4月5日に川原町を歩いていたらこんなものを発見しました。
以前から修理工事をしていた町屋です。

場所は川原町の案内看板が出ている駐車場入り口の家です。
なんと「十六銀行」の立て看板が出ています。
玄関口を見ると「十六銀行ATM」です。



2階が漆喰、1階が格子戸。
典型的な商家の造りで川原町の景観に配慮したお洒落なお店です。

5日後にまた通ってみましたら、カバーが外され、オープン間近という体裁でした。



そして昨日4月11日にオープンしたと新聞報道がありました。

下はお店の壁にかけてある案内板です。



いままで道の反対側にある桑原善吉氏のお家や蔵、事務所が当時の店舗だと思ってました。
しかしこの写真や地図を見ると、駐車場の向こう側にある町屋がそうらしいです。
ほんの2ヶ月前に岐阜市から「景観重要文化財」に指定されたそうです。



現在の写真と見較べても手前から3軒が当時と同じ風情です。
3軒目の玄関燈は安藤人形店川原町屋の経営者)の工場のものです。
あれこれ歴史を感じさせてくれました。

 人気ブログランキングへ.

[2017/04/12 12:00] 歴史 | TB(0) | CM(0)

ここは岐阜大仏前バス停です。
先週書いたヤマボウシが10本以上枯れてるところです。
そこにあるお寺の板塀にこんなものが貼ってありました。



ちょっと昔の道具たち?

って、そんなんもんどうでも良いのですが、このポスターらしき代物、
右側から長良優良商店双六と書いてあります。
とすると戦前のものでしょうか?
しかも、ど真ん中が十六銀行長良支店で、双六の上がりになってます。

名誉なことです。
ビックリして、取り敢えず大きな写真を撮ってきました。


(クリックすると大きな画像が見られます)

この双六に名前を連ねているのは古いお店です。旧道の商店街の懐かしいお店という位置づけでしょうか?
隣の校下であることと、古すぎるせいで、イマイチ覚えがないです。

それでも中学の同窓生のところのお店や酒屋さん、それにそれに私の自転車の師匠のお店らしき名前も見られます。
そんなに歴史があったのかと驚くばかりです。

このポスターは岐阜公園にある岐阜市歴史博物館のものです。ちょっといいポスターでした。


 人気ブログランキングへ

[2017/02/03 00:36] 歴史 | TB(0) | CM(2)

今朝の岐阜新聞に先を越されてしまいました。
今週の火曜日に発見していましたのにアップするのが遅れました。

岐阜公園の三重の塔の修復が完了したようです。



修復の掲示看板によると2月末完了予定になってました。1ヶ月以上早い修復作業完了です。
真新しい瓦や、朱塗りの柱がまぶしいです。



修復の最中は白い覆いがかけられていました。
その間は姫路城のように屋根などが間近で見られたのかどうか・・・
野次馬根性の薄い私では後の祭りですけどね(-_-;)

 人気ブログランキングへ

[2017/01/13 22:11] 歴史 | TB(0) | CM(0)

毎年おなじみ、岐阜公園の菊人形展です。
すでに11月23日に終わっています。

今年のテーマは「織田信長公伊奈葉山城を攻略」と題し、
稲葉一鉄、安藤守就(もりなり)、氏家ト全(ぼくぜん)を調略で味方に引き入れた時の対面場面らしいです。歴史的な考察はあれこれ書いてありましたが、今年の出来はハッキリ言って悪いです。なんかワンパターンに見えます。



一体が立像。後の3体が座像。これらは毎年同じだったと思いますが、今年は何の工夫もなくべローンと並べてあるだけ。舞台や人形の飾り付けもなんか貧相です。まだ菊が咲いてなかったのでしょうか。

とにかく今までの作品を並べてみましょう。
2011年 信長と浅井三姉妹。
2012年 茶を愛した信長の思い
2013年 信長 漆黒の異国人を召し抱える
2014年 信長 官兵衛に愛刀を授ける
2015年 信長公 梁田雅綱に一番手柄を授ける
2016年 信長公 伊奈葉山城を攻略



