありました。ベース車のnv-200ではなく純粋にアルファに対してでした。納車されて1年半ぐらいした頃、[mixi]のアルファ友の会にリコール話が報告されました。私より早くオーナーになられた方のところに連絡があったというのですね。車検が近い人から順次対応するということで私も車検前に対処してもらいました。

ということで下の写真です。左側が納車時。右が先日の笠置キャンプ場での写真です。どこが変わったかわかりますか?



簡単ですね。バンパーにウインカー(方向指示器)がつきました。以下ビルダーからのメール文です。

『(ベース車は)ウインカーの位置が中央よりに付いています。実際には、車の外側から40cmまでの位置にウインカーがついていないといけない事に運輸局が気づき、販売から数年経っていますが、リコールとして、ウインカー取付をする事になりました。』

つまりベース車では合法でしたが、架装して車幅が広がった結果、ウインカー位置が外側から40cm以上になってしまったわけです。関係法令は調べる気もありませんが、車関係の方には面白い話ですね。

 人気ブログランキングへ

[2018/11/30 08:34] キャンピングカー | TB(0) | CM(2)

笠置キャンプ場へ出発する準備をしていた11月22日のこと。いつものようにキャンピングカーのエントランスドアから荷物を搬入しようとしました。すると網戸の鍵金具(プラスチックですけど)が柄の部分からポッキリと破損(破断)してしまいました。



1年半前に起きた二重窓の鍵破損とほぼ同じ事例です。

最近のパーツは軽量化と安価にするためかプラスチック製品ばかりなので力がかかるところが簡単に壊れるので困っちゃいます。これでは網戸が開きません



そのままでは荷物の出し入れができないので鍵部分を分解して外しました。そのあと笠置キャンプ行きの荷物を積み込みました。網戸の外側にもドアがありますから走行上なんの問題もありません。



しかし放置しておくわけにはいかないので二重窓の鍵破損のようにビルダーさんに部品を送ってもらうよう注文しました。これでキャンプから帰ってくる頃には部品が届くという算段です(^^;)

まあ、そんなにうまく行くわけはなく、22日の木曜日に頼んだものが27日火曜日に届きました(左側の写真)。破損したのは真ん中の部品です。上下にある部品は壊れていないので予備として保管します。



そして慎重に組付けたのが右側の写真です。2代目のキャンピングカー・ネオユーロでも使われていた部品です。外のドア及び車体とダブルで鍵が引っかかる構造になっています。使っているとキチンとかからなかったりネジレてかかったり無理がかかる部品には違いないのです。

 人気ブログランキングへ



[2018/11/28 00:00] キャンピングカー | TB(0) | CM(0)

先週の土曜日カラフルタウンにエコ充電カードを貰いに行ってきました。

カラフルタウンはトヨタが出資してできたショッピングモールなので店内にトヨタ車の展示があって、ディーラーも入っています。そのためエコ充電の話も出てきたそうです。

そんな場所だからかキャンピングカーの展示がありました。キャンピングカーランドの岐阜店だそうです。



外にキャンピングカーやバンコン、トレーラーが何台も展示してあります。
セレンゲッティやパタゴニアなどのfunluce(ファンルーチェ)レクビィのものが多いようです。



外から車内を覗くと新車なりの明るさは感じますが、広さは感じられません。中に入ってみないと実感できないからです。そのために乗車依頼したりすると、名前を聞かれたりややこしいことになりますから見てるだけ~♪です (^^;)

 人気ブログランキングへ


[2018/11/22 00:00] キャンピングカー | TB(0) | CM(0)

今年冬場のネタで恐縮です。当時はスキー場で転倒して亜脱臼した肩が痛く、それどころではなかったので今頃になって思い出したようにアップします。

肩を亜脱臼した日の前か後か覚えがありませんが、カーナビに写るバックカメラの画像がぼやけてとても見にくくなりました。雨降りの日だったので巻き上げた水滴や埃がカメラに付いたのだろうと思いました。でも晴れた日でもぼやけています。カメラのレンズを拭いてもぼやけています。