それなりに人物の配置もバラエティに富んでますよ。
今年だけべらぼうに悪いことがわかりますよね。
色使いは・・・やはり花が間に合わなかったのでしょう。

 人気ブログランキングへ


[2016/12/11 22:31] 歴史 | TB(0) | CM(0)

天空の城というと真っ先に思い浮かぶのはジブリのラピュタ。
でもリアル世界では竹田城ですかねえ?
日本のマチュピチュとか言われています。



もっとも我が岐阜市金華山山上にある岐阜城も天空の城ですし、江戸時代からの現存天守がある天空の城は備中松山城ですな。

11月18日のこと、強制休暇2日目。一発目の峠に行ったら里に霧が出てました。



あれ?竹田城ってこの辺ではなかったかな?とナビなどで検索すると、その峠から30分で行けそうでした。そこで急遽行ってみることにしました。

ところが麓の駐車場からは史跡保護のために歩かないとダメとのこと。2.2km、40分。自転車もダメだって(-_-;) 平日というのに結構人が歩いてます。シャトルバスやタクシーもあるけどじゃあ、歩いてみるかってんで、おそらく私が一番脚が速そうでした。ボランティア?ガイドさん(前の二人)が言うには霧が出るのは年間30日で、今日はベスト3だそうです。



ただ登った時間にはだいぶ霧が晴れてしまってました。



それでも天上の城ですからとても爽快でした。ここの展望は長野の篠ノ井に似てますね。結構な浮遊感が味わえます。



そして山上には珍しく石垣がこれでもかと積み重ねられ、さすが日本のマチュピチュと言われるだけのことはあると思いました。



景色はいいけど、アクセスは大変です。
麓のゲートは朝4時に開き、みなが一斉に登るそうです。
皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

私のHP「自転車・峠おやじ」20周年を迎えます


 人気ブログランキングへ


[2016/12/07 13:45] 歴史 | TB(0) | CM(2)

私たちが結婚35周年の記事を最近書きましたが、
タイガーマスクもマンガやなくて実際にリングに登場してから35年になるのだそうです。
先日アナザーストーリーズでやってました。
まあ、奇遇ですなあ(゜o゜)



私はマンガでは知ってましたし、新日のリングにあがったのもテレビでは見ました。
メキシコ風の空中殺法が凄いなあと感心してました。
結婚前でバタバタしていたのとその後の新婚生活やらで知らぬ間に引退していたような覚えです。



番組では誕生秘話からその後、そして現在に至るまでを紹介してました。
また最大のライバルだったダイナマイトキッドの現況などお宝映像満載の番組でした。

再放送もありますので、プロレスファンの皆さん、お見逃しのないように。
BSプレミアム10月11日午後11時45分から。

 人気ブログランキングへ


[2016/10/10 13:26] 歴史 | TB(0) | CM(2)

旧中山道、木曽路の宿場である奈良井宿に女房と行ってきました。私は5回目、女房は初めてです。

高3の春(1971年)が最初ですから45年前。自転車で中山道を辿る旅でした。中津川から馬籠宿-馬籠峠-妻籠宿を経由。木曽谷をさかのぼり、藪原宿から鳥居峠を越えて下りたところが奈良井宿です。観光地然としていないところが感動しました。

次も自転車。ランドナーオフで奈良井に車を置き、鳥居峠の車道を越え、開田高原方面へ。
そののち1度奈良井駅をキャンピングカーのP泊地にしました。

次が御岳山が噴火する前年(2013年)です。御岳登山の予定が雨降りで中止になり、代替地として奈良井宿を案内しました。こちらにそのときのレポートがあります。



道の駅「奈良井 木曽の大橋」ができていて、ここに車を駐車して行きます。もちろん今回も同じです。

NHK朝ドラ「おひさま」のロケ地として使われたこともあり、なかなか渋いです。

写真の「えちごや」さんは旅番組でも取り上げられる代表的な建物で、いまは民宿を営んでおられます。

0

お土産は箸や漆器、お六櫛などの木製品。食べ物はお蕎麦・五平餅・おやきなどです。
峠の麓の宿場町として賑わったところです。

 人気ブログランキングへ


[2016/09/16 13:36] 歴史 | TB(0) | CM(0)

今年は笑点が50年を迎えました。
司会者も桂歌丸から春風亭昇太にバトンタッチ。メンバーも林屋三平が新加入しました。

今年のテレビ場組ではそんなもんかと思っていたら、ウルトラマンも50年になるのだそうです。
知らんかった。ちょっと前にゴジラ生誕60年があったばかり。ゴジラは私より1つ下です(^^;)
そこでこの土曜日にNHKで「怪獣大感謝祭」なる番組がありました。



歴代のウルトラマンが全員集合です。私ゃ2代目までしかわからんので目が回るばかりです。

そこへ人気者のバルタン星人が乱入して、場を盛り上げます。
また3代目までのウルトラマンと俳優さんも揃いました。

.

ウルトラマンに扮した俳優さんって、有名どころばかりではないんです。
むしろ仮面ライダー上がりの俳優さんの方が活躍してたりします。

しかし、驚きました。つるの剛士と杉村太陽がウルトラマン上がりだったとは・・・
さらに篠田三郎も・・・サブロウなのにウルトラマンタロウだって。



それから懐かしい初代ウルトラマンがらみのetcを紹介してました。変身して巨大化するさまは格好良かったですね。このころの怪獣ではバルタン星人は別格でしたが、大阪城を破壊したゴモラなどちゃっちかった覚えです。何しろ私ゃ、既に小6でしたからねえ・・・しかし必殺技スペシウム光線の作成秘話は面白かったです。作った人はまだ現役だそうです。



2代目ウルトラセブンはあまり見てません。中学生になって忙しくなったせいでしょう。怪獣というより宇宙人もそんなに恰好良くなかったし・・・



そしてお約束の怪獣人気No.1決定トーナメント。スマホ・PC・リモコンdボタンの投票で決着をつけるシステムです。予想通りバルタン星人とゴモラというウルトラマン系怪獣が決勝まで行きました。それなりに楽しませてもらいました。



しかし怪獣といえばやっぱゴジラでしょう。強さ・怖さ・破壊力が違います。
背びれを光らせて吐く破壊光線なんか文句なしに格好いいです。
次に来るのがキングギドラかモスラでしょう。映画はさすがに違います。

 人気ブログランキングへ


[2016/07/11 18:23] 歴史 | TB(0) | CM(0)

岐阜公園で毎年行われる織田信長をテーマにした菊人形展です。今年は
『信長公、梁田雅綱に一番手柄を授ける』
言うまでもなく、桶狭間の戦いの論功行賞のことです。



桶狭間の戦いは少数対多数の結果がひっくりかえった最も典型的な戦いです。その勝因のひとつとして上の解説文にもあるように敵の位置を正確に知ったことと位置づけたのがこの話になるわけです。



しかし最近の研究の結果、今まで小説やドラマなどで語られたのとは違った信長像が明らかになってきています(定説の誤り、織田信長の桶狭間の戦いは奇襲ではなかった)。特に著名になってきたのが信長公記ですね。

それらによると、桶狭間の戦いは信長によってプロデュースされたものの可能性が高いようです。桶狭間古戦場を守る会の見解も奇襲ではなく正面攻撃だそうです。少数対多数の戦いはよほど想定していないとしかけることはできません。そうであるなら梁田雅綱うんぬんの話も後世につくられたフィクションのように思えます。

 人気ブログランキングへ


[2015/11/04 00:00] 歴史 | TB(0) | CM(0)

すでに旅行から1ヶ月が経ってしまい、いまさらながらですが・・・

尾道を離れ、その日のお宿は鞆の浦でした。古くからの風待ち・潮待ちの港です。
最近でもバイパスの道路工事計画が頓挫したとかニュースになってましたね。



確かに町中は所々離合ができないくらいの道路があったり、車が通り抜けできるのはカクカクとクランク状に曲がっていかないと行けなかったり、古くからの宿場町とか城下町のような狭さです。



山が海に迫っているような土地柄でもあり、陸上より海上交通に重きを置いたような所だったのでしょう。伊豆大島の波布港や鹿児島の坊津のように半円形の海岸線は天然の良港だったに違いありません。