そこで購入先(ビルダーのAtoZ)に尋ねてみました。
「カメラ内部に支障が起きた可能性があります。購入してから2年近くになりますので有償修理になります」
ということで自宅まで来てカメラを取り外し、持って帰られました。

後日修理したと思われる業者さんが取り付けに訪問されました。2月9日現金払いと記録してありますので、少なくとも転倒した日(1月19日)よりは後です。



納車時はカメラはむき出しの状態(左)でしたが、修理後はカメラ設置部にカバーを作って(右)?取り付けてくれました。



調整を含め、それなりのお値段はかかりましたが、仕方ないでしょうね(-_-;)

 人気ブログランキングへ

[2018/11/08 00:00] キャンピングカー | TB(0) | CM(0)

キャンピングカー室内の二重窓には網戸が付いています。春夏秋はとても重宝する代物です。
冬場は不要なのと換気扇を付けたところの汚れを清掃するのも兼ねて外してました。

GW以降は窓を開けることも増えるので網戸を取り付けました。そんな作業をしている最中に二重窓の鍵レバーが抜けてしまいました。しかも鍵がかかったままで窓が開けられません。残った鍵部分を見るとぽっかり穴が開いています。そこで鍵部分を外してみました。


(左:外れた当初、真ん中:レバーと鍵部分、右:鍵部分を外したところ)

窓は開くようになりましたが、今度は鍵がかかりません。当然ですけどね(-_-;)

下の写真が外した鍵部品です。外した鍵部分とレバーを調べてみました。穴の開いた黒いパーツが回転して鍵がかかるようになるようです。その回転部を回すためにレバーと一体成型?の連結部(銀色のパーツ)が破断しためにストッパー金具が動かなくなったというわけです。連結部を接着剤でくっつけてみても稼働部分ですから無理でしょう。



ということでビルダーさんに鍵部品を問い合わせました。するとすぐに送ってくれました。

表と裏との対比写真です。
まずは鍵がかかっていない状態です。回転部分が外へ出ていない状態が確認できますでしょうか?



次にレバーを少し動かしてみます。
回転部分が少し外へ出っぱってきたのがわかりますね。



最後にレバーを180度回した状態です。
中の回転部分は90度回って外(窓枠)に向きました。
これで完全に鍵がかかるというわけです。



そこで、いよいよ新しいパーツをくっつけてみました。
レバーを回しながら上に向けると・・・
見事に鍵がかかりました。完全復活です\(^o^)/



ところで、破損する前は鍵のかかるレバー位置が窓によって上下バラバラで、やってみないとわからない困ったチャンでした。

ところが復活後に試してみると全て上向きで統一できました。
ビルダーさんによると商品によって『ロックが上下逆』のケースがあるそうです。
それも困ったものですが、今回壊れたことでロック方向が統一できたので怪我の功名というか
何が幸いするかわかりません v(^^*)

 人気ブログランキングへ

[2017/05/10 00:00] キャンピングカー | TB(0) | CM(4)

キャンピングカー、アルファRRの給排水タンク改造は初夏に4回に分けてレポートしました。

1回目(排水タンクの改造)
2回目(給水タンクの改造)
3回目(ライモのポリタンクを改造)
4回目(イワタニのポリタンクを改造)

という経過をたどり、3回目のライモに落ち着いていました。

ところが最近同じキャンピングカーを買われた良さんが目からウロコ的な改造をされたことを知りました。
なるほど、その手があったかと私も早速必要なパーツ類を準備しました。



基本的な考え方はワンタッチ脱着できるようにすることです。写真では
1.ホースの取り外しをワンタッチ(真ん中)にする。
2.水中ポンプのコードを脱着式にする(左上のコネクターは不使用)
3.水を吸い上げるときの空気供給バルブ(左下)。一方向にしか空気が流れません。こんな商品があるんだと驚きました。
4.ホースと電源コード部分の水漏れ防止にコーキング剤(右)
です。