この潮待ちの港の意味は町を見下ろす高台にある鞆の浦歴史民俗資料館のシミュレーション模型で何となくわかりました。瀬戸内を航行する船はどちらから来ても満潮の満ち潮に乗って鞆の港までやってきて、干潮の引き潮に乗って出港していく。というものでした。



そんな港ですから江戸時代には北前港としても栄え、朝鮮通信使が度々寄港。真言宗福禅寺が迎賓の場所として使われました。本堂隣の「対潮楼」が宿舎として使われ、座敷からは海と島が一望でき、通信使の李邦彦が「日東第一景勝」と賞賛しました。海援隊の「いろは丸」と紀州の船が衝突沈没する事件の賠償交渉にこの眺海楼が使われたことは大河ドラマ「龍馬伝」でもお馴染みです。



また現大河ドラマでも三条実美ら7人の公卿が、長州に下る際に寝泊まりした屋敷などもありました。保命酒(養命酒に似ています)を称えたと言われています。



そんなこんなで見どころの多い町ですから、物語の舞台やロケ地にもなってます。次回はそのお話を。

 人気ブログランキングへ

[2015/10/29 13:52] 歴史 | TB(0) | CM(0)

尾道観光のはずがロープウェイの片道切符からとんだ恋ボケ話になってしまいました(^^ゞ

その片道切符を山頂駅で買い、文学のこみちを下ります。道すがらには尾道ゆかりの文学者たちの石碑が散在しています。



まずは、
「おお、同志社の大先輩、徳富蘇峰ではないですか」
大河ドラマ「八重の桜」では熊本バンドの先鋒として大いに突出してましたね。



都合上、有名どころだけ紹介しますm(_._)m 
正岡子規、瀬戸内をはさんだ松山出身ですから上京するときに立ち寄りますよね。
十辺舎一九。「東海道中膝栗毛」で売れっ子になりました。尾道を訪れていたとは知りませんでした。



そして金田一京助。言語学の権威、国語辞典でお世話になりました。
志賀直哉は大好きな作家のひとりです。石碑には「暗夜行路」の冒頭部が刻まれています。大学時代に読んで持ってますよ。



尾道の代名詞、林芙美子です。私は読んだことはありません。ドラマなどで馴染み深いです。また緒方洪庵先生も訪れてたとは知りませんでした。



千光寺境内には朝ドラ「花子とアン」でもお馴染みの柳原百蓮の歌がありました。
「ちヽ母の声かときこゆ瀬戸海に み寺の鐘のなりひびくとき」
戦前か戦後かで味わいが変わります。
百蓮さんなら親との情より息子さんの戦死を弔ってのことのように思えて仕方ないです。

また同じ境内に芭蕉の句もありました。
「うきわれを寂しがらせよ閑古鳥」
意味がわかりません(--;)浅学の私には季語も入ってないように思えます。



最後に尾道で療養生活と最期を迎えた中村憲吉の石碑です。
「千光寺に夜もすがらなる時の鐘 耳にまぢかく寝ねがてにける」
昔は時の鐘は病人には辛い音だったようです。



ということで中村憲吉終焉の家です。いよいよ文学館が近づいてきました。

 人気ブログランキングへ


[2015/10/03 00:21] 歴史 | TB(0) | CM(0)

倉敷観光は明日以降にして、倉敷アイビースクエア、ホテル関連を先に行きます(^^ゞ

倉敷アイビースクエアはゆこゆこネットで予約したシェフこだわり洋食エコノミー客室プランです。だからフロントやレストランからは一番遠くです。赤煉瓦の工場を転用した二階建てですからエレベーターはありません。廊下に一階の半円窓がはみ出しています。

部屋から風呂でも何でも延々と歩きます。観光や買い物・リーフ充電を含めて何度も歩きましたから脚は丈夫になります。



さらに面白いのは浴衣替わりのパジャマです。こんな長いもの見たことがありません。つなぎか特攻服みたいです。倉敷名産の帆布製らしいです。

いよいよ夕食。レストランです。工場の梁などを表に出した造りになってます。



シェフこだわり洋食といっても平日かつ値段も安いプランなので、舟盛り鮮魚を二人前オプション注文しておきました。舟盛を先にと言ったせいもあって、お隣のテーブルよりも洋食の出が遅いです。