1.タンクの蓋にマイナスドライバーや彫刻刀で穴を開けます。
2.瞬間接着剤でワンタッチコネクターを固定します。
3.ホースを適宜の長さに切り、コネクターにつなぎます。
 私の場合ホースとコネクターがキチキチすぎて、押さえをねじ込むだけで固定できました。

4.電源コードを通す穴を開けます。コードの途中をちょん切り、コネクターでつなげるようにします。
 調達したコネクターはワンタッチタイプではなかったので改造(スイッチ)工作のときに余ったコネクターを流用しました。
 プラスマイナスを間違わないようにカラーテープを巻きました。
5.空気供給バルブを水栓に接着します(下の写真参照)。

で、下がつなぐ前と後の写真です。



排水タンクは1回目(排水タンクの改造)で使ったやり方です。水漏れはないし、脱着も簡単です。

給水タンクから水の吸い上げはスムーズですから気持ちいいです。
後は走行中に水漏れが出るかどうかです。
出たとしてもコーキング剤を塗れば良いかと思ってます。



給水タンクには4回目(イワタニのポリタンク)を使いました。
空気供給弁を使うためと排水タンクより低いので汚水の溜まり具合が外からチェックしやすいからです。

 人気ブログランキングへ

[2017/02/20 20:38] キャンピングカー | TB(0) | CM(0)

隣にキャンピングカーというシチュエーションは良くも悪くもあります。

下の写真は先日行った「めいほうスキー場」の駐車場でのツーショットです。
わざわざ隣に停めたわけではありません。センターハウス近くも空いていたのに、駐車場の一番端っこに誘導されたのです。



ここめいほうスキー場は駐車料金徴収時間がある変わったスキー場です。
いままで午前中に入場したことが少ないのでこういう環境は初めてです。

先着されていた隣のキャンピングカーは「AtoZ」の「ALEN」。私の「αALPHA」と同じビルダーの車です。
ナンバーから見て鈴鹿展示場で購入されたと見ました。これも同じです\(^o^)/

5月に長野県の上田でP泊したときも駐車場に「AtoZ」の「AMITY」がいましたから、偶然とはいえ嬉しいものです。



こうやって並んでみると「ALEN」は背が高いです。
その高さから、うちよりワンサイズ大きい車かと思ってましたらベース車はライトエース。
前のネオユーロと同じです。ビックリしました。そういう目で見ると確かに車幅が全然違います(^^ゞ

そこで、シゲシゲと観察してみました。



ボード積載用ラックがリア収納庫のハッチ扉に取り付けてあります。
また窓の下に自転車固定用と思われるラック部品も取り付けてあります。
夏場は自転車が積載できるようアダプターを変えると見ました。

全体的に動力性能はともかく居住性は良さそうかと思いました。

 人気ブログランキングへ

[2017/02/12 23:02] キャンピングカー | TB(0) | CM(0)

歴代キャンピングカーの使い道は自転車とスキーのお伴です。
自転車の積載方法は先日アップしました。

スキー関連では寒さ対策とか雪道対策を折に触れて書いてきました。
いよいよ今日は本丸、スキーの積載について発表します。
といっても基本的な積み方や結束・固定方法は変わりません。



前のキャンカーから外した取っ手をクローゼット(トイレルーム)の壁に固定します。
ドリルすんのかいが大活躍したことは言うまでもありません。

問題は高さです。私の頭がぶつかるくらい天井が低いので、今までのスキー板は長すぎて入りません(T_T)



昨シーズンの雪不足と体力低下で板を持て余すようになっていたので、
これ幸い? 短い板に換えました。

しかし、最近のスキーセットは安くなりました。
使う側もグレードなどこだわらくなりましたし、問題ないと思います。

 人気ブログランキングへ

[2017/01/10 22:04] キャンピングカー | TB(0) | CM(2)

キャンピングカー・アルファRRへの自転車積載は左右のアシストグリップにロープを固定することで半年間やってきました。しかし自転車が傾いたり、前後への揺れ・移動が止まりません。

そこでキャンピングカーのビルダーさんに頼んで自転車の固定方法を変えてみました。その結果が下の写真です。



付けてもらったのは下のレールです。ネオユーロの時も付けてもらったものです。でも荷締めベルトを使っていなかったため、宝の持ち腐れでした。

そこで今回はキッチリ固定できる荷締めベルトを購入しました。写真に写っている赤いベルトです。



自転車を固定している部分が下の写真です。引っかける止め具はプラスチックですが、自転車のフレームに直接かける勇気はなかったためロープを介しています(>_<)

真ん中の締め金具のおかげでキュンキュンにできます。前後左右ほぼ固定できます。さらに良いのは金具の調節でベルトを外すのも簡単です。おかげでストレスなく積み下ろしができるようになりました。



文明の利器は使ってみるものですね。

 人気ブログランキングへ

[2017/01/06 10:19] キャンピングカー | TB(0) | CM(2)

うちのキャンピングカー、アルファちゃん。
足回りもそろそろ冬支度ということでクリスマス連休にスタッドレスタイヤに交換することにしました。
ところが普通タイヤを外そうとナットに十字レンチをかけても全く回りません。



この車は2年前に作られ店頭展示されていました。欲しいなと思ったとき、たまたま新古車としてリーズナブルになっていたので購入しました。内容は新品同様ですが、上の写真のようにボルトの頭に錆が出ています。ですからこうなる予感はありました。しかし見事にどのナットも動きません。

初代キャンピングカーでもこの手のことがあって、かませたスパナに体重をかけたらボルトごと折れたことがありました。速攻で十字レンチを購入しましたが、ナットは外れてもホイールと中のディスクが固着して外せなかったことがあります。

今回のようにナットが全く回らないようなことは初めてですがね(-_-;)



仕方ないので、行きつけのディーラーさんに頼んで付け替えてもらいました。
やはり、はめっぱなしは良くないですね。こまめにメンテしないといかんと思いました。

 人気ブログランキングへ

[2016/12/30 00:00] キャンピングカー | TB(0) | CM(3)

パッと見、普通のアシストグリップです。しかも前ピラーにも付いているのでダブルです。
これどっちもネジを切ってつけてもらった後付けのグリップです。



前ピラーのものは当初の「アシストグリップ取付」で紹介したものです。ベース車に取付用のネジさえなかったのでディーラーから板金屋さんに回してメネジを付けてもらう改造作業をしてもらったのでした。

しかし側頭部にグリップを付けようとすると内部にネジを溶接する必要があるとのことでそのときは見送りにしたのでした。その結果、側面にぶら下げていた日よけカーテンを身長の低い母にぶら下がられ、引きちぎられてしまいました。そこで、費用はかかってもやるしかないと観念し、改造作業をしてもらうことにしました。



上の写真はカーテンをぶらさげるために工夫して固定した自転車用パーツ・環付きネジです。外すのを忘れて作業してもらったらそのまま残されてました。アシストグリップの位置がもう少し後ろ寄りの方が良かったのに後の祭りです(>_<)

 人気ブログランキングへ

[2016/12/27 22:14] キャンピングカー | TB(0) | CM(0)

寒い冬にはそぐわない話題かもしれませんが・・・いや・・・寒い季節だからこそ・・・

新キャンピングカー、アルファRRの冷蔵庫。初代と同じように製氷室付きのものです。ビルダーの担当さん曰く
「この冷蔵庫よく冷えますよ~。目盛り最強なら製氷室外のペットボトルが凍っちゃいます」