舟盛りはふつうのお刺身一人前くらいでした。これは想定内。サンマが脂が乗ってて美味しかったです。



洋食です。ポタージュスープは美味しいし、焼き魚もグッドです。パンも美味しそうでした(私はライス)。またサラダは瑞々しかったです。



牛肉のステーキもなかなかのものです。元値が安いのでデザートはなく、いきなりコーヒーで終わりました。



朝食は6時半から、こんなに早い時間設定も珍しいです。




もちろんバイキングでした。ナスの煮物が美味しかったし、魚の干物とか珍しいものもありました。



レストランの横に「もんげー岡山!」というポスターが貼ってありました。「もんげー」といえば妖怪ウォッチの人気キャラ「コマさん」が驚くときの台詞です。あまちゃんの「じぇじぇじぇ」や花子とアンの「てっ」みたいなものです。



ポスターには俳優の宇梶さんが載ってました。宇梶さんが岡山出身(じつは東京もしくは広島らしい)とは知りませんでしたが、それ以上に「もんげー」が岡山弁とは初耳でした。これも最近は地元でも使われないらしい。だってコマさん、「もんげー」以上に「ずら」って言うもんね。「ずら」は静岡・長野・山梨では?やはりネットでもそういうサイトがありました。

 人気ブログランキングへ

[2015/09/30 13:03] 歴史 | TB(0) | CM(0)

夏の終わりが近づき、台風シーズンになってきました。そんな季節の変わり目のせいか胃腸に異常をきたしました。胃がキリキリ傷むだけだったのが、親類のお通夜に参列するため早引き帰宅すると何やら体が熱っぽいです。体温計で測ると38度でした。これは胃腸風邪だなと思い、お通夜には行きました。

一晩寝ると微熱になりましたが、その代わり下痢を併発しました。そこで翌日も早引きしてお医者さんに行ってみると、「風邪」ではなく「急性腸炎」とのこと。「おかゆ」と「梅干し」「冷蔵庫のものは禁止」との指示と薬をもらいました。おかげで予定していたリーフの遠乗りを諦めて土日は家にいました(~_~)そうやって小人閑居してると、ろくなことを考えません。イヤな昔話を思い出してしまいました。

まだ前の家にいた頃のこと、昭和の御代だったと思います。庭木代わりのリンゴの木(昨年枯れました)がありました。土日に
家の中から見ていると4~5人ほどの若い女性が「ワイワイ」話しながら道から庭を覗いています。一様にポニーテールの髪型でしたから、どこかで働いている中国人でしょう。

そのなかの2人ほどが敷地内に侵入し、成っていたリンゴを勝手に採って手提げ袋の中に入れました。これはいかん!
「コラーッ!」
一喝すると、慌てて蜘蛛の子を散らすように逃げていきます。こっちも取られたままでは腹に入らないので自転車に乗って追いかけました。300mほど行ったところで、その一団を捕まえると
「なんですか!」
盗人猛々しく居直ってきます

見覚えのある手提げ袋の中からリンゴを取り返すと、途端に彼女らは「ごめんなさい」の連発です。相手が多かったのと被害が少なかったこと、ぺこぺこ謝るので、警察に突き出すのが面倒になって無罪放免にしました。

しかし、この話、かの国の国民性を表していますね。自分のモノは自分のモノ。人のモノも自分のモノ。これが中華思想です。尖閣諸島や南シナ海の埋め立て、天然ガス採掘とか、「第3位は中国人」など枚挙に暇がありません。要するに盗賊集団です。あんな国が国連の常任理事国なのですから不思議でたまりません。

 人気ブログランキングへ


[2015/08/30 21:06] 歴史 | TB(0) | CM(5)