だから、すご~く期待してましたよ。isothermがメーカー名ですかね? 
ググるとFFヒーターで有名なべバスト社のマリーン部門ブランドのようです。

当初の冷蔵庫

ところが全く冷えません。おっしゃるように目盛り最強で一晩入れておいたのに製氷室の容器が2割ほど水のままなのです。おまけに10月でも目盛り最強時で庫内温度が10度を下回りません。これじゃあ、室温と変わらんじゃん(-_-;)

ということで、ビルダーさんに数値などを知らせてクレームいたしました。
新古車なので冷蔵庫も取り付けて2年以上経過してますが、購入後1年以内なので新品と交換ということになりました。

それで新しく替えてもらったものがこれ。indelB(インデルビー)、イタリアの家電ブランドのようです。

交換後の冷蔵庫

替えたやつはさすがに冷えます。11月なかばに目盛り4で庫内温度0度を記録。これからの季節は2でも問題なさそうです。

冷蔵庫の交換にはビルダーさんの会社まで行きました。4月の購入以来初めてです。ネオユーロでは同じ4月に買って6月にもう訪れました。電動ステップを付けてもらうのと外部収納庫の改造です。それに較べるといい成績です。しかも長野ではなく鈴鹿ですからチョー?近いです(*^^)v

ネオユーロの改造と同じように入庫と出庫で2度行きましたが、1度目のこと。途中の道がえらく混んでいるなあと思いながら進むと「駅伝通過のため通行止めあり」の看板がありました。全日本大学駅伝、熱田神宮から伊勢神宮の日に当たっていたのです。

通行止めになる前にビルダーさんには到着しましたが、駅伝レースが通過してしまうまで本題には入れません。で、観戦していると、なんと早稲田大学がトップで通過。そのあと後続がどんどん走ってきます。



最終結果は大本命の青山学院大学の優勝だったのですが、途中経過は面白かったです。

 人気ブログランキングへ

[2016/12/25 14:39] キャンピングカー | TB(0) | CM(0)

寒くなってきました。
こういう時季になると、冬服の準備、庭木の選定、植え替え、キャンピングカーの冬支度などアレコレ忙しくなります。それに加えて先月はもう一度強制休暇がありましたので、その計画策定と実行、さらに休みうちに録画した番組を視聴してると、HPやブログにまで手が回りません。そんなこんなでブログも峠コレクションもHPも更新が全くできませんでした。

強制休暇から2週間過ぎ、録画番組も平常に追いつきましたし、昨日今日でキャンピングカーの冬支度を手がけましたので、これだけは記事にしておこうと思います。

厳冬期にキャンピングカーで寝ようとすると、FFヒーターで室内暖房をします。基本的には暖房だけで良いのですが、色々な窓をそのままにしておくと、水蒸気で曇ったり、結露したり大変なことになります。そこで初代キャンピングカーでも行った断熱マットです。効果は大きく、窓枠の結露はともかく窓の結露は少なかったです。

2代目のネオユーロのときも基本的に同じように銀マットで断熱(ネオユーロ冬支度)しました。ネオユーロでは初代のものとシートレイアウトが違ったので運転席と後部室内との間がウォークスル可で断熱しにくい構造でした。そこで銀マットで断熱間仕切りを作りました。それでもネオユーロはガタイがチープなせいか壁じたいが結露して不安だったです。

3代目アルファRRでも防寒断熱は基本的に同じ。銀マットで作ります。



間仕切りもレイアウトがネオユーロと同じなので自作せざるを得ません。ウォークスルー部分が大きく複雑なので作るのに苦労しました。



ネオユーロはエントランスに窓はなかったので不要でしたが、アルファは後方視界の良い大きい窓があります。当然自作しました。



先月すでにFFヒーターは使用済み。暖かく過ごせることは確認済です。本格的な冬が楽しみです。

 人気ブログランキングへ


[2016/12/04 23:10] キャンピングカー | TB(0) | CM(0)


[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>