今日は久しぶりに雨でしたが、猛暑日が連続する夏真っ盛りです。そんな暑苦しいさなかにさらに暑苦しい話で恐縮です。

戦後70年および終戦(敗戦)記念日が近づいているので、NHKが戦争関連の番組を流しています。月曜日は「被爆70年、一番電車が走った」で広島電鉄(路面電車)が原爆投下後三日目に2キロ弱ながら電車を走らせた実話を元にしたドラマでした。戦争で人手不足になったのでJK(女学校生)を養成して運転手にした話でした。お約束のように原爆で友人は死んでしまったりするわけですが、健気に頑張って光明が見えた話でした。

しかし、火曜日の「アニメドキュメント、あの日僕らは戦場で~少年兵の告白」はあきません。沖縄戦に投入された少年兵の話でした。14・5才の中学生が騙されてゲリラ兵にさせられてしまった実話です。イスラム国やアフリカなどてもそうですが、少年はマインドコントロールされやすいし。善悪の判断もつかないので命令されるがままになります。そんな悲惨な話ばかりが紹介されていました。

強大な勢力に立ち向かうにはゲリラ戦法が有効なのは確かです。ベトコンゲリラしかり、上海・南京の便衣兵しかりです。その代償が市民の巻き添えです。南京虐殺とか言ってるのは自分たちで招いたものですし、桁が3つくらい違うでしょう。あの程度のものを虐殺と騒ぐなら原爆を保有する矛盾をどう説明するのでしょう。

話を日本の少年兵に戻します。日本は組織を守るためなら何だってやります。国民性がまじめなだけに徹底してやります。非人間的であろうがなかろうが手を変え品を変えです。徹底しすぎて最後は目的と手段が逆転したり、できない言い訳のためにもやったりします。

そういうことは私は大嫌いです。やるからには成果を得たいし、そのために合理的かつ効率的な時間の使い方をしたいです。趣味でも一定の節度は設けますしね。

少年兵にゲリラをやらせる。これを考えたのは陸軍中野学校、いわずとしれたスパイ養成学校です。その出身者が日本各地で同様のプロジェクトを進めていたそうです。そのひとりが現在の宮崎県でインタビューに答えていました。
「命令されたことを実行したまで」
反省などまるでありません。組織のために当然のことをしたというスタンスです。その後ろに写ったものを見て頭に来ました。何らかで叙勲された賞状のように見えました。

叙勲というと消防団とか水防団の隊長といった地域のボスのような人が受けるのですよね。いつも叙勲のニュースを見るたびに思います。どういう人選をしてるんだって!

リーダーシップと独断専行は表裏一体のところがあります。部下が実行したことでも指導という名でやらせたり、うまくアピールして自分の業績にしてしまうことが彼らの秀でた能力なのではないでしょうか?ほんと頭に来る番組でした。

 人気ブログランキングへ


[2015/08/13 21:06] 歴史 | TB(0) | CM(0)

うちの子供たちがピカピカの1年生になるとき、ランドセルを購入したお店です。
宇野カバン店、岐阜市の専門店で手作りランドセルの老舗だそうです。
調べてみると創業して65年。私より年上です。今年が戦後70年ですから、昭和25年からやってるのですね。



ところが、ひさしぶりに前を通ってみると、店頭に「店舗移転のお知らせ」が貼ってあります。
「あれぇ、いつの間に?」

ここいらは地図で見ると今町になるのですね。まだ宇野カバン店もあります。
真ん前の八百屋さんが昔なつかしくて良いです(^^;)



どこに移ったのかと歩いてみると、以前は工事関係の会社だったところが廃業?し、
その後家を新築していたのですが、そこに宇野カバン店が移転してました。
場所は東材木町3番地。地図でいうと林紙店の南側
直線距離で50mほど移っただけです。これならお客さんは迷いませんv(^^)

なかなか今風のお洒落な店に仕上がっています。

そして注目して欲しいのは右上に見える金華山と岐阜城です。



この場所をもう少し引いて見てみますと・・・

反対側に「信長天下布武の道」の看板が立てられています。



ああ、ここだったのか!前に一度書きました

そのとき、写真には既にこの建物が写ってました(゚o゚) 4月のことです。
でも宇野カバン店の看板は出てなかったので気が付かなかったのですね。

 人気ブログランキングへ


[2015/08/04 11:48] 歴史 | TB(0) | CM(6)


[PR]?u???O?J?E???^?[ ????/a